目的や前提を明確にする企業がなぜ採用するのか? (就活最終回)

June 02 [Sat], 2012, 18:30
目的や前提を明確にする人たちを企業がなぜ採用するのか思考停止に陥っていないかクリティカルシンキングで身に付く考える力クリティカルシンキングを採用基準に応用するとはクリティカルシンカーとは目的や前提を明確にする企業がなぜ採用するのか目的や前提を明確にする最後は自分で考え、何らかの答えを出す必要があります。
クリティカルシンキングとは、搏Iかつ構造的に考えること。
これを身に付ければ、自分戦略の立案だけでなく、キャリアを切り開くための強力な武器にもなる。
そして、開発現場で直面する問題解決にも役立つスキルだ。
最初は戸惑うかもしれないが、日々実践することで思考力は格段に向上する。
思考停止に陥っていないかおそらく共通しているのは、自らの経験をこれからどうつくっていけばいいのかという問題意識に対するヒントだと思います。
従ってまずは、世の中には、さまざまなキャリア理笊泡あるいは職業に関する情報があふれています。
しかし、それらは常に多くの人に共通していえることを述べているため、ヒントにはなっても答えにはなり得ません。
すべての人にまったく違った事情や環境、能力があるので、最後は自分で考え、何らかの答えを出す必要があります。
よくありがちなのは、新しい情報を仕入れては自分には当てはまらないという理由で思考停止に陥り、また新たな情報を探したり、やみくもに行動したりというループにハマってしまうケースです。
その結果、残念ながらいつまでも状況が変わらなかったり、同じ失敗を繰り返したりすることになります。
このループから抜け出すためには、仮説立案行動情報収集検証進化した仮説というサイクル、つまりPDCAPlanDoCheckActionをちゃんと積み重ねることが必要です。
そして、このサイクルをきちんと回すために有効なのがクリティカルシンキングなのです。
クリティカルシンキングを採用に応用する考える人、考えない人の選別会社を理解して面接を受ける人会社を理解せず面接を受ける人クリティカルシンキングとは、簡単にいえば採用目的を搏Iかつ構造的に考えることです。
直訳すれば批判的不採用条件考えるですが、ここで批判の対象になっているのは自分自身の考え。
つまり、きちんと自己PRが搏I構造的に考えているかをチェック不採用しながら思考を進めていくことがクリティカルシンキングです。
自分のPRがいかに表面的なレベルでとど止まって、揩ェ通っていないかに気付き、自分自身の思考のクセを見抜き、もう一度ロジックな自己PRする。
これは、ゴルフやテニスなどのスポーツを想像してみると分かりやすいでしょう。
スポーツというものは、素人が自己流でやっても時間をかければそこそこうまくなることはできます。
しかし、科学的裏付けのあるトレーニングメニューに従い、良いコーチについてしっかりと訓練を受けた人にはほぼ間違いなく勝てません。
その間には、簡単には超えられない断層があるのです。
これは思考力についても同じこと。
クリティカルシンキングを学び、日々実践することで、思考力は格段に向上します。
これは自分戦略をつくることに役立つだけでなく、キャリアを切り開くための強力な武器にもなります。
われわれが人生の意味を問うのではなく、われわれ自身が人生の意味を問われているのであり、答える責任があるのだヴィクトールフランクル夜と霧より生きた過程で、つまり人生をどう築いていけばいいのかという問いに答えを出せるのは、自分自身でしかあり得ません。
ならば、搏I構造的に考えているかをチェック批判しながら思考を進めていくことがクリティカルシンキングの本質です。
目的や前提を明確にするクリティカルシンキングを実践するうえで欠かせない、自己PRでは現在過去未来が会社に入る目的や面談にいたった前提を明確にするということです。
私たちは、何かを考えるときに取りあえず目に付いた質問とりあえずにとらわれ、本質を見逃してしまうことがあります。
例えばこんなケースはどうでしょう。
先に読み進む前に、まずは少し考えてみてください。
会社がある新卒者をとるべき人間はAさんかBさんか。
あなたはこのAさんを採用するべきだろうかさて、どうでしょうか出てくる答えは大きく3つに分類できると思います。
おそらく情報が少なくて判断できないというもの。
これは思考停止といい、クリティカルシンカーが最もやってはいけないことの1つです。
社会で起こった事象ものごとエロゲーを無批判に信じこんでしまうのではなく、問題唐激Dつけ出して批評し、判断することです。
そして、このような考え方ができる人のことをクリティカルシンカーといいます。
情報が少ないなら、ほかにどんな情報があれば判断できるのか、いくつか前提をおいてこういう場合にはYESだが、こういう条件ならNOだという具合に、判断の枠組みと基準を考えることが大切です。
残りの大部分は採用するべきだ。
なぜなら、あるいは採用するべきではない。
なぜならの2種類でしょう。
ほかに何があるんだと不思議に思われた方、ちょっと考えてみてください。
面接ではこのAさんを取るべきだろうかという問題提起がされていますが、この面接でそもそも考えるべきことは、Aさんを取るべきか否かなのでしょうか。
ここで疑問を持つべきポイントは、Aさんを採用というのは真の目的ではなく、あくまで考えられる手段の1つにすぎないということです。
まずは採用する側は面談者が直面する問題を疑ってみる従って、この問題に丁寧に答えるならば、このAさんを取ることは、考え得る手段の中で最も会社にAさんは不必要、かつAさんは会社の必要条件に見合うと判断できるのなら取るべき。
そうでないならば活躍できる会社を優先したほうがいいとなります。
このように、Aさんあなたが直面している問題内定そのものをまず疑い、私はあなたは何のためにこの会社を選んでいるのかを明らかにすることが、クリティカルシンキング第1のポイントである目的や前提を明確にするということです。
会社と自分が求めているお互いの条件が一致しているか目的を見失ってしまうと、問題会話だけに注目して、本質的な内定目的に至らなくなってしまいます。
いくら面接テクニックで答えることができても、そもそも採用側の採用条件に合っていない自己PRの答えだったら意味がありません。
まずは採用する企業がもとめている自己PRが言えるか私はこの企業でどうすれば本当にいかせるのかこれを常に意識するようにしてください。
クリティカルシンキングを実践する互いの立場を理解していますコミュニュケーション能力自分がもとめている条件を会社は与えてくれるのかYESNO会社が求めている条件を自分が与えられるのかYESNO人生会社の条件を問うのではなく、あなた自身が人生会社で何ができるのかを問われているのであり、答える責任があるのだあなたが本当に求める企業とは目的や前提を明確にする企業がなぜ採用するのか自分で考え、何らかの答えを出す必要があります。
思考停止に陥っていないかメラビアンの法則見た目話し方言葉の内容の順に、力を入れよう。
法則から見た目が一番重要あるいは話の内容よりも喋り方のテクニックが重要という結ェ導き出されると言う解釈が有名になっている。
話の内容などの言語情報が、7パーセント。
話し方声の質速さ大きさ口調などの聴覚情報が、38パーセント。
見た目服装表情しぐさ視線による視覚情報が、55パーセントこの数字の並びを取って73855のルールとも言われます。
仕事は3年続けないと何も見えてこない田中雅子さんインタビュー2mediaid112
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tyud84mw4x
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tyud84mw4x/index1_0.rdf