お・・・終わった

March 14 [Wed], 2018, 16:30
プロポーズに近いことを正月休みにした。
喜んでくれた。

ところがその後デートで失敗が続き二人の間にみえないヒビが入っていたようで
ついに別れることになってしまった。

あっという間の出来事だった。

昔付き合っていた人に言われた事と全く同じことを言われての別れ。

自分は成長できてなかったなぁと・・。

久々に自分の情けなさに泣き崩れましたよ。

また一歩一歩頑張っていこうと思う。

いやあ、ツラい。きついわ。。

大きな進展と2017が終わる

December 26 [Tue], 2017, 22:08
二人いる弟のうち、
上の弟が来年結婚することに。

・・・そして、
正真正銘のニートだった下の弟が遂に・・!!









県外の彼女(?)と同棲することが決まった。
彼女のアパートに転がり込むようです。

・・・えっ

えええええええええええ


って感じですが。。。

とりあえず、
大きな進展。

ノリとかではなく、お互いの親に挨拶にも出向いていて
結婚前提のようです。

お相手の方はかなり真面目な人。というか立派な人。

母親、大喜び。

我が家としては、不安要素がいきなり解消され
若干心の整理がついていないくらいです

まさか自分が一番最後になるなんて思ってなかったけれど、

しっかり大トリ努めたいね(?)。。

弟のこと

September 15 [Fri], 2017, 1:29
書いたか覚えてないんだけど
弟がふたりいて
下の弟が大卒後、4年経過し未だニート。

この夏に
「おれも家の仕事継ぎたい」

的な相談をしてきて
父親は喜んではいたものの、
仕事の容量からして1人を1年間給与を払えるほどの力がないため
泣く泣く断りはした

断りはしたが
忙しい日があるため
バイトとして手伝わせてる。

そろそろ良い歳なんだけど
本当にのんびりしている弟。

彼は
野球少年だった頃
親のゴマすりが足りなかったのかレギュラーになれず
背番号もらいながら一試合も出ないで高校を卒業した。

そこから周囲を見返してやろうと奮起したのか
大学では卒業後警察官になる!と目標をもっていた

そしてかなり勝機はあったようだが
彼の予想とは裏腹に一次試験であっさり落ちた。

その後、何を思ったのか就活を全くせずに卒業。

卒業後もハロワーに行くこともせず
家で毎日ぼーっと過ごしてる。
たまに家の家事を手伝うことはある。

家族に反抗するようなこともしない。
どこか魂が抜けたようにみえるが
彼はかつて周囲から人気者だったようで
友人の誘いで週末には遊びに出かけてる。


正真正銘プー太郎。

でも本当は素直で良いやつなんだよ。



少し弟の今後に
手をつけるべきかと思ってる部分はある。

同じように庭屋として生きていくべきかと問われたら
反対だ。

理由は金銭的にきつい仕事だからだ。
はっきりいってその辺のコンビニでバイトしてたほうが良いくらい。

そういう意味で
普通にどこかで就職してほしいと思っている。

野球やってきたから体つきは良い。
身長も体力も人間性も職人として問題はない。

家の仕事として考えた場合、
父親の引退後まで想像すると弟の存在はいずれ大きくなる。

これまで自分は
父親の引退でおれもこの仕事辞めてもいいかなぁと思ってる部分もあった。

自分がこの仕事はじめた理由は
父親の手助けと、弟の大学資金の捻出だった。
その目的は父親の引退で完遂することになる。
それからどうするか。
正直まだ見えていない。

