の音が聞こえたら、すでに落雷の射程圏

August 16 [Sun], 2015, 10:29
2015年8月12日、中国・南方都市報によると、フィリピンの格安航空会社(LCC)セブパシフィック航空は、同航空の客室乗務員が機内で中国人乗客の現金を盗んだとされる問題について、独立した第三者機関に調査を依頼したことをマイクロブログの公式アカウントを通じて発表した。

【その他の写真】

マイクロブログへの書き込みによると、フィリピン・カリボ発中国・長沙行きの5J52便で11日、客室乗務員が離陸後まもなく、乗客に対し、すべての遮光板を閉じショルダーバッグなどを座席上の荷物置き場に置くよう求めた。
iphone6ケース禁煙やベルト着用のサイン灯だけがついた薄暗い機内で、男性客室乗務員が荷物置き場の荷物を探るような行動をしたという。

その後、中国人乗客3人が、かばん内の財布などから現金計8000元(約15万円)が無くなっているのに気付き、着陸後に警察に通報。
エルメス6Plusケース警察官が駆けつけると、客室乗務員は機内のトイレのごみ箱や便器に現金を捨てるなどして証拠隠滅を図ったという。(翻訳落雷に遭うと、感電して負傷したり、最悪の場合死に至ったりします。
時計 レディース 人気また、直撃を免れても二次災害で命を落とすこともあるため、注意しなければなりません。落雷は、「情報入手・前兆捕捉・事前避難」に努めれば被災を避けられる自然災害であり、正しい知識を持っているかどうかが重要です。
iphone携帯カバー

野外では素人判断や思い込み、集団心理などにより避難のタイミングが遅れてしまいがち。引率者の「判断の甘さや遅れ」は河川の増水や体温の低下などにより「避難そのものを不可能にする恐れ」があります。
ルイヴィトンiphone6sケースここでは、夏場の野外活動を引率する人に知っておいてほしいポイントを紹介します。

◆確かな情報の入手を
まず雷雲である「積乱雲」は、落雷のほか、短時間の激しい雨、雹(ひょう)、突風などを伴うことが多いことを覚えておいてください。
アイフォン6シャネル落雷に対する警戒は、同時にこれらの現象への警戒でもあります。

続いて、キャンプ・登山・海水浴などの野外活動の引率者は、気象庁が発表する情報についてリアルタイムで入手できる環境を整えておきましょう。
シャネル iphone6ケース活動の現場には常にスマートフォンやタブレットなどの通信端末を携行し、その場所の通信環境などについても事前に調べておきます。

特に落雷の即時的な情報として有効なのは、気象庁が発表する「雷ナウキャスト」です(文末参照)。
ルイヴィトンiphone6 ケース雷の発生が予想される数時間前に、気象台から「雷注意報」が発表されるので、それを機に「雷ナウキャストによる監視」を始めます。

雷ナウキャストには活動度1〜4の4つの領域が色別で表示されますが、野外での避難行動は「活動度1」で始めてください。
ルイヴィトンiphone6sケース活動度1の領域は「1時間以内に落雷の可能性」があるからです。

◆雷の音が聞こえたら、すでに落雷の射程圏内
野外における落雷からの避難の目安として、よく「雷鳴が聞こえたら」を挙げる人がいます。
超人気iphoneケースしかし、これは間違いです。雷鳴が聞こえるような場所は「すでに落雷の射程圏内」であり、雷ナウキャストでは「活動度2」の領域に該当します。
グッチ iPhone ケース

実際、稲妻はもちろん雨も降っていない雷鳴のみという状況で、いきなり落雷に遭う事故も発生しています。したがって、野外では活動度2の領域に飲み込まれる前に、安全な場所への避難を完了してください。
gaga 時計

自宅などの屋内にいる場合は「活動度2」の段階でパソコンやテレビゲームなどの電源プラグを抜き、窓や水道の蛇口などから離れましょう。雷サージ(雷の影響による異常な高電圧)は固定電話のケーブルにも侵入するので、活動度2以上での通話にはスマホや携帯電話を使います。
オークリー サングラス
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tyryt
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tyryt/index1_0.rdf