【 更新情報 】

スポンサードリンク

中国式の産み分けカレンダーとは?

日本は子供が少ない少子化といわれていますが、その一方で赤ちゃんの産み分けの方法はいろいろありますね。
赤ちゃんの産み分けは産院などでも多く行っていて、その他にも食事での産み分けや占いでの産み分けなどさまざまな赤ちゃんの産み分け方法があります。

占いの産み分けとも言われている中国式産み分けカレンダーは中国で古くから伝わる赤ちゃんの産み分けを統計したカレンダーと言われています。

中国式産み分けカレンダーが作られたのは13世紀頃と言われています。
この中国式の男女の産み分けは統計的に赤ちゃんの出生率を表にしたものなので、科学的な根拠ははっきりいってないみたいです。

この中国式産み分けは占い感覚で行うのが無難だと思いますが中国では一人っ子政策とかで、子供は一人しか産んではいけないことになっていることもあって、この中国式産み分けのカレンダーが今も活用されているみたいです。

中国式産み分けの気になる的中率は?と気になるところですが、世界各国で的中率が違うみたいです。
産み分けが成功できる根拠はないと言われていますが、実際にためした人の中では成功している人もいるので、あなどれないと思います。

中国式産み分けカレンダーの気になる確立は?

中国式の赤ちゃんの産み分けは、中国で古くから伝わる男女の産み分けの方法として世界各国で取り入れられているみたいですが、この中国式の赤ちゃんの産み分けは必ず当たるという根拠はないみたいです。

もともとは科学的には根拠のないにひとしい赤ちゃんの産み分けの占いみたいなものなので、まずは気軽に調べる感覚でチャレンジしたほうがいいと思います。

この中国式産み分けカレンダーは世界各国で活用されているみたいですが、中国式産み分けカレンダーで男女の産み分けを行った結果はいろいろな国ごとで、確立の結果が違うみたいです。

中国式産み分けカレンダーを主に活用している国はもちろん中国ですが、中国では中国式カレンダーで産み分けを行った結果99%という結果で、ほとんどの人が中国式産み分けカレンダーで赤ちゃんの産み分けに成功していることになりますね〜

その他の国での中国式産み分けカレンダーの結果は日本を含むアジア人90%、アメリカ人などは85%みたいです。
日本では中国式産み分けカレンダーの確立はこのようにでているみたいなのですが、中国やアメリカなどで公表している産み分けの確立結果は微妙に違うみたいなので、はっきりしたことはわからないのが現状みたいです。

中国式産み分けカレンダーの主な見方

中国式産み分けカレンダーは赤ちゃんの産み分けの占いと言われているので、当たるか当たらないかは妊娠してみないとわかりません。

ですが産み分けカレンダーは主に妊娠するお母さんの年齢と赤ちゃんを受胎する月によってわりだされます。中国式産み分けカレンダーはなんせ13世紀に作られたものなのでお母さんの年齢は数え年とみて、月も旧暦でみるのが一般的とされています。

産み分けカレンダーでのこの数え年は1月1日を年のはじめとするので、その時点で例えば妊娠をするお母さんが現在の年齢で24歳とすると、現時点でお母さんが誕生日を迎える前だと実年齢の24歳に+2歳で26歳とみることになります。

またお母さんが誕生日後の場合は24歳に+1歳とみることになります。
産み分けカレンダーの表でみる月も旧暦で見るのが一般的とされているので、数え年と旧暦をきちんと調べたうえで行うと良い結果がでると思います。

赤ちゃんの産み分けはまず基礎体温が重要!!

赤ちゃんの産み分けはさまざまですが、基本的に赤ちゃんの産み分けを実施するときに欠かせないのが基礎体温です。
この基礎体温は女性の体のリズムを知ることができるもので基礎体温から排卵日など知ることで赤ちゃんの産み分けを行うことができます。
基礎体温は朝起きてすぐに測らないといけないと言われていますね〜

これは朝起きて体を起こした時点で体温が上がってしまうため、正確な基礎体温が測れなくなってしまうので、基礎体温を正確に測るには体温計を枕の下などにおいておいて朝目が覚めてたらすぐに測れるようにしておくことが大切だと思います。

基礎体温は女性の体の中の体温の変化を示すものとされています。
基礎体温は生理がくると体温が低くなり、排卵の時期に高くなります。なので赤ちゃんの産み分けを行う際にはまず基礎体温を測ることを習慣づけることが大切だと思います。

排卵日だけを知ることができる排卵チェッカーなどもあるので、基礎体温を測るか排卵チェッカーで排卵日だけを知るか自分に合うほうでいいと思います。

さまざまな赤ちゃんの産み分けの方法

子供が少ない少子化といわれている中で、希望の性別の赤ちゃんを産み分けようとする人が増えているみたいですね〜
赤ちゃんの産み分けの方法もいろいろとありますが、赤ちゃんの産み分けは基本的に男の子女の子で産み分けの方法がことなります。

最近では赤ちゃんの産み分けに積極的な産院もいろいろとあるみたいですが、産院での主な赤ちゃんの産み分けの方法としてグリーンゼリーやピンクゼリーといったものからリンカルやパーコール法などがあります。

産院以外での赤ちゃんの産み分け方法としては、自分で行う食事での産み分けや中国式産み分けカレンダーなどがあり、確実性は微妙な方法ですが、産み分けを行わない時点での赤ちゃんの性別の確立は男の子も女の子も50%なので、この食事での産み分けと中国式産み分けカレンダーでの産み分け方法でパーセンテージてきにはどちらかがあがる可能性があります。

赤ちゃんの産み分けの方法はいろいろとあるので自分に合う産み分け方法で無理なく産み分けを行うことが大切だと思います。
P R