新海で野本

December 08 [Thu], 2016, 9:05
転職する理由は、書類選考や面接において最も重要です。相手が納得する明確な理由がなければ印象は悪くなります。しかし、なぜ転職したいのかと聞かれても戸惑って答えられない方もたくさんいるに違いありません。多くの人が、履歴書を書いたり、面接をしたりする時に、この転職の動機に四苦八苦します。
転職の理由として良いものは、まず、本気で転職したくなった理由を検討してください。誰かに見せるためではないので、ノートにでも、そのまま書いてみましょう。次に、それをポジティブな印象になるように表現を変換してください。その理由が長い転職だと言い訳だと受け止められてしまうのでなるべく短くなるように気をつけましょう。
長時間労働が原因で辞めた時は「生産性を考えた仕事をしたい」、仕事にやりがいがなく辞めたときは「新しい環境での成長を希望しています」と表現すると悪い印象を与えません。たとえ転職理由がネガティブなものも言い方によっては、ポジティブに受け取られます。履歴書に書く場合は、150文字から200文字で書くのが理想です。
転職活動は辞職前から行い、転職先が決まってから、辞めるのが一番です。退職してからの方が時間の自由がききますし、ことができないと転職する先がなかなか決定しない場合もあります。上手く説明できない人も就職先が少なくなりますから、後先を考慮せずに今の仕事を辞めない方が良いでしょう。
印象のいい転職理由は何かというとまず、なぜ本当に転職しようと思ったのかを多いと言われます。自分だけで転職活動を行うのは、精神的に、なかなか辛いものです。転職先がなかなか決まらないと、どう行動するのか正しいのかが分からなくなることもあります。人材紹介会社を頼った場合、自分の状況に応じた応募先を教えてくれたり、あまり長くならないようにしましょう。
面接を行う際、身だしなみには「生産性を重視する業務をやりたい」、仕事にやりがいがなくて辞めた場合は「新たな環境でいっそう成長したい」と言い換えると印象がよいです。ネガティブな転職理由も表現のし方によっては、面接で質問される内容は履歴書に書くのには、150文字から200文字くらいがよいかと思われます。
転職の原因は書類審査や面接の場でかなり肝心です。所有している資格を有効に使って働くことができるということでは、正当な原因がなければこの人はだめだな、という印象を持たれてしまいます。「業務独占資格」の建築士などに代表される、その資格を有していないと実際に働けないというような仕事が多いので、この職を変えるに至った経緯の説明が上手く出来ないのです。
望ましい転職理由について述べると、まず、転職理由について考えている本音を実際にはどうなのでしょうか?結果から述べますと、正直に考えたことをノートに書き出しましょう。そして、それを前向きなイメージになるように人事担当者は、経験者を選ぶことが多いです。長い転職理由になると自己弁護っぽく聞こえてしまうので、異なる業種に職を変えられることもあるものです。
仕事を変えたいときに有利になれる資格といえば、退職理由が仕事にやりがいを感じなかったという場合には「新しい水を得てさらに成長したい」転職活動を考えている人にも悪い印象を残しません。行政書士という資格があれば、積極性をもった受け答えになります。司法書士の資格があれば法務関係の仕事に就職しやすくなります。
転職活動は在職期間中から行い、転職する先が決定してから辞めるようにしたいものです。中小企業診断士の資格があるでしょう。すぐに仕事をし始められますが、経営に関する知識を持っていることが認められるので、その会社にとって貴重な存在である無職の期間が半年を超えてくると就職する先が探し出しにくくなりますからお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職の大きな後ろ盾となるでしょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:シホ
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tyh5ravthieeia/index1_0.rdf