一応、今後もこの仕事続けていけれるような人間関係を作ってはいる。

地域交流として
消防団、祭り役員、
仕事関係として
他の造園業者さんとも複数付き合いがある。
兄貴のような存在もいる。

自分ひとりの今後を考えると
客観的にみても死角はないように思える。

その中で
弟を巻き込むか。

毎月弟に給与を払えるほどの仕事量がない。
であれば
弟を他の造園屋に売り込むべきか。


弟は人当たりがいい。
アドリブがきく。
誰にでも面白いことが言える。
嫌味のない外見。
楽観的。
営業向きなだよ、

いや、なんでそれで未だニートなんだよ・・。

っと、長男としての悩みは今後も続きそうだ。



話は続くが、

3兄弟だったから
3本の矢という言葉が小さい頃から好きだった。

三本の矢発祥の毛利家は
三兄弟を別々の道で歩かせた。

三人力を合わせて・・・

というが、本質は
三本のうち一本でも二本でも毛利の血を残せればという想いだったように思う。

案の定一本目の矢はすぐに折れてしまった。長男は暗殺されてしまったのである。

しかし
二本目三本目の矢は一本目の矢が残した子を中心とし力を尽くしていった。
そして毛利家は永世に続き
今でも三本の矢という言葉が残ってる。


なんというか、
そういう意味で
三兄弟、違う業界でやりくりしていくことが良いことだと思ってる。
経済は生き物。
目まぐるしく動く。

今良いとされる業界は今後も良いままかなんて分からない。
かといって、今悪いとされる業界が今後良くなるかなんて分からない。

とりあえず

バイトとして一緒に仕事する時間を大切にしながら
弟の意思を確認しながら今後の話をしていこうと思う。

あっという間

September 13 [Wed], 2017, 17:59
あっという間に1日が終わり
あっという間に一週間が終わり・・・。

ときどき、
今日は7月の下旬だったな、たしか2・・ いや、全然違う、今は9月半ば・・!

っとか、

腹減ったなぁ、昼休憩まだかなぁ・・と、とっくに飯は食べ終わっている3時頃ふと感じたり・・。


物事があっという間に通り過ぎていくのに
自分はその場に立ち尽くしているような恐怖心を感じることがある。

前に進まなきゃ、
何かを決めなきゃと
自分に言い聞かせるんだけど
なんだかピンとこない。

先月、旅行をよく一緒に行ってくれる身近な友人が結婚をした。

彼も同じようなことを考えていたようで


今年のGW休み最終日の昼。

小さな公園のベンチで30過ぎの男ふたり
少しぬるくなった缶ビール片手
遠くをみつめながら

「人生一通り遊んだし、この辺でいいかな」

とつぶやく。

年末あたりに結婚でもするか

っと。


結局、
年末待たず、この夏に籍を入れたという。

当然彼は

お前もはよ結婚しとけって付け加えての報告だった。


このタイミングかもしれない。
でも前向きなタイミングなんだろうか、
っと、多少の疑問はある。

なんだろう。

時間だけが過ぎていく感じ。

うん、アカンなぁ。

2016年も終わり

December 26 [Mon], 2016, 17:34
2016年も終わり。

今年よく頑張ったなぁと思えるのは
勉強だろう

仕事終わってから身支度して
数冊の経済書をバッグに詰め込み
ショッピングモールのフードコートやガスト、マクドナルド、モスバーガー・・に行き、
ひたすら一人読書したっけ

もちろん店舗に迷惑かけないよう土日は控えて
ガラガラの平日オンリーで。

消防団は今年の前半はかなり頑張った。
来年以降はもっとしんどくなるから慣していかないとなぁ・・

祭り関係は
すんなりと立ち回れた気がする
特に深く考えなくとも
地域交流は上手くやりくりできる人間になれたのかもしれない

仕事のほうは
やや失速気味か

といっても年金貰う年齢になった父親に合わせながら動いてるから
特に無理するつもりもない
むしろ、もうすこしブレーキを踏むくらいがちょうどいいのではないかと思ってる

プライベートは
彼女にいろいろと心配をかけた
年齢的にもそろそろ結婚を意識しなきゃと思ってる

正直なところ
自分の低収入が次のステップに踏み出せない重しになってる
その重しを排除するには
給料+株式投資による複利の拡大化と考えは行き着いていて
その実践を続けてる
もう何年だろうか。

