買取で低く評価されてしまう車といえば改造車です

May 03 [Tue], 2016, 19:35

買取で低く評価されてしまう車といえば、改造車ですね。



そこそこ大手の買取店でしたら、メーカー、ディーラーで付けてもらったオプションは高く評価されます。



サンルーフ、マルチの純正ナビ、革シートなどは査定額が上がる要因になりますが、一方で、車高調整していたり、純正以外のアルミホイールやエアロを付けているとそれほど評価されません。買取対象がスポーツカーというケースでは、買取額の点では確実に専門店が良いでしょう。



車の査定を受けるときには社外の部品を付けている車は一般的に悪い評価になってしまうので純正の部品に戻すようにしてください。ただし、メーカーのパーツに戻すのに工事の代金がかかる場合は、戻す金額よりも工事費のほうが高くつく見込みがあるため触らずに今のまま出しちゃったほうがよろしいかと思います。


車を売却するときは、買取業者による査定があります。そのとき意外にもスタッドレスタイヤがついているかどうかは、特にプラスな要素ではないようです。




それならいっそ、タイヤ専門店や個人間で売買したほうがトクというものです。



もっとも、長期にわたって降雪がある寒冷地では、冬タイヤは充分な需要がありますから、車につけておくことで、多少は買取価格へ上乗せしてもらえるかもしれません。愛車を売却するにあたって、仕事で明るいうちに買取店に行くことが出来ないので、思い切って決めることができなかったのですが、隙間時間に出来るネット査定のことを知って、使用を試みました。車種などの基本情報の欄を埋めるだけで、こんなに容易に査定額がわかるなんて、仰天しました。




即座に、一番査定額が高い買取業者に出張査定の希望を伝えました。


事故を起こした車は廃車手続きをするよりも査定を受けた方が間違いなくお得です。事故を起こした車には価値がないと推測するかもしれません。



しかし、事故車であっても、使用できるパーツはたくさんあり、海外での需要が期待できるのです。さらに、事故で壊れた車でも専門業者が修理すればまた、乗れるようになる場合もあり、考えていた価格よりも高値で売却できることもあります。