腸内細菌は 善玉菌、悪玉菌

March 12 [Tue], 2013, 22:58
腸内細菌は、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3つに分けられます。

では、善玉菌の働きを見てみましょう。

善玉菌の大きな役割は、大腸がんなど、

人間にとって有害な原因を引き起こす

悪玉菌の増加を抑えることです。

この悪玉菌は腸内細菌の中で一番少ないのですが、

条件によっては増加してしまいます。

それを防ぐために、善玉菌は乳酸や酢酸を腸内で作成し、

腸内を酸性状態にすることで悪玉菌の増加を抑えるのです。

腸内が賛成であれば、食中毒の予防にもなり、

感染病も防いでくれます。

悪玉菌の中のウェルシュ菌という最近は腸内にある

食品を腐らせて発がん性物質を作るのですが、

善玉菌はこれを抑えてくれるのです。

さらに、善玉菌は腸内でビタミンを作ります。

そうして体の免疫力をアップさせるのです。

免疫力をアップさせることで、体の健康を維持するように働くのです。

他に、健康な血液を維持することも知られています。

善玉菌を摂取することで、善玉菌が活発になり、

健康も維持できるようになるのです。

善玉菌を保つには、乳酸菌やビフィズス菌を含む食べ物、

食物繊維やオリゴ糖を摂ることが第一です。
プロフィール
  • アイコン画像 ニックネーム:ちょうない
読者になる
2013年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tyounai/index1_0.rdf