黒瀬と中條

February 14 [Sun], 2016, 13:30
ここのところ、金相場の高騰に伴って、金製品やプラチナを買い取ってくれるという内容の店舗が急激に増えているようで、よく広告を目にしますね。実店舗のみならず、ネット上でもそういう広告が増えていて、「金 買取」などのワードで検索をかけると、大変多くの店が出てくるので驚きます。元々使わなくなって自宅に眠っていたアクセサリーなら、別にどこの店を選んでも大差ないと思う人もいるでしょうが、金の相場が大きく変われば当然、買取金額にも影響が出るので、相場を見て、最適のタイミングを狙って売るといいです。金やプラチナ製のアクセサリーは、家にずっと眠ってはいるけど、今では飽きてしまったなどの理由で長らくご無沙汰という場合もあるでしょう。そのような金やプラチナ製品をお持ちの場合、最近流行りの金買取を利用してみるのも一案です。でも、ここで落とし穴があります。金やプラチナのように見えても、精巧に作られた偽物かもしれません。鑑定士にそのように言われたら、残念ですが、勉強になったと思って諦める他にないでしょうね。もう身に着けなくなり、自宅で眠っている金の装飾品は案外多いのではないでしょうか。もう使わないことが分かりきっているなら、買取ショップへの持込みをオススメします。そうした買取を専門としているお店も最近は増えてきましたので、本当に高額で売却できるかどうか簡単に査定してもらってもいいかもしれません。金買取を利用するにあたっては、どこのお店に持ち込めばいいのか初めての方はよく迷うようです。折角売るなら、高値をつけてほしいというのは誰だって考えることですよね。初めての方が注目するべきは、口コミやレビューなどでの評価です。口コミでの人気が高ければ、お客さんからの満足度が高いということです。これを参考に、信頼できるお店を選びましょう。今も昔も、金持ちはさらに儲けるために色々なものに投資をします。金に代表される貴金属はその典型です。今も昔も、金はほとんど資産価値が崩れないことで知られています。高低の激しい株式や外貨取引と異なり、金は価値がほとんど変わらないのです。高級品として世界中で認知されているのも、金が投資対象として魅力的である一因です。しかし、大きな情勢の変化があれば金の相場も変動することがあるので、手元の金を売ろうとする前に、今、金相場が下がっていないか、一度チェックしておくのが無難です。手持ちの金製品を売却したいと思ったとき、普通に思い至る売却先といえば、「高価買取」などの看板を出している買取店などです。ただ、そうした店には独特の雰囲気があって、詐欺やトラブルが有り得るのではないかと感じてしまう方も一定数いるでしょう。さて、そういう場合には、デパートでの買取がお勧めです。よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。やはり小さなお店よりもデパートの方が信用があり、初めての方でも利用しやすいでしょう。誰でも気軽に利用できる金買取ですが、重要なのは、相場というか、現実に何円くらいの価格を付けてもらえるのかを正確に知りたいということですよね。基本的な算出方法を以下に示します。日々変動する金の国際価格に対し、まずそれを金の重量単位である1トロイオンスで割り、ドル円レートを掛けると、国内金価格が算出できるのです。買取で損しないためにも、こうした計算法や相場を知っておいて、お店の買取提示額が適切かどうか判断できるようになっておくといいでしょう。3%→5%→8%と上がってきた消費税。金の購入時にも、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、今度はその金をお店で買い取ってもらう際には、なんと消費税分が買取価格に上乗せして受け取れるのです。つまりどうなるか?消費税が低い内に金を購入しておくと、増税後に売却することで、消費税額の差額分をまるまる得できるということになります。他にも、日本や台湾、カナダなど消費税率の安い国で買った金を、ハンガリーやノルウェー、スウェーデンなど消費税率の高い国で売却することでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。せっかく金買取を利用するなら高く売りたいもの。高額で売却するためには、手数料や査定費用といった名目でお金を取るような業者を避け、良心的な店を粘り強く探してみるといいでしょう。少しでも高額で手放すため、日々の相場の変動をチェックしておくことも必須であるといえます。持ち込む量が多いほど査定額も高くなるものなので、少しだけの買取、具体的には10グラム以下なら、それほど相場は気にしなくていいでしょう。WEB上には、高額での金買取を掲げた広告がたくさんありますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、本当に信用できる業者か、慎重に見極めるようにしてください。初めて金買取を利用してみようと思っている方は、果たして満足できる金額になるのか、誰しも気にされるところですよね。でも、買取額は一概には言えません。金の国際価格やドル円レートは日々変わっているので、店頭で買取してもらう際の金額もそれに伴って変わることになります。こういう事情がありますから、買ったとき以上の金額で売却することを望むなら、ネットで情報を見て、刻一刻と変わる相場の情報を押さえることが大事になってきます。