1周年のイベントも終了

January 24 [Tue], 2012, 18:12
ご無沙汰しています。

無事、1周年イベントを終え一段落。
が、今年にはいってすぐ商品の仕入などで日本を離れたりとせわしない日々を過ごしました。
売上はというと、数か月前まで10万を超える事がなく小さな売上に一喜一憂していましたが、
その後はコンスタントに10万超えを達成し、1年でなんとかここまできた・・・という感じです。

それでもまだまだまだまだ満足いく結果とも言えませんし、成功店には程遠いですね。。
ただ、今ネットショップはものすごい勢いで増えています。
とある情報では、ネットショップの90%以上は月に1万円の売り上げもとれないそうです。
それを考えると、なんだかんだと微々たる変化であっても売り上げを増やせているのは
結果としてはこの1年が無駄ではなかったんだろう・・・と思うのです。

今はまだ毎日が勉強と挑戦です。
これが正しいとか、そういうのは毎回挑戦してその結果・・・だと思って本当に色々手を出してます。
昨年は、とある有名企業のSEO対策を契約してしまいましたが、これに関しては8割失敗でした。
残りの1割は、それだけの大金を支払っても成果は価格には見合わないという事。
残りの1割はSEOとはなんなのか、そして何をするのかを知る事が出来た事です。

この2割の勉強が出来たのは、たしかに高い買い物でしたが今年からはそれを自分たちの
手でやっていこうと決意させるものでした。

さて、今回はそのSEO対策。
SEO対策っていうと、なんだかとても難しそうなイメージがありますし色々な書籍を読んだり
ネットを調べてもわからない事も多いのだと思います。
私も、色々な書籍を読んだりしてきましたし、その高い買い物・・・での作業を見たりしている中で
やっぱり「コレこそがSEO」という答えはみつかりません・・・

それでもいくつかわかってきた事があります。
1つは、とにかく丁寧に仕上げる事。
ん〜〜うまく説明出来ませんが面倒臭がったらそれはSEO対策として失敗。
いかに丁寧に詳細に仕上げるか・・・なんだろうと思います。

例えば、トップページに写真だけがずらずらと並んでいるショップ、もしくは文字ばかりが並んでいる
ショップではいけないという事。

画像を1つとっても、その小さな画像の中でいかに自分の伝えたい事を伝えられるか。
そして、画像内の文字はロボットは読めませんので文字での説明も含める。

「セール」期間中で、バナーを「SALE」というものにするならば、そのバナーの下には
「セール会場はこちら」とか「安くてお得なセール商品はこちら」などの文字を書く。
更には、バナーは当たり前としてその文字にもリンク先のリンクを貼る。
この時についついやりがちなのが「こちら」という文字にだけリンクを貼ってしまう事。

これをやってしまうと、文字リンクはひたすら「こちら」「こちら」ばかり。
人間だけが見る分にはこれでも良いかもしれませんが、SEOの場合ロボット相手です。
先ほど「丁寧に」と書きましたが、リンクはその前後も文字も含めた方が良いのだそうです。

少し砕いて書くと、「セール会場はコチラ」で「コチラ」の部分にだけリンクを貼った場合、
何がコチラなのかわからないのです。
でも、「安くてお得なセール商品はコチラ」でその分全部にリンクした場合には、
「安い」「お得」「セール」「商品」「こちら」と4つの単語が含まれる事になりますので
認識しやすく、結果的にはSEO対策の1つになります。

そして、キーワード。
これはSEO対策の基本設定で簡単に設定できる場合が多いです。
でもここでやってしまいがちな事・・・とにかくたくさんのキーワードを詰め込む事では
ないでしょうか・・・。
私もそうだったんですけどね;
10個、20個、30個ととにかく思いつくキーワードを沢山入れていませんか???
これはNGなんだとか・・
重要なキーワードを7つ位に絞った方がSEO対策としては有利なんだそうです。
キーワード部分に限らず、HP上には表示されないHPの説明を入れる箇所がありますが、
そこにも、文章ではなくキーワードをただ羅列しているサイトも多く見かけますが、
これは、SEO対策うんぬんもそうですが検索結果に出た時に目にしたお客様の目には
どう映るでしょうか・・・
私ならなんとなく嫌なイメージしかもちません。
お客さんは、書いてある事をさらっと読み、興味を抱いてはじめてサイトに来てくれます。
にも関わらず、検索結果のサイト説明部分にキーワードだけがずらずら書かれているサイトと
的確にこのサイトはこういうサイトですと説明がされているサイトがあったらどちらに興味を
もちますか?という事です。

そして、その説明文も入れたいキーワードというのを先にいくつか設定しておきます。
例えば、おもちゃを扱っているお店で売りはオリジナルのテディベアだとします。
オリジナルだけど、価格にも自信がある。
こういった場合、「おもちゃ」「オリジナルのテディベア」「安い」が重要なキーワード。
「おもちゃ」がかなりビッグワードになるのであえて1つ下げて、「オリジナルのテディベア」を
1番のウリにすると考えて・・・・
「世界に1つしかないオリジナルテディベアなら○○(ショップ名)におまかせ!安さにも自信あり!
もちろんそのほかのおもちゃも盛り沢山です。」
文章が微妙ですみません;;;;
あくまでも例として・・です。
では、検索結果に上に書いた説明が表示される場合と、キーワードだけを羅列したHPが
表示されていたらどう見えるかです。
「おもちゃ、安い、激安、玩具、トイ、テディベア、くま、ぬいぐるみ、オリジナル・・・・」
やはり、見てみようと思うのは、しっかりとキーワードの入った文章になっている方ですよね?

SEO対策で見ると、最初の良い例の文章の場合先に来るキーワードがそのサイトにとって
最も重要なキーワードであると判断されるそうなので、考えたキーワードの中での順位付けも
意識するようにした方が良いです^^

ちなみに、こういう細かい気配りでうちのショップは希望ワードで3ページ目からトップページ
を何か月も維持しています♪
トップページ表示は1つの大きな目標だと思うので、自分で出来る事からやっていくのが良いですね。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:iris
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
http://yaplog.jp/u-feat-iri/index1_0.rdf