曽我部が寺下

June 29 [Thu], 2017, 5:26
医療機関で働く看護師ですが、すべきことは医療行為だけではありません。


看護師は病気やケガが原因で動くことができない患者さんの身の回りの世話も重要な仕事なので、こういった仕事の中でとても忙しく就労している方だと思います。厳しい労働の割には、薄給で、精神的苦痛が原因で体を壊してしまうこともありました。看護師は病院などで就業していますので、勤務時間は多岐に渡っています。それが原因で、安定してお休みが取れないといった課題があります。

看護師は医療機関にしてみると欠かせない存在ですが、でも、働く側から見れば必ずしも、良いとは言えない就業状態が多々あります。病院の統合や閉鎖が話題に上がっていますが、注目されているのが、医師や看護師が不足しているという問題です。日勤や夜勤といった不規則な勤務体系に加えて急患対応も行い、看護師の大半はとても大変な思いをしているという現実があります。
男性看護師の割合も増加しているのですが、現在のところ、まだ女性の方が圧倒的多数の職業であるため、ストレスが蓄積されたり、行きたくてもトイレに行く時間がなく、便秘になる看護師も多いという事実は分からなくはない話です。


給料についてですが、看護師の場合は個人のクリニックなのか、大規模な公立病院なのかなど、どんな職場で働いているかにより差が大きいです。

では、退職金についてはどうなっているかといえば、都道府県や市町村などによる公立病院や、あるいは国立の病院なら、きちんと勤続年数や仕事内容による退職金の算出方法が確立していますので、そうした規定に沿って支払われます。



一方、個人経営の病院になると、退職金について、はっきりとした決まりもないことがあり、病院のトップである、院長先生の判断に左右されるようです。



勤め先が公立病院の場合は、規定通りの退職金を受け取ることができますが、それ以外は病院次第ということです。

今の時代は人手が足りないこと、高齢者が増えたことによる来院者増加の影響で、看護師の1人当たりの仕事の量が多い傾向があります。

負担緩和するため、人が足りない病院にそこまで忙しくない違う病院のナースを派遣してもらい、負担を解消したり、患者への対処が遅れないように心掛けています。看護師として働く人が転職しようとする時、違った職種に転職を考える人も少なくないです。
ですが、苦しみながら看護師の資格を取ることができたのですから、利用できる仕事を見つけた方がいいでしょう。



かなり異なる職種であっても、看護師の資格が良い方向に働く職場は少なくありません。努力して得た資格なのですから、活かさないのはもったいありません。
看護師の稼業で大変な事の一つに、夜間勤務があるという事があります。
医療機関では夜間でも患者さんの病状が急変する事も起こりやすいです。急変した容態に対処するために看護師には夜間勤務が存在するのです。といっても、看護師にとって夜中の勤務というのは体の調子を崩しやすくなりますし、負荷が大きいと言えるのです。



看護師の人間関係は、構築が難しいと、当たり前のように囁かれたりしていますが、高い割合で女性の数が多い仕事場であることが、理由の一つであるようです。


なにしろ、女性はすぐにグループを作ってそうして集まれば誰かの噂話や、あるいは陰口などを囁き合ったりしますし、職場が女性だらけだと、少し窮屈な空気になるのは仕方がないのかもしれません。
あまり健全ではない、そんな空気の中にいてやはり良い感情を保ち辛いかもしれないのですが、そうなってしまうのも、女性の多い環境ならではのことだと達観しておくのが良いでしょう。

看護職の人が職場を移る際も、面接試験が大切なポイントです。面接者の評価が良くなければ、ナースは人手不足といえど不合格になる可能性があります。
当然のことながら、待遇が良い勤務先はエントリーの数も増えるため、ベストの状態で臨めるよう十分備えて面接試験に行くようにしてください。

身だしなみを整えきちんとした格好をして、本番では明るくはっきり話すことが肝心です。看護師にも、子育てのために転職を考える人は多くいます。看護師は特に仕事と育児の両立が難しいので、子どもを預けられる時間帯のみの勤務だったり、休みの日が多い職場で働いたりすることが探せると良いと思います。

