【 更新情報 】

スポンサード リンク

中古車相場を見て購入タイミングを計る

中古車相場は販売する側だけが注目すればいい訳ではありません。購入する側としても注目しておきたいところですね。中古車相場に山があるということは、逆に中古車相場に谷があるということです。
中古車相場が比較的安値に振れるのは年末ということになりますね。11月〜12月ということになりますが、どうして中古車相場が下がるのかを調べてみますと、その理由は明確で、1月になると年式が1年古くなってしまうという問題があるということです。年式が古くなれば、それだけ、中古車の価値が低下することになってしまいmすよね。更に時期的なことを考えると、年末年始への資金が欲しいという心理が働くのは間違いのないことで、車を売ってお金に換えようとする人が増えるのも事実でしょう。そうなると、中古車市場に中古車が沢山出回ることになます。年末年始の物入りを考えると、資金は中古車購入へ向かい難くなってくると思われます。こういった要素が絡み合う中で、中古車相場を見ていくと、需要に対して、供給過多という状況になりますから市場原理の働きで中古車相場は下落していくことになるでしょう。
中古車相場が下がっている時に、中古車を購入する意思がある場合には、最高の条件が揃っていることになるわけです。このタイミングを生かしてもらいたいところですね。
この状況を整理すると、中古車を購入することに対しては有利な条件がそろっていることになります。中古車を購入する意思のある方にとってチャンス時期ということになるでしょう。

中古車 相場を見て販売タイミングを知る

中古車相場を見ていくと、季節によって中古車相場が大きく変動していることに気がつきます。市場の原理に基づいて中古車相場も決定されていますので、中古車の購入希望者が殺到すれば相場は上昇しますし、逆に購入希望者が少なくなれば相場は下落するものです。
では、具体的に中古車を売る立場になった場合、中古車相場が高い時に売るのがベスト。そのタイミングはいつなのかということを知っておく必要があるでしょう。一番の需要期は、何と言ってもGW時期。巷のお父さんたちが中古車を購入しようとして販売店に押しかけます。その理由は明白。GWに家族でお出かけするために車が必要になるからでしょう。この時期を狙って車を売ると比較的に販売側に有利な条件が提示されるのではないでしょうか。
同じように、9月にも一つの山が発生しています。この時期に中古車相場が上昇する理由も基本的にはGWと同じように、秋の行楽シーズンを前にして、車を手に入れておきたいという心理が働くと思われます。
このように、中古車を有利な条件で販売するためには、中古車の需要動向を常に確認し、中古車相場を意識しておくことが重要だと言えます。

中古車相場の動きを見る

中古車相場が下がる。そういう時は、買い手市場という状況で、中古車があまり売れずに供給過剰に陥っている状況である。そういう状況は更に、中古車相場は下落していく。古典派経済学では、需要曲線と供給曲線がクロスする点で価格は決定されることになる。中古車相場が高いと思えば購入を控える。そうなると中古車相場は消費者の購入意欲をかきたてる中古車相場になるまでは下落していく。逆に。中古車相場が、安いと感じる、または、キャシュフローが十分に市場にあると、中古車の購入意欲は高まり、中古車相場全体を引き上げる。市場が認める価格に調整されて行く。中古車相場が加熱しすぎ、上がり過ぎると、購入意欲が削がれる。もちろん車種毎に中古の車相場は決まるのであるが、景気の状態による影響も、車種によってその大きさにも差がでる。特に大きく変動するのは、好景気の時に売れる高級ワンボックスや高級サルーンである。どうしても嗜好品的な要素を含んでいる大型の高級車は、強く景気の動向に左右され易い。車は生活の必需品であり、地方に行くほどその傾向も強くなる。中古車は新車とは違い、必要な装備は装着済みということがほとんどであろう。新車よりも手頃に、装備満載の中古車を中古車相場を確認しながら選んでみよう。

中古 車相場の変動

中古車相場が変動するのは、世の中の景気が原因になることが大きい。一概に中古車相場と言っても、中古車相場が単一一の動きをするとは限らない。つまり、世の中の景気の状態によって売れ易い中古車があるということだ。例えば、景気が良い時は、やはり中古車相場も、高めに変動する。当たり前であろうが、景気
が良いと高級車を購入しようとする心理がはたらく。中古車相場自体が売り手市場となることもあり、中古車相場は高騰するだろう。更に、その中で高級車、大型車という選択が行われるだろう。バブルに踊っていた頃は、誰もが高級サルーンに乗っていたことを覚えていることであろう。中古車相場を見ても上位に君臨する高級サルーンが飛ぶように売れた。その後の平成不況を挟み、一般庶民には、全く実感のない好景気の時期が続いた2008年前半までは、高級ワンボックスが中古車相場を賑わしていたのは記憶に新しい。普段の町並みを眺めているだけでも、走っている車から世の中の景気状態を確認することができる。中古車相場の動きは、経済状況を現す指標とも言えるだろう。中古車相場を動かしているのは、実際に中古車を購入する私達なのである。

中古 車相場とは

中古車相場を考えた時に中古車を売る場合と中古車を買う場合とでは条件が全く異なりますが、もちろん中古車相場はどちらの場合でも気になるものです。では、どういう場合に、中古車相場が変化するのでしょう。経済理論からすると、需要と供給のバランスで全てが決まるのは間違いないのですが、どんな時に中古車相場に影響がでるのでしょう。中古車相場が高騰するのは、中古車自体の需要が高まった時なのです。中古車を購入したい人がふえれば、中古車相場は、需要>供給となり価格は上がって行きます。神の見えざる手の働きによって中古車相場は動き出すのです。具体的にどんな時なのかと言うと、一年で車を必要とする時を考えてみるといいでしょう。たとえば、GWを考えると、ニュースで関越道の高坂サービスエリア付近で20kmの渋滞とか聞きますね。そうです。車が使われているのです。GWの前には中古車が買われるのです。だから中古車相場高騰することになります。このように、中古車相場は中古車を買うと考える人がどれだけいるかで中古車相場が大きく変動することを覚えておくといいでしょう。中古車相場も経済活動のひとつの典型例でだということなのです。