不妊の原因

February 09 [Tue], 2016, 22:14

治療段階で判明する不妊の原因というと、排卵障害や着床障害といった女性側要因と、精子が微量かほとんどない無精子症や性機能障害など男性側に原因があることとが挙げられるでしょう。


しかし、どれか一つをたまたま見つけて解決したところで不妊が治るかというとそれは疑問です。


ほかの要因を放置して妊娠の時期を逸することがないよう、女性のみならず男性も検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。

不妊治療でかかる費用ってばかにならないですし、精神的な疲労も相当なものです。自治体の助成金制度を利用しても、40歳程度を基準にして給付する回数を減らす例が多いのが実情です。


40歳以上でママになっている人もいるのだし、支給回数を増やすべきで、減らすのは言語道断だと思います。実は私自身もすでにアラフォーですので、色々なものに追い詰められているようで、落ち込むことが多くなりました。

妊婦に様々な効果をもたらしてくれる葉酸ですが、過剰摂取は禁物です。

副作用として体にあらわれる症状としては、吐き気であるとか食欲不振などの症状を訴える方もいますし、体がむくんだり、不眠症のような症状が出る方も居るようです。
神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、葉酸を摂りすぎる場合がありますので、気を付けてください。理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。

しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。
葉酸サプリを活用すれば、摂取量も誰でも管理できるので、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には良いですよね。今現在、妊娠を考えている、あるいは計画しているといった方や、妊娠初期の女性は普段の食事で得られる葉酸に注意するようにしましょう。

具体的には、普段の食事に加えてさらに葉酸の補給をするように厚生労働省が通知を出しています。
葉酸を十分に摂取することで、胎児の先天的な障害(神経管閉鎖障害など)の発症リスクを減らしてくれる為です。サプリメントで葉酸を摂取される方も多いと思いますが、その場合、胎児の安全性を考慮した上で、無添加の葉酸サプリメントを見極めることも大切なポイントだと言えますね。

妊娠を計画しているときにも、妊娠しやすい体づくりの為に出来る事ってたくさんありますよね。

例えば、葉酸です。妊活中の時から葉酸を摂取するように、と読んでいる雑誌で特集が組まれていました。葉酸は、赤ちゃんの障害を発症するリスクを下げてくれる重要な働きをする栄養素だという事が分かりました。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:u04vl9x3z
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/u04vl9x3z/index1_0.rdf