財産保護法

July 15 [Mon], 2013, 21:35
ベタール将軍の側近であったフランス軍首脳は、問い合
わせについて、別の返答をしている。
「歴史的な価値のある数多くの絵画については、皇女の委
任弁護士の了解と出席の下に壁からはずし、国立美術史博
物館の館長に委託し、財産保護法の下に皇女にお渡ししま
した」
エリザベートは、フランス軍最高司令官を心から憎んだ。
ドイツ軍にいとも簡単に敗れ、ろくに戦闘に参加もしない
でおきながら、後からぬけぬけと占領軍としてやって来て
彼女の館に居座った上に、ハプスブルク家の芸術作品、貴
重な家具や宝物に愛着を抱いて、これらの品を持ち帰った
のではないかという疑念がいつまでも残った。
ソ連軍によるものか、フランス軍によるものか、略奪の
真相ははっきりしないが、これはいつの時代の戦争でもく
りかえされる敗戦国の悲劇である。気の強い彼女も泣き寝
入りするしかなかった。
庭園や邸内の修復工事は急ビッチで進み、彼女の館はか
つての美しさをとり戻した。疎開していた三百点近い名画、
それに数多くの彫刻、陶磁器などを運び入れ、前にあった
場所にそのまま飾った。召使いたちが驚いたのは、彼女が
十年前に何がどこにあったかを全部、正確に記憶していた
ことである。前とちがっているのは、行方不明になったも
のが、あるべき場所に欠けていることだけだった。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:よう565
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tzcgdemx/index1_0.rdf