お手持ちの金製品を買取に出す際、気を付けなければならないのは、何より相場の変動に気を配ることでしょう。安く手放しすぎて後から悔やまないためにも、相場を欠かさずチェックして、いつ買取に出すかを決めましょう。金買取では、申込時の相場により買取額が変動するというケースが多くなっています。相場の確認を欠かさず、最も高い時期に手放しましょう。金の相場価格はネットでも簡単に見ることができます。今は1グラム5000円くらいですね。これはあくまで純金の価格ですから、一例として、18金(純度75%)ならば、5000円×75%なので3500円くらいでしょうか。100グラムで35万円ですから、仮に200万円以上に達するには、必要な量は600グラムほどです。指輪なら数十個、昔流行った喜平ネックレスでも5本以上は必要でしょう。近頃は18金よりも安価な10金も増えてきましたが、これはもはや金の純度が半分以下。価値は1グラムあたり2000円強にしかなりません。1キロほど寄せ集めないと200万円にはなりません。貴金属を購入しても、盗まれるのが怖いので置き場所に困りますよね。あまり量が多くなければ自宅に保管することになるでしょうが、金庫くらいは無ければ安心できないでしょう。自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、自宅に置いておくと盗みに入られる不安もあるので、自宅には流石に置かず、銀行で大きな貸金庫を借りている場合や、金の販売業者によっては、購入した金を有償で保管しておいてくれるところもあるのです。しかし、どんな形を取っても結局心配だという方は、専門業者に売って現金化し、不安から開放されるのも選択肢の一つです。世界的な金融危機を呼んだリーマンショックの後、今日に至るまでで、やや遅めのペースながら、金の市場買取価格が上がってきています。また世界の金融を巡る動きとしては最近、ユーロに加盟していたギリシャが経済破綻を起こし、国民が銀行から預金を下ろせなくなってしまいました。リーマンショックに続き、この経済破綻も金の価値が高騰する引き金だったと考えられます。自分で買ったり人からプレゼントしてもらったりしたけど、今となっては身に付けることのなくなった貴金属をただタンスの奥に仕舞っておくのは何だかもったいない気がしますよね。貴金属を持て余している方は、買取を扱っている店に売りに行くのはどうでしょうか。一例として金の買取の場合を考えてみます。24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。お店の利益が引かれるので、流通相場より安い買取額になりますが、それでも、買取の一般イメージからすれば、いい意味で予想を裏切るような値段には十分なることと思います。相次ぐ不況で金の市場価値が上がっていると聞き、もう使わなくなった金のアクセサリーを買取ショップに持っていったところ、そのお店では、刻印の打たれていないものは買取を扱っていませんでした。刻印の入っているものもあったので、それだけ買取してもらってもよかったのですが、少ない点数では手数料を引くとあまりおカネにならないので、どうせなら全て一括で売却した方がおカネになると思い、貴金属のメッカである御徒町まで行ってきました。御徒町のお店は、町の買取ショップとは違う、本当の専門家揃いでした。見た目の検査はもちろん、比重を測るための色々な機械を駆使して、刻印の入っていない金にも全て買取額を付けてくれたのです。リーマンショックやギリシャの経済危機の影響を受け、金の価格が上がり続けているようなので、買取に出す場合も多いでしょう。金を売却した際には、年間20万円以上の利益が出ている場合などは、税務署で確定申告を行う必要が出てきます。インゴットなどの地金を売却した際の利益は基本的に譲渡所得となり、給与所得などと合わせて総合課税の対象になりますが、インゴットなどの地金の売却であれば、50万円までは控除されて非課税になります。一年間の譲渡所得や他の利益の合計が50万円を上回らなければ、税金はかからないということになります。最近は金買取を掲げるお店が増えてきましたが、そこでは多種多様な品物が買取の対象になっています。金買取というとおカネ持ちの世界という気がしますし、金の延べ棒であるとか、貴重な金貨であるとかを思い浮かべる場合がほとんどかもしれませんが、買取店で取引される品物はそれだけにとどまりません。メガネや金歯などもその一例です。メガネのフレームで金が使われているものや、古い金歯なども買取ショップでは売却することができます。金の買取を利用するとしても、思い立ってすぐさま買取店に走るのは得策ではありません。皆さんが思っている以上に、僅かな情勢変化により、金は買取額の変動が頻繁に起こるからです。そのため、ネットなどで金の相場を日々確認しておき、高値になるタイミングを見逃さないことに全てがかかっています。金買取がブームですね。古いネックレスが買取店でいくらの値段を付けてもらえるか気になるなら、ネックレスの裏などに刻印がないか探してみましょう。それが本当に金製であれば、金のグレードを証明する「K24」などの文字が刻印されていることが多いです。Kはカラットの略で、この数値は金の純度を表しています。金の純度は伝統的に24分率で表されており、K24なら純金という印です。もちろん、この純度が何%であるかによって買取額は大きく変動してきます。少し前に、金買取業者を名乗る人から電話がかかってきたことがあります。保険や不動産の営業なら珍しくもありませんが、商品を売りに来るんじゃなくて買い取るというのは初めて聞いたので、まずは話を聴いてみることにしたのです。