まだまだ綱渡り感あるから
もうすこし地に足をつけたいが
現状を脱却するのはこんなにも難しいことなのか・・と心が折れそうになることが多い。

普通のサラリーマンが羨ましくもなる・・。

とはいえ、普通のサラリーマンも株持ってるよな・・。
人はあんまり変わらないか。

今のところ、今年をいい形でゴールできそうだ


来年の自分よ、
今年ほどじゃなくていいから
もうすこし一つ一つのことを楽しんでいけよ

30歳ももうじき終わりだけど

August 24 [Wed], 2016, 1:38
30歳超えると忙しくなるっていうけれど、
本当にそうなってきてしまった

充実はするんだろうけど
思いのほか重要なポジションになってきていて
本当におれができるんだろうかって問題が多い

そういう胸中であるんだけれど
20代の半ばに読んだ本からの知恵が
今になって役立ってきている

「頼まれごとは試されごと」
「自分にできないであろう話は誰も持ってこない」

こんな文面だった気がする
たしか、中村文昭さんの本だっただろうか

本を読む習慣が少しずつ身についてきている
これをやめたら自分の成長は止まるんだろうなぁ

いろいろと思うことはあるけれど
人に必要とされる存在ってのは大変だろうが
それを目指さないと生きている意味が分からなくもなる

やりたいことと、やらないといけないこと
やらなくてもいいこと、やってはいけないこと

単純に、今を楽しんでる

あっという間に2015年。

May 15 [Fri], 2015, 23:57
一年ぶりに更新。

コルムっていう10年前にやってたネットゲームが急に懐かしくなって
いろいろまわって見てた。

二十歳そこそこの頃に、そのコルムで仲良くしてくれたギルドのメンバーの人たちで
東京でオフ会があって、電車を乗り継いで会いに行った事がとても懐かしい。

オフ会で顔を出してくれたあとに、すぐに消えてしまった人がいれば、
北の国へ帰っていった人もいるし、
初対面なのに1晩泊めてくれた人や
呑み代全部出してくれた人もいて。

それでも、
どの人のブログも更新が何年もなかったり、消えてしまったりで
みんな元気なのかすら分からないし、
もう実名も、キャラ名も、HNもうろ覚えで、
忘れていく記憶が少し怖くなる。

このブログも、もしかしたら何年か後に誰かが読んでくれるかもしれないので、
書き残しておくことにしよう。

振り返ってみると、
最初は「風の末裔」っていうギルドにいて、
ほていさんや、鬼の姉さんや、ダルシムさんや、ゼファイさん、炎月さんって名前が記憶に残ってる。

そのあとに、「天紡ぐ祝詞」ってギルドのマスターであるカズビシャスさんと軽くチャットして
入れてもらったんだけど、すぐにギルドは解散してしまうんだよね。
それで途方に暮れていたら、
✩maya✩さんがRELORDって名前のギルドを作って拾ってくれたんだよね。
そのときに、ブルさんや蒼さんや風たんさんと仲良くしてもらった気がする。
あれ、そのときにnumakaz君もいたのかな?
アーネンエルベV君もいたりして、アーネンエルベV君の友人のソサもなんとなく覚えてる。
月夜に吸収合併?されてからは、
アリスさんとか、アリスロイさん?アルテミスさんとか、
ヴォルヴォルさんや、頼光さんや、ひなたんって、いろいろ名前が蘇る。
閃光さんって人もいたかな。最初、読み方が分かんなくてね。
姫ちゃって人もいたなぁ。くるくるぱー作戦とかっていって、
ソーサレスでクルクルまわりながらモンスターを釣ったりしてたっけ。

パソコンのスペックが全然足りなくて、
ギルドに貢献することなく、チャットを汚しては反省、汚しては反省の日々だったなぁ。
みんな、自分より少し年上の兄さんや姉さんだったから、本当に優しい人ばかりだった。

全力魂ってキャラ作ったら、蒼さんとかあねちゃが笑ってくれたの覚えてる。

もう10年近く経ってる。
時間は本当に早いものだ。
でも、思い返すと意外と思い出せるもの。
ネットって、本当に不思議なものだ。

久しぶりに更新

June 25 [Wed], 2014, 20:05
かなり久しぶりに更新。
最後に更新したのは1年以上も前だったんだね・・。

あれから世の中も自分もいろいろな事があった。

消費税が8%になるとは思ってなかったんだけど・・。

想像していた以上に安倍政権は救国内閣ともいえるような働きをしているように感じる。

あれだけ懸念されてたTPPも日本有利の形にならないと同意しないとか、
農業を独裁してきた農協にメスを入れる動きとか、
河野談話を検証することによって国民にずさんな談話であったことを見せ付けたりとか、
日本の自衛隊艦にアメリカ兵とオーストラリア兵を載せて中国をけん制したりとか、
ロシアの経済難に目をやりながら北方領土返還を探ったりとか、
笑顔で韓国を無視ししながら
不安定な北朝鮮に手を差し伸べようとみせかけて拉致被害者の調査に動いたりとか・・。

