鈴木塾は京都市南区です!

May 09 [Fri], 2014, 15:46
【常識】TOPIX(トピックス)に連動する方式のETF(上場投資信託)を買い付けるということなのであれば、東証一部に上場中の全銘柄を全て保有するのと極めて似た成果が予想可能である。
【金融商品】ストップロスって何?⇒できる投資家しか、投資でうまくいくことが出来ません。その時点での損を自分で認めるということが最重要である。もし、ストップロスが出来ない取引であれば、投資はしてはいけない。
【トラブル】ストップロス⇒できる状態でなければ、投資でうまくいくことが出来ないのである。その時点での損を自分で認めるということが必要である。もし、ストップロスが無理だというのならば、投資はしてはいけない。
【解説】スウィーブサービスの内容⇒通常の普通預金口座と(同一金融機関・グループの)証券用の取引口座の間なら、株式等の購入代金などが自動的に振替される便利なサービス。同一金融グループによる顧客囲い込み戦略なのだ。
【トラブル】金融商品やサービスなどは、普通どうしても、それ自体に危険性が内在しているため、投資者が金融商品やサービスに投資する際は、そのような危険性が必ず存在することを納得したうえでの取引を行うべきである。
【用語】金融ADR制度の基礎。増加する金融に係る分野にあって紛争を裁判以外の方法で解決を図る制度(ADR)であって、金融機関で取り扱う商品やサービスに関するトラブルを簡単にそして迅速に処理する方法だと信じられている。
絶対に金融システムこそが経済活動の言うなれば不可欠な動脈だ。日本経済のたてなおし、活性化のため、合わせて不良債権問題の解決しつつ、抜本的な構造改革を実現できる、より強固な新しい金融システムの構築が一番大切なのだ。
こうして我が国の金融・資本市場での競争力を高める為に行われる規制緩和のほか、金融システムのますますの質的向上が目標とされた取組や活動等を実施する等、市場環境に加えて規制環境の整備がどんどん進められているということ。
【投資の前に】株式の投資では、株式を購入した企業が成長することによって、好影響があり聞き覚えのあるインカムゲイン(和製英語: 配当であったり利息による利益など)というもうけを手に入れることができる。
すべての証券会社が設立者である日本証券業協会、ここでは協会員の株券や債券など有価証券の売買等といった取引等を公正で円滑にし、金融商品取引業界全体の調和のとれたさらなる振興を図り、出資者を保護することを協会の目的としているのだ。
よくある株式投資関連の企業や個人などのサイト、ブログ、であったり、市販されている雑誌では、テクニカル分析(過去の実際の動向から、今後の動きについての予想を行う分析法)を重要視しているものが多く、いろいろな種類のチャートの使い方とか分析方法などをとても細かく紹介している。
知っているようで知らない。金ETF(Exchange Traded Fund)は実は需要が高まっている金相場に連動させている上場投資信託(証券取引所で取引される投資信託)のこと。なじみのある証券会社でも売買できるという点が手軽でよいのだが、証券会社への手数料がかかることに注意。
【知っておきたい】「投機」⇒株式を売買する会社などの業務などとはまったくもって関係が無い取引で、単に株式の売買を繰り返すことによってキャピタルゲインという売買利益だけが目的の株式投資の手段である。
保険のしくみ⇒防ぐことができない事故が原因で生じた財産上の損失の対応のために、制度に参加したい多数の者がわずかずつ保険料を掛け金として納め、積み立てた資金によって想定外に発生する事故が発生した者に掛け金に応じた保険金を給付する仕組みです。
もしも、投資のための取引について勉強や情報収集がやりたくないとか時間が足りない場合は、専門家(プロ)に資金運用をお願いしてみる。あるいは研究や情報収集がそんなに必要のない金融商品(投資信託・外貨預金・外貨MMF・外貨債権等)などを選ぶのが常識。

日本証券業協会(JSDA)とは、協会員の株券など、有価証券の売買等の取引を厳正、さらには円滑にし、金融商品取引業の堅実なますますの発展を図り、出資者の保護を目的としている。
【用語】ケインズ経済学(ジョン・メイナード・ケインズの論文を中心に展開された経済学)での定義では、投資(investment)というのはその後の追加投資で予測される利潤(利益となる)率が利子率(金利・利息)に一致するところまで継続されるものとされている。
1日の間で何度も売買する方法である「デイトレード」と近いが、2日以上10日程度までの短期の持ち越しを行う方法を「スイングトレード」(さらに長く数週間程度になると「ポジショントレード」)と呼んで日が変わらない間に何度も売買を繰り返すデイトレードとは区別できる。
外国で株式あるいは不動産に投資をする者は、株や不動産の投資先の国の市場で「外国人投資家」と偏見を込めた呼び名で、何度となくその国の投資家のこと以上に活動が注目され、話題になります。
【ポイント】金融商品⇒わが国の法律上、有価証券の発行・売買などについて規定した金融商品取引法(金商法)の定めに則り、定義されている認識であり、有価証券と外貨取引、金融デリバティブなどを含んでいる。
今後も、わが国内でもほとんどの金融機関は、国内だけではなく国際的な市場や取引など金融規制等の強化までも視野に入れて、財務体質を一層強化させることや金融機関の合併・統合等をも取り入れた組織の再編成などに積極的に取り組んでいます。
機関投資家(企業体で投資を行っている投資家)としてのポジションでも、関連する金融機関などが全企業的に非常に大規模な投資を実施する場合もあり、保険会社などの機関投資家が運用している投信(委託を受けた資金の運用を投資顧問会社等の機関投資家が代行する金融商品)への大規模な資金流入も進んでいるのです。
【用語】先物取引:「証拠金(補償金)取引」制度を組み込んでいる金融商品なのです。だから手軽な資金からでも十分取引が可能なことから、ハイリスク・ハイリターンの投機的な投資方法も実現できるでしょう。
いわゆるバブル経済(日本では91年まで)って何?市場価格の動きが大きい資産(例:不動産や株式など)の市場価格が過剰な投機によって実際の経済の成長を超過しても高騰を続け、とうとう投機による下支えができなくなるまでの経済状態を指します。
つまり金融機関の格付け(評価)は、信用格付機関(ムーディーズなどが有名)が金融機関を含む金融商品または企業・政府などの、信用力(支払能力など)をアナリストの意見をもとに評価するという仕組み。
【解説】アセットアロケーションについて⇒アセットアロケーション(投資配分)は一度出来上がったからといってそのままではないのです。出来上がったアセットアロケーションの運用状態を必ず調べ続けることが必要なのです。
株式をはじめとする利益を得るには、誰でも危険性も背負うことになるが、多彩な投資の種類や投資のスタイルを巧みに選ぶようにすれば、少しは危険性を避けることが実現可能なのだ。
【重要】カバード・ワラントって?ゴールドマン・サックスのeワラントや、ポケ株ワラントなどの手に入れやすい商品があり、どれも一般的に少しだけでも投資することが可能なポイントが魅力。
【常識】日本経済は勿論、世界の経済を把握する為には、金融そして経済の基本である株や金利そして為替を知る事が不可欠なのである。なぜなら株価や金利、為替は常にしっかりと関わりあっているからなのです。
法に定められた金融商品取引業者としての課題は、目いっぱい監督官庁からの指摘事項を減らすことなのだ。結局、避けるべき「重大な違反」が発生する確率をかなり下げるという実績につながるのである。
鈴木塾
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:マイブログ
読者になる
2014年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tyu900/index1_0.rdf