いわく、アクセサリーなどの貴金属や宝飾品で、不要な品を買い取ってくれるという内容でした。若い頃に貰ったアクセサリーをそういえば使っていないなと思い、トントン拍子で、査定に来てもらう話がまとまりました。久しく会っていなかった祖母が先日亡くなり、形見の指輪などを相続で受け取ったのですが、傷物や色褪せているものも中には混ざっていました。今まで金の買取は利用した経験がなく、なんとなく怪しげなイメージもあったのですが、ホームページがしっかりしていたので、思い切って利用してみました。そうしたら、古い品物でも誠実な査定をしてくれ、お店の雰囲気も思ったより開放的でいい感じでした。金額もいい意味で予想を裏切るものだったので、利用してみて正解だったと今では思います。近年では、店頭ではなくネットを通じて金買取を行う業者も出てきています。買取額の目安がサイト上で見られたり、メールで簡単査定を受け付けているケースも多く、お客さんにとっては便利ですよね。しかし、郵送で買取を行う場合、商品と一緒に、免許証などの写しを送ることになります。また、なるべく高値での買取を狙うなら、条件の良いお店を選ぶことが大切です。鑑定料や、買取時にかかる手数料が引かれないところも多いですから、それも主軸としてお店選びを進めるといいでしょう。よほど大量の取引をしていない限り、金の買取で課税されることなどないでしょう。金買取を行っている業者のほうは、日々多くの金製品を売り買いしていますので、利益分を届け出て多額の税金を納めていることと思います。ですが、そこまでの金額を個人がやりとりすることはないでしょう。なので一旦は安心なのですが、税法が変わることも無いわけではないので、お店の人に確認してみるのが得策ですね。長年使っていない金やプラチナのアイテムをお持ちの方も多いと思います。ただ家に置いておくより、いっそ買取に出してはどうでしょう。ここ十年くらいで、そうしたお店は一気に増えてきたので、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、どこが一番高値を付けてくれるか色々と見て比べてみるといいでしょう。また、手数料の有無などでも大きな差が出るので、手数料の有無などは必ずチェックしてください。手持ちの金製品を高額で買い取ってくれるという宣伝を信じて買取を利用してみたら、あれやこれやと理由をつけて結局定額で買取に応じてしまった、などという経験をして後悔している人もいるのではないでしょうか。金買取もピンキリであり、ちゃんとした業者も多くある一方で、犯罪めいたことに手を染めている店もありますから、よくよく調べてから利用するといいでしょう。黙って泣き寝入りするのが嫌な人は、警察よりも消費者センターにまず相談してみるのが効果的です。全資産を現金で保有するのは少し不安ですよね。そこで、昔から資産家の間でよく使われているのは、総資産の10%から15%を金に変えて持っておくスタイルです。自分がそういうお金持ちではなくても、知っておきたいのは、果たしてどこで金を買えばいいのかという情報です。金を買ってみるのも悪くないなとお思いの方は、ホームページや店頭で金の売買価格をしっかり公表している、ちゃんとした信頼のある店舗で買うようにするといいでしょう。そうしておくと、今度は買った金を売却で手放す際も、失敗しないでしょう。万が一、盗品だった時のためにも、金買取時には、お客さんの身分証の提示が必須になっています。お店に直接持ち込む場合はもちろんですが、ネットを通じて郵送で買取を進める場合でも同様です。買取の際には、免許証など公に認められた身分証明証の提示を受け、店はお客さんの個人情報を記録します。郵送した商品を査定してもらう場合は、身分証のコピーを同時に送ることで法律の要件を満たすことになります。多くの金買取は法律に則って誠実に行われていますが、一方で、一部ではタチの悪い詐欺もはびこっているので気を付けなければなりません。中でも「訪問購入」のケースは悪質なものが多いので気を付けましょう。主婦やお年寄りを狙って家を訪問し、金製品を買取させてくれと一方的に言って居座ってくるのです。押し売りならぬ「押し買い」と言えるでしょう。買取価格も異様に安かったり、売らないと言ったものまで勝手に持って帰られるケースまであります。話に応じる素振りを少しでも見せると、後が面倒なので、そういう業者がやって来ても、一切相手にしないようにしましょう。プラチナと言われてプレゼントされたアクセサリーを買取に出すと、実はプラチナの代替品であるホワイトゴールドだと判明したなどというケースが割と多いようです。見た目は似ていますが、両者は全く違う金属で、価値も大きく異なります。古くはロシア革命の頃、プラチナの供給が激減したため、代わりに使われるようになったものです。日本でも昭和50年代までは代替品の認識でした。ホワイトゴールドは一般に18金か14金です、K18WG、K14WGなどの刻印があれば、ホワイトゴールドだという証です。ホワイトゴールドも金を含んでいますから、プラチナには価格で劣るとはいえ、勿論、金買取の対象になります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユイ
読者になる
2016年02月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tygiwa8e3damnr/index1_0.rdf