ただ、あんまり熱く語ると
ネットウヨとかって揶揄されるから気をつけてはいる。

揶揄してくる人に、

「なら政治家なら誰がいいの?政党ならどこがいいの?」

って聞くと、コピペのような答えを返してくる。

「政治家はみんなだめだよ」って。

でも、それが一般的な今の日本人なんだろうと思う。
日本人はものすごく立派で強い。
だから、誰が政治家になってもなんとかしてしまうのが国民なんだろう。
治安や秩序、マナーにおいても世界で一番だから大きな問題が起こってもうまい具合に片付けてしまう。
寄生虫のように韓国や中国なんかは謝罪や賠償といって金を日本からむしりとったり、
在日企業が日本で儲けた金を韓国へ送金しまくったりしても、
それ以上のスピードで日本は莫大な財産を築き続けてしまうのだから他国からみたら日本はあまりにも恐ろしく見えているのではないか。

日本のマスコミは左翼集団みたいなもので、
日本人目線よりも中国や朝鮮をはじめとした、他国の目線でニュース記事を書く。
日本は反省しないといけない、とか、世界との差がある!とか、そんなニュースばかりだから
国民は日本の将来を悲観して自虐史観になっていく。
でもそんなことの繰り返しもあってか、
日本人はものすごく頭の切り替えが早い。

今日の早朝に日本のW杯GL敗退が決まったけれど、
国民は明日にはサッカーのことは忘れて、
スポーツ好きは週末になればプロ野球、来月には大相撲に目が移っているだろう。


っと、久しぶりの日記なのに、いきなり国について語ってしまった変人なんだけど、
個人的な話。

以前、コンタクトレンズの不衛生な使用による影響で
角膜潰瘍という病気になり、2週間の入院をしてしまったわけだけど、
先週の金曜日から、
再びそれに近い症状が現われてしまい、ここ二日間仕事を休んでひたすら点眼しているところです。。
悪化の進行が止まってはいるが、まだ治る気配がない。情けない。
使い捨てワンデーだから大丈夫と油断をしてしまったらしい。それに多忙となって体に疲労感が蓄積されたのだろうと反省している。
体を休めろ!っていう事なんだろうって勝手に解釈して
なんとなく落ち着いてパソコンの前に座っていたら、この日記の更新でもしようと思って、こうしてキーボードをカチカチやってる。

今年に入って、某アプリ?を通じて彼女ができて
毎日寝る前にラインするのが日課になってる。
片道3時間ほどの距離がある。でも月に1度、2度のデートをさせてもらってる。
年下で可愛らしく優しい人。
先月、自分の過ちで別れ話になっだりしたけど。。


株保有はまだ続けてる。
理由はデフレ脱却が本当にできたとき
インフレという正常な経済軌道に乗っていくことになる。
そうしたとき、流動性のある金融資産で持っていたほうが、
かえってリスクは低いのではないかと考えているから。
貯金は大切って人は言うけれど、
バブル崩壊と20年近くのデフレ不況だったからそういった考えが主流になっていただけであって
今は、それが継続するのか転換をするのかといったポイントにある。
だから、今までの考えが崩壊する可能性や部分がある訳で
主流を真似たところで堅実さはあっても面白さは無いように思う。
多少のギャンブル精神は人にあったほうが人生は時に楽しくなると思う。

相変わらず自分は変わっているなぁ。

がんばろう日本

May 06 [Mon], 2013, 2:04
先月は念願だった九州旅行を決行した。

北海道からきていた先輩。
5年間、こっちのほうで修行という形で仕事をしてきた。
4月で北海道へ帰るということで
帰る前に車で行けるところは行ってあげたいと思い、
先輩に行きたいところをリストアップしてもらった。
結果的に
四国経由で九州へ渡り、
九州地方を車で1周るルートを取り、
その後、中国地方へ渡ってという、
まさに西日本一週旅行ともいえる旅行となった。

