花園(ラグビートップリーグ)。

October 18 [Thu], 2012, 5:47
まさかの三連休初日。
今シーズン初の花園観戦。
会場に到着すると、近鉄ライナーズのガチャガチャが500で新発売やったんで、試しに回したらルークトンプソン。
イマイチ似てないかなぁ苦笑。
何かヤンキースのジーターみたいやな、どちらかといえば。
トンプソン本人は、もう少し顔にシワがあるやろ。
ゲートをくぐると、シェイクハンドのイベントで九州電力の控え選手がピンバッジ配布してたんで、頂いたぜ。
さて第一試合は、酔ヒ製鋼コベルコスティーラーズvs九州電力ヴェルブリッツ。
ハーフタイム直前を含み2トライ2ゴールで九州電力が意地を見せつつも、酔ヒ製鋼がスピードで凌駕して余裕の6トライ6ゴールで前半4214で折り返し。
後半、九州電力が開始早々先に決めたの闇バイトをを含め2トライ返すも、やはり今季の好調を象徴すべく地力で圧倒。
ーサイド間際を含めて4トライ4ゴール、酔ヒ製鋼が不動のキッカー、ピーターグラントを早々と下げる余裕の試合運びで7024の圧勝。
しかしスコアは一方的ではあるものの、ペナルティーキック自体が両チーム共に皆無なことが象徴するように、ファウルで試合の流れが止まることなく、酔ヒ製鋼の地力と九州電力の意地と執念のぶつかり合いは、なかなかの見応えでラグビーらしい試合だったね。
両軍に拍手です第二試合は、NTTドコモレッドハリケーンズvs近鉄ライナーズ。
同じ関西でも去年とは対称的にイマイチ波に乗れない近鉄。
坂本さんは本日もベンチ外。
どうやら左ウィングは松井がスタメンに定着かなさて前半、近鉄が開始4分に森田が先制トライ16分には日本代表FWの統悦もトライ。
今年から重光に代わってキッカーの大西はトライ後のゴールキックは2本共に外したのは痛いがポール正面のペナルティーゴール1本は難無く決めて終盤NTTドコモに押し込まれつつ無失唐ナ切り抜け、013で近鉄リードで折り返し。
後半は開始早々2分、右ウィングのリコギアがキープし、キャプテン高が中央にトライと大西がゴールキックも決めて追加刀B
直後6分にはNTTドコモに粘り強く押し込まれ、逆に左にトライと難しい角度からのゴールキックも決められ反撃されるも10分にはモールから抜け出し、エース統悦が2本目のトライで突き放しその後またしても大西が右の難しい角度ながらもゴールキックを外し流れが切れかけるも、左ウィングの新鋭、松井が抜け出しトライ大西も次はキッチリとゴールキックを決めて追加刀B
その大西、18分には滅多に出ないドロップゴールを流れの中から見事に決めて場内を唸らせる23分には再び統悦がモールから抜け出しトライしかしまた大西が再び右からのゴールキックを。
27分には重光が中央に抜け出し、左サイドの田中優介にロングパスで繋ぎトライここでの大西無事にゴールキック成功その後2トライ1ゴールを追加して、9トライの猛攻もあり、759で近鉄の圧勝統悦の得唐ヨの嗅覚も冴え、新鋭松井の台頭も光り、第一試合と共にナイスゲーム良かったよ。
なんだけど、スッキリしない一唐ブり。
そう、近鉄のキッカーね。
ドロップゴールの離れ業決める辺り、華もありセンスがある中心選手なのは疑う余地無しやけど、ゴールキック9本蹴って5本外すとか素人の俺にはどうこう言えることではないが、重光さんは何でてなるんやな。
さて快勝の陰でモヤモヤとしたものに思いを馳せつつ、これから難波へ高校の同期との呑みに行ってくるかな。
来月の旅行の打ち合わせも兼ねて。
ではでは。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tzt6uopa6l
読者になる
2012年10月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tzt6uopa6l/index1_0.rdf