新生活、友人とはなに? 

June 04 [Mon], 2012, 22:40
この記事は、[http://www.apy.ne.jp/ 転職・就職なら「apy」]が主催するブログ記事コンテストにエントリー中です。
[[img(http://www.blogrepo.net/images/contimg/apy/apy_bnr1.gif)]]

この記事は、[http://www.blogrepo.com/jump.php?jid=127&link=1&uid=100 結婚生活支援コミュニティ「CoCoMarri」]協賛の[http://www.blogrepo.net/contest.html ブログ記事コンテスト]』にエントリー中です。
[[img(http://www.blogrepo.net/images/contimg/cocomarri/cocomarri_bnr1.gif)]]



ちょっと面白そうなので
早速ちょっとまってぇぇぇぇな記事いってみましょう♪

皆さんまだ分からないと思いますが。。。
私ブログを何個も立ち上げてみるものの
あまり文章がまとまってないんですよね。。。


今回はチェックしながら書いていきます♪
上手に書けたら皆さん拍手~★

〜〜*〜〜*〜〜*〜〜*


今年、17歳になった私は
もう社会2年生・・・

まだまだ親の脛をかじって
ぼちぼち生きている

17になった期にとりあえず
実家を出て、車で2時間くらいのとこに
友人と家を借りることにした。

友人の実家はそこから車で5分も
かからないとこにあるのだが

私を助けるため家賃半分、光熱費半分で
同棲してくれた。

優しい友人は私が
気を使わないように
「私も実家にいたら親の気持ちわかんないから。。。」
とずっと言ってくれてた。

家事も分担して
料理が出来ない友人は
掃除洗濯、そして私が炊事ごみだし
残りのことは全てやった。

最初は友人の同級生、先輩、
皆と毎日わいわい飲み明かした

それまでは何事もなく
楽しく過ごしていた

しかしドンドン見えてくる
友人の本性。。。

けれど私は長い付き合いの
友人だし一番私を理解している
相手だからと私もいいとこばかりを見て
悪いとこはあまり気にしないようにしてた

職場も同じ私達気にしたくなくても
耳に入ることもあれば目にはいることも。。。

ある日のシフトが違った日のこと
先輩のо氏が私に言った言葉で
気にしないようにしていた私の中で
友人に対しての見る目がかわった

2年近く付き合っている彼氏が居た
私がシェフのN氏と付き合うかどうか
先輩のо氏、A氏等と賭けをしてたのである。

まだまだこれは序の口
生理のとき大量出血で
一時間で血がもれるときがあった
そのとき友人が
「癌の菌とか生理の血で出てくるらしいよ」
といわれたので癌検査と性病の検査をすることにした。

友人はもちろんそのことは知っていました。

それを友人はオーナー、職場の皆に
言いふらしていた。

検査を受けたとこではなく
検査を受け全て陽性だったと
言いふらしていた。

結果全て陰性でめでたし

けど私はまだ友人の考えていることが
分からず友人の嘘を
そっかぁ〜と聞き流していた。

その時期にちょうど彼氏と別れ
同い年の人と付き合っていた
ちょうど一ヶ月くらいたって

遠距離なのにわざわざ会いにきてくれた
その人も私の友人と幼い頃からの付き合いなので

友人の嘘を何個も信じていった。。。
そして私にとってもっともひどい事をした。
それは付き合う前のこと
友人とその人を二人きりにしてしまったとき
に「あの子お前のこと好きらしいよ」
の一言と

飲み会の2次会で
「うちのダチはお前には絶対渡さん」
の一言

些細なことかもしれない
けどずっとそばに居て
いつも応援していてくれてた
友人に言われた一言だ

嘘や噂と違って
そんな簡単に
聞き流せない。。。


嘘については一つ目は
子宮癌と性病が陽性だったと伝え
二つ目は「あの子去年妊娠して降ろしたんだって」
という話

それを彼氏に言われたのが
ショックだったなぁ


そのときはさすがの私も友人の考えに
感づき始め

「実家に帰れって言うなら帰るよ?」
と尋ねたものの
やはり友人は優しい言葉を投げかける
今もまだそのことを思い出して心が痛むことも
シバシバ

その家での楽しかった、嬉しかった出会い、出来事を
思い出しては懐かしく思うときだってある。

実家を離れて働いてみて
沢山学んだこともある


けれど私も人間だ。
2度のチャンスを与えても
3度目のチャンスはあげられないかもしれない


次友人が謝って寄ってきたときに
笑って許せるかも分からない。

むしろ私は突き放すかもしれない。

職場も家も同じ
いつも一緒の友人はきっと
私に飽きがきたのだろう。

その証に今は新たに仲の良い友人が居る
それはいいこと
その友人を傷つけないように
と祈るだけ。



この体験から皆さんに伝えたいのは
どれだけ仲の良い友人でも
同じ家で生活するのは避けたほうが良いというのと
付き合う友人は
しっかりと見極めたが良いということ。


またはあなたも友人を傷つけているのでは
ありませんか?

今一緒に居てくれる人を大切にしてください







プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:にゃん汰郎
  • アイコン画像 性別:女性
  • アイコン画像 誕生日:1995年3月13日
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:国外
  • アイコン画像 職業:その他
  • アイコン画像 趣味:
読者になる
2012年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる