学校の対応

November 16 [Fri], 2012, 15:24
先日私の友人の息子さんにこんなことがあったのですこの様なケースがまた起きない為にと日記に載せてみたいと思いますもし宜しければ読んで頂きたく存じます金曜日、帰宅したらどんな時も天真爛漫な次男くんの様子が何となく違っていたので、よーく話を聞いていたら学校で、学校は楽しいですかいじめの場面を見た事がありますかという内容のアンケートがあり、次男は、ある子が結構ひどい事をされている事を知っていて、いじめられている子とはかなり仲が良く、いつも一緒にいて、お母さんに知られたくないから黙っているんだと言ってらしい何とかしたいと思ってアンケートに書いたらしい。
そしたらなんと先生が大勢の前で佐野くんが書いてくれなかったら大変な事になっていましたと名前を出して、当事者を怒ったそう。
となると、あとがどうなるかは大体想像がつきますよね。
結果は予想通り。
プラスいつも一緒にいたいじめられていた子もそのグループからも、知られたくなかったのにあいつが言ったということで、仲がこじれてしまったそう。
次男は見てた子はたくさんいたけどみんな書いてなかった。
でも自分は、いじめはメだと思ったから書いたのに。
と言って泣いた。
名前を言う必要があったのかそんなのアンケート意味あるの真面目に書いて、こうなるなら、誰も本当の事なんて書かなくなるよ。
次男は間違った事はしていない。
いじめた子、いじめられていた子も、大人だって隠しておきたい事をばらされたら、そりゃ面白くないに決まっている。
だから、その子達がどうとか以前に配慮が足りない所に完全に問題があると私は思う。
先生は素直に事実を知らせた次男を翌たつもりで公表したんだとは思うけど、そのあとどうなるかはまでは考えなかったのか。
名前を出した事で、今、こういう状態になっていると電話をした。
すると、それはおかしいから、休み明け、当事者を怒るからという返答。
今朝、次男はお腹が痛いと言って起きてきた。
高熱以外でほとん休む事のない学校大好きな次男。
今日は無理して行かなくていいと判断し、休ませました。
まず、担任の先生とお話。
先生は何度も何度も君にはこう指導しました、クラスのみんなとも今日佐野くんの名前は出さずに正直に話してくれることは大切なことなんだよと話し合いました、という話ばかりしている。
いじめはもちろんいけないhttp://www.korean-mailpal.info/ことだし、いじめをなくそうと一生懸命なのはわかる。
でも、今話しているのはそういうことじゃない。
いじめをなくそうという思いから取ったアンケート結果に対する今回の対応によって、また新たないじめのきっかけを作ってしまった事。
特に無記名で行ったアンケートからわかった事を当事者も含むみんなの前で発表し名前をだしたことが問題だ、と何度も言いましたが、どうしてもそこがわかってもらえず。
絶対に謝らない。
今の状態では安心して学校にいかせられないと伝えたけどうんうんと言っているだけ。
驚いたのは、いじめられていた君も今日休んでいるんですよーとさらっと言った事。
そりゃ、仕返しが怖いもん、休むに決まっている。
それが嫌でいじめられても、言えない子がほとんどなのにその子達のケアや守る準備もせずアンケートで分かったから、といじめた子を怒って終わり先生は、佐野くんは正しいことをしたんだから、私が守りますからと言ったけど、今回の事だってうちの子が言わなきゃ先生は気がついていなかったですよね。
そうやっていじめは、先生の見えない所で起きることなのに、守りますって言われても不安だし、名前を出してしまった以上、取り消すことは出来ないのだから、今後どうしていくのが子供達にとってベストなのか子供達のケアはどうしていくべきかを話し合いたいと言っているのに、佐野くんは間違っていないから大丈夫、子供達にもよく指導しておきます。
と堂々巡り話していて感じたことを確認してみた。
他の先生方、学校側は、こういう事が起きているという事実は共有していますかと。
やはり誰にも報告していなかった。
私個人で勝手に判断してやったことですからと言ったのでアンケートは学校の方針で一斉に取っているはず。
対応を間違えると新たないじめの種が出来てしまうという危機感を、学校全体でもってもらわなきゃ困る。
責任者に知らせる事で、結果としておおごとになってしまう事は、先生には申し訳ないとは思うけど、今起きていることを上の人たちも知っていてもらいたいので校長と学年主任も交えてお話したいです。
と伝えて初めて今回私が怒っているのは子供達に対してじゃなく、対応を誤った先生に対してだ、と気がついてくれた模様。
そして、校長先生と学年主任に担任が一から説明。
私も想いを伝え、今回の事は、完全に担任側の配慮の足りなさが招いたことであり、お母さんの言っている事が正B学校側としても、アンケートの情報管理を徹底し、今回の事も職員全員で共有します。
と校長先生が謝ってくれた。
担任の先生もここで初めて、自分の取った行動に対して謝ってくれた。
やっと、学校側と家庭が連携して、うちといじめられていた子、その他の子供達が安心して学校に通える為の体制をどう作っていくかのお話に進むことができました。
今回、あまりにも信じられない事態に対し、私も正直どう対応するのが子供達にとっていいのかわからず、かといって感情的に行動してしまっては、取り返しのつかないとても難しい問題なので、ここ数日、どうするべきなのか、色々考えていました。
揉め事は嫌なので、最初は先生に伝えて穏便に済めばという考えもありましたが、それは結局、私自身がどこかで自分を悪く思われたくないという思いがあるからで、昨日の先生方との話し合いの内容を振り返ると、学校が何とかしてくれるという甘い考えを捨てなきゃいけない、と腹をくくりました。
このままだと、結局同じ学校に通っている子や保護者がこの事実を知らずに終わってしまう。
子供達が大人を信用出来ないと感じてしまう事。
それだけ大変な事をしたのに、先生自体がまったく事の重大さを認識していない事。
これはもう、うちの子だけの問題じゃなくて、このままだとまた同じことが起きるし、この事が原因でいじめ自体がもっともっと埋もれてしまうと危機感を感じました。
公にすべきかここ数日悩んでいましたが、こういう事が実際に起きているという事実は、やはり教育委員会にも報告して教育現場や先生方の意識を改善してもらわなければいけない、という結達しました。
公表する事で、もしかしたら、万が一にも迷惑をかけてしまう事があるかもしれない。
そう思い、思いつく限りの方々に連絡をしたら、誰に遠慮する事もない、何一つ悪い事も恥じる事もしていないのだから堂々としていなさいと皆様に言って頂けました。
先生、子供達が大人を信じられなくなるような事をしないで下さい。
もっと子供達の気持ちを考えてあげて下さい。
子を持つ親としての声が少しでも教育現場に届くよう、頑張ります。
そこで、皆様にお願いがあります。
私はまだまだ未熟で、一人の力では微力すぎて、行動出来る事にも限界があります。
公表したいと思っても、どうしたらよいかわからず、アドバイスを求める事も多々あると思います。
お力をお貸し頂く場面が来るかもしれません。
その時は、どうかご相談に乗って頂ければ、と思います。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。
との事でした。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tyg8t3wd67
読者になる
2012年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tyg8t3wd67/index1_0.rdf