3人で出かけたわけだけど
帰宅してから速攻でリバース。
風邪をひいて3日間ダウン。

本当に体力の限界まで遊んだイベントになった。

先輩は無事に北海道へ帰っていったけど
生まれ育った故郷で活躍してほしいと思う。


西日本を周り、
なんだか日本中が活気に溢れて見えた。

そして、これだけコンパクトな島国なら
広大な大陸部の国は機動力で日本には勝てないだろうと感じた。

がんばろう日本。
この言葉も風化しつつあるけれど
本当の意味で
がんばれる時代がこれからはじまる。

そう実感するまでに
1年、2年はかかるだろうけれど
その時に備え、
日々努力を重ね、
新たな仲間ができるよう、自分を磨いていきたい。

できうる限り多くの人に感謝できる人間になれるよう、がんばろうと思う。

2013年

January 17 [Thu], 2013, 22:12
ちょっと遅くなったけどあけましておめでとうございます。

つぶやきみたいなブログになってしまったけれど
たまに覗いてくれている人がいるみたいで嬉しいです。

個人的な話よりも
最近は国について。

って、すごい堅いような話?って思うけど
そうじゃなくて。

世の中ってなんで不景気なんだろうって思ってた。

マスコミは
日本は成熟した!とか、
少子化だからしょうがない!とか、
日本は敗戦国なんだから一生反省しないといけないとか。

そんなんじゃ良くなるわけないよなぁ、
一生不景気なんだろうなぁって思ってた。

でも、
この前の衆議院選挙のときに
本気を出して勉強をした。

そしたら、
今言った話が全部嘘だったって分かった。

経済に成熟なんてない。
経済は成長するものだ。

少子化も不景気でそうなってしまってる部分があるし
少子化だから景気が悪いんだったら
中国はどうなの?
子沢山のアフリカはなんで成長できないの?
っと、
少子化が原因で不況になったわけじゃないって分かった。

日本はたしかに敗戦国だけど
それだって70年も昔の話じゃないか。

いい加減、敗戦国なんかじゃなくて
日本国になってくれって思った。

借金がやばいとか言ってるけど
日本人が借金してるんじゃなくて
日本政府が日本人から借金をしてるって仕組みも理解できた。

そんなこと考えていたら
自民党の安倍総理が
すごい真っ当な事をやろうとしているんだなって思った。

そしたらすごい将来にワクワクするようになった。

マスコミや世の中の人は
消費増税に向けて
いろいろ資金練りとかしてるみたいだけど
消費増税なんてありえない。

安倍総理や麻生財務大臣は
一度も消費増税をする!って言ってないじゃないか。

消費増税をやるにはデフレ脱却を条件って言ってるじゃないか。

デフレ脱却できたかどうかは
4月5月6月の数字をみて判断って言ってるじゃないか。

20年もデフレ不況なんだから
あと3ヶ月で脱却できるわけない。

って、思ったら
消費増税なんて絶対に撤廃されるんだろうなって思った。

今まで、消費増税前にトラック買おうと思ってたけど
その資金を全額、株式投資にまわすことにした。

思い切ったっていうよりも
良いと思うことを実行してるだけ。

本当に本当に
自分なりにだけど勉強してきたつもり。


この国は良くなる。
そう思ってるし、信じてる。

そんなこと、考えてたのは選挙前。


やっと円高是正に向けて走り出した。

株の売買の利益だけでトラックが買えるところまで来た。

もちろん、
ずっとずっと上手くいくなんて思ってないけど
ひとつの自分の人生のイベントとして
がんばると何かが返ってくるんだなって分かった気がする。


10年前に亡くなった親友の家に
9年ぶりに線香をあげさせてもらいに行った。

おふくろさん、すごい喜んでくれて
2時間くらいお話をしてくれた。

良かった。

良い事をしたんだなって思った。

ついでに庭仕事もさせてくれるようになって
なんだか
10年前に亡くなった親友から
いまだに自分は助けられているんだなって思った。

感謝したいけど、
それを伝えることしかできないのはつらいけど
こんな気持ちを持ち続けることが
きっと、なにか大切なことに繋がっていくんだろうなって思う。

今年はどんな1年になるんだろう。

もう27歳。

今までで一番の歳になれるよう
感謝と努力を続けていきたい。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:たこやき
  • アイコン画像 性別:男性
  • アイコン画像 誕生日:1985年
  • アイコン画像 血液型:O型
  • アイコン画像 職業:自営業
読者になる
 大きな人になりたい。
Yapme!一覧
読者になる
P R
2018年03月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
☆最新コメント☆
アイコン画像なつ☆
» 2016年も終わり (2016年12月31日)
アイコン画像なつ☆
» 久しぶりに更新 (2015年04月10日)
アイコン画像たこやき
» プラスとマイナス (2012年11月03日)
アイコン画像Bty
» プラスとマイナス (2012年10月21日)
アイコン画像ちゃこやき
» いろいろと (2011年05月24日)
アイコン画像夏星
» いろいろと (2011年05月20日)
アイコン画像ちゃこやき
» 将来へ (2010年08月28日)
アイコン画像夏星
» 将来へ (2010年08月10日)
アイコン画像おれんじ
» いろいろと (2009年12月17日)
アイコン画像ヴォルヴォルさん
» いろいろと (2009年12月10日)