茶専科の目(アイデア) 

2007年09月09日(日) 22時32分
ドリンクに押されリーフの需要が落ちています。
ドリンクの消費が増えれば、お茶を飲む習慣は増えますが、急須で入れる面倒なリーフは避けられ
ます。
ではインスタントコーヒーをヒントに100g500円~1000程度のインスタントお茶を作って売り出せば、新しい販路が見出せると考えます。
お湯を入れるだけOK。
大手は大手なり。小さい茶匠でも、ブランドを起こしやすいと思います。

つづく。

茶専科の目(仕事の均一化) 

2007年09月04日(火) 21時00分
今の時点で面積の多い少ないで、各家の仕事が増減しています。
余力がある家、無い家。
茶園を増やしたくても、簡単には増やせません。
まだゆとりがあり働けるのに、仕事に制限が出てきています。
逆にゆとりがなく、日々の仕事に追われて、回しきれないため制限が出ることも。
意欲のある仕事の均一化は、必要です。

つづく。

茶専科の目(小売) 

2007年09月03日(月) 22時19分
ここ最近、お茶の価格が下落しています。需要と供給がうまくいっていないからでしょう。
需要を増やすことが大事だと思います。
どうすればいいか???
お茶に関わる人にとtってお茶を作るだけでは、厳しい時代になって来ています。
生葉1万キロから約2千キロのリーフ(茶葉)が出来ます。
ただお茶を刈るだけではなく、製品の1割でも生産者が買い取り、売ることを求めていくとしましょう。
お茶工場の売り上げ1割〜2割増でしょう。
生葉1万キロに対して200キロの小売がノルマになります。
しかし全ての人が売れるかは疑問ですが・・・。
売れない!ではなく売らなければならない!!!
なのではないでしょうか???
売り方のヒントはまた後ほど。

つづく。

茶専科の目(農閑期) 

2007年09月01日(土) 22時41分
お茶は4月〜11月くらいには仕事がまとまってあるのですが、12月〜3月の仕事はそれほどありませ
ん。ここで大体の人がレタス栽培か外の仕事(雇われ仕事)に付きます。何か悲しい気がします。
それが悪いわけではありませんが・・・。自分も外の仕事にいくので強くはいえません。
しかし考え方を変えると面白いことにぶつかりました。
それは茶の実です。
茶の実は昔、食用にも使われていた油分を豊富に含んでいます。
殺菌作用のサポニンも豊富に兼ね備え、虫が寄らないとも言われています。
肥料としても効果抜群のようです。
人の肌にぬれば、ピカピカになり・・・・。
などなど利用法は多様にあるのではないでしょうか。
しかし手入れされた畑には花はそれほど咲きません。
花が咲いて1年4ヶ月あまりして茶の実ができます。
正常な畑からは数量は期待できません。
・・・という事は荒れた畑!!!
そうです。近頃手入れされていない畑を多く見かけます。
茶の実が一番取れるのは冬場。
今は台湾などから茶の実を輸入してるようです。
需要と供給が折り合えば、農閑期に、荒れた畑を使い、茶の実拾いをすることが現実に行われることがあるかもしれません。

続く

茶専科の目(団塊世代) 

2007年08月31日(金) 22時50分
団塊の世代近辺の年代が、一番茶業にかかわり知識を持っているのではないでしょうか。
しかし、生かしきれているかは疑問が湧きます。体力的に厳しい職であることは確かです。
後継者不足についてはふれましたが、どう考えているのか・・・。日ごろから疑問に思っていました。
15年20年先を考えて茶業をしているのでしょうか。体力的に落ちた体で現状を維持することが出来るのでしょうか?難かしいと考えます。
やれるまでやる。今の体勢を変える必要があると思います。自分さえ良ければいいを捨てるべきなのだと思います。全ての世代に言えることですが、自分の家が儲かればいいという考えを捨て『自分が儲かる=誰かが犠牲』そういう考えを持つことが大切でしょう。
団塊の世代に望むこと。プライドだけではご飯は食べられない。手を取り合う柔軟性が必要だと思います。

続く

茶専科の目(若手育成) 

2007年08月30日(木) 21時27分
自分は24歳です。お茶農家を継ごうとしている20代が何人いるのでしょうか?
私の住む勝間田では10人程度じゃないでしょうか。
なぜこのような事態になっているか・・・。
原因はいろいろあるでしょう。それを今言うのは見当違いなので・・・。話しを先に。
この状態を真剣に受け止めている人はあまりいないのではないでしょうか。
まだ40代〜70代くらいの方々の体が動くからです。危機感が無いのか、お茶を止めると考えているか・・・。どちらかでしょう。
お茶の後継者が1年や2年でできるのでしょうか?そんなことはないです。自分が今5年目ですがまだまだですから。
では後継者を育てるにはどうしたら良いかそこを考えなければいけないですね。
このままで20年後の茶業を想像できません。

続く・・・

心機一転 

2007年08月30日(木) 21時11分
皆さん。。。長い間ご無沙汰しておりました。
茶専科をパワーアップしてお送りしていきたいと思います。
字がメインになっている、堅苦しいブログになることを先に宣言します。


目的

お茶をまじめに考える場として考えております。お茶に興味や関心などある方を待っています。
貴重な意見や質問疑問アイデアなど、コメント頂ければ光栄です。



2007年09月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tyasenka
読者になる
Yapme!一覧
読者になる