子育ての期間だけ看護師を休業するという人もいますが、子育てをするにはお金がないといけませんから、資格が活用できる転職先を探してみましょう。注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。


注射や採血を好む人は稀でしょうが、どうしても打たれなければならないなら、ベテラン看護師にしてもらいたいのが人情でしょう。
とは言っても、注射の技術は看護師の腕に左右されますから、看護師によって上手い下手があるのは当然で、場合によっては下手な看護師に処置されることもあるでしょう。

たとえ上手でなくても注射や採血といった部分では問題ありませんから、少しの痛みは我慢して諦めましょう。

看護師の仕事の実態は、ドラマとは全く違います。


ハードな通常業務だけでなく、業務時間以外にも仕事が多くあり、残業しなければならなくなることが多いです。とはいえ、もしもひどく忙しく、疲れている場合でも常に患者さんやご家族の前では笑顔を忘れません。

少し前まで愚痴を言っていたような人がすぐに笑顔になれるので、看護師は女優顔負けだなと感じてしまうことさえあります。看護師の仕事はお給料に関しては他のいろいろな仕事と比較すると高い場合が多いです。だから、というわけではないかもしれませんが、おしゃれな人が多くいるように感じられます。

ですが、とにかく忙しいです。ほとんど休めない様な病院もあって、金銭的に恵まれても、使う暇がなくもっぱら貯まり続けていると耳にすることがあります。給料、そして休日の調和のとれた職場に勤めるのが最高でしょう。
ナースの勤務先といえば病院という位置づけが大部分が思うことでしょう。

しかし、看護師の資格を有効にさせる職場は、病院の外にも色々とあります。保健所で保健師とのチームプレーで地域住民の健康上のいろいろな対応をするのも看護師の役割です。また、福祉施設には医師を確保しているところは少なく、だいたいの医療行為を看護師が行います。

フルタイムで、看護師として勤務する際、辛くないといわれているのが、外来による勤務です。人の命にかかわるということでの責任は同じですけども、夜勤に出る必要がない、休日がとりやすい等の理由で外来勤務希望の人も増加してきています。

交代勤務を代表に多くの仕事がある看護師ですが、中でも気を抜けないのが、申し送りの仕事でしょう。

受け持っている患者の健康状態や行った処置など、患者に関するすべての出来事を把握し、しっかりと次の担当看護師がスムーズに仕事が出来るように、伝える必要があるのです。



伝言程度で終わるケースもありますが、医療的に重大な処置に関する申し送りは間違えたり言い忘れがあってはいけませんから、誰でも慎重になります。年々志望者の増える看護師ですが、この職業につくためには、看護系の専門学校、短大、大学などで勉強することになります。それから、その上で国家試験を受け、合格してやっと看護師になれます。
この国家試験については毎年、受験者の約90パーセントが合格していて、まじめに勉強していた学生にしてみると、そう難度の高いものではないということです。

さて、看護師を養成するための機関といいますと複数あります。



看護学校、短大、大学や学部などですが、近年、より広く深く学べる上に各種関連資格も取得できる看護大学に進学を希望する人の数が増えてきたようです。



実際の看護師の仕事は治療に関することばかりでなく身の回りのお世話といったことも行っています。



クリニックで、ナースほど忙しい方は考えられません。

なので、これら看護師さんの労働状況に応じた待遇にしてほしいです。
看護士が行える医療行為は、今までは、限定されて行われてきたのです。しかし、医者が不足しており、すぐに対応ができるよう気管の点滴を行うなどの少しだけ医療行為が出来るようになるでしょう。


許されるようになった行為は、研修を決まった時間行って、万全に準備ができてから自分の判断で行える事が大きな変化でしょう。
日本のナースの年収は平均437万円くらいです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院の看護師は、公務員扱いでの勤務のため、年収は平均して593万円ほどになります。
公務員として勤めている看護師は給与の上がる率も民間の病院に比べて高く、福利厚生もより充実しています。准看護師として勤める場合は、看護師と比べて年収が約70万円ほど低いです。


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Tatsunosuke
読者になる
2017年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tyt52lsneoepra/index1_0.rdf