通関士資格がなくても就職は可能

January 13 [Wed], 2010, 8:06
転職や就職では、資格は必ずしも役に立つというものではありません。
資格を持っていることが決め手となって、就職や転職できるということはまれです。
せいぜい、

「資格があるのね。」

という程度の認識に過ぎません。

宅建や通関士であれば、資格を持っているのが当たり前というような雰囲気のところもあると思いますが、ほとんどの仕事では資格は必要ありません。

資格がどうしても必要になるのは、独立する時くらいのものです。

むしろ、大切なのは実務経験です。
実務経験がなければ、いくらいい資格を持っていたとしても、あまり有利にはなりません。


行政書士や司法書士事務所などでも同じです。
資格は持っているけど、仕事はしたことがないという方は

続きを読む

・通関士試験の勉強を始める前に読んでおきたい本

通関士は、貿易業界で働く方にとっては、人気のある資格です。その分、難易度も高く、合格するためには、相当の勉強が必要になってきます。
通関士の勉強をするからには、貿易業界で働いている方や、貿易業界で働きたいと思っている方がほとんどだと思います。
すでに、貿易業界で働いている方なら、わかると思いますが、貿易関係の仕事は、非常に複雑な手続きが多く、一般の方には、理解できないことも多いものです。貿易業界で働いている方ですら、詳しくはわからないこともあるのではないでしょうか。
そもそも、輸入や輸出の仕組み、手続きを知らないままで、通関士試験の勉強を始めるのは、賢明ではありません。

図解で入門!よくわかる貿易の実務―輸出・輸入のしくみから書類手続きまでという本は、貿易の実務について、非常にわかりやすく解説しています。
実務についている方が、仕事の流れなどを再確認するのにも役立ちますし、通関士試験の勉強で、混乱しそうになったときに、読んでみると、理解しやすくなるでしょう。
通関士試験の勉強を始める前に、ぜひとも一読しておきたい一冊です。


・通関士試験の勉強をするのなら

通関士試験の勉強で大切なことは、ひとつの種類のテキストや問題集に絞り、それを繰り返し勉強していくことです。
書店に行くと、たくさんのテキストや問題集が並んでいますが、それらのテキストや問題集を全部こなさなければならないということではありません。
よいテキスト、十分な量の問題集を一種類だけこなせば、十分に合格は可能です。
私がおすすめしたいのは、

テキスト→通関士教科書 通関士完全攻略ガイド
過去問→通関士教科書 通関士合格問題集

書店にもおいてあるかもしれませんが、前年度のものだったり、いろいろな人が触っていてちょっと汚かったりすることもあるのでは?
アマゾンなら、最新版のもので、しかも、きれいなものが送られてきますから、大変おすすめです。
また、普段、家を留守にしがちな方は、コンビニ受け取りを利用すれば、好きな時間に受け取ることができますよ。
私も今や本はアマゾンからしか買っていません。