fhsg

April 27 [Sat], 2013, 21:45

気を付けてほしいのは特に「年功序列型のトラディショナルな企業から、パフォーマンス重視の外資・ベンチャーに転職」のケースです。「住宅費補助付き。残業代は全額支給」など、伝統的な日本企業は福利厚生などの総合的な報酬が充実しているところが多いです。対して外資・ベンチャーは福利厚生を抑える代わりに年収を増やしているところもありますし、成果が出せないと年収ダウンのリスクもあります。
「年収は増えたけど、毎年貯金できる額は減った……」ということだって十分に起こり得ます。転職することで、なぜ自分の年収が上がるのか。その理由を把握せず安易に転職すると、入社からしばらく経って後悔することになりかねません。

転職をするのに、エージェントを使う方が最近は多いです。
ナース転職口コミ.bizが人気ですね。
ナースの転職は、ナース転職クチコミ.bizが評判が良いです。
ナース転職比較.bizは、分かりやすいサイトで口コミ人気が高いですね。

一般に、職業的人材価値を得るためには、現実にその仕事ができる「能力」と、その能力を仕事で使った「実績」の両方が必要だ。これらを作ることができるのは、30代の前半までであり、35歳を過ぎると、人材価値がない人は好条件で転職10+ 件することができない。
どんな大企業でも将来必ず安泰というわけにはいかない。企業が無事でも、雇用は流動化しつつあり、あなたが雇われ続けるかどうかは分からない。頼るべきは、自分の「人材価値」だけだ。35歳までに人材価値を確立することを目指そう。

転職サイト探しなら、転職看護師口コミ.bizが看護師さんに評判が上がっています。
ナースの転職なら転職ナース.netが良い就職ができそうです。
転職口コミ.netも凄腕のエージェントがそろっています。

リーマンショックの影響もあり、前回転職した時と比較して選択肢(求人数)が極端に少ない状況でした。特に自分自身の経験分野である半導体は非常に厳しい状況であることがわかっていましたので、自分で求人を探すだけではなく、人材紹介サービスを利用してみようと思い、パソナキャリアに登録しました。
キャリアアドバイザーの方との面談では求人を紹介されるだけなのかと思っていたのですが、まず初めにお話したのが転職とは無関係な質問だったので驚きました。後から聞いて知ったのですが、直接的にではなく間接的な質問から、私にどんなタイプの企業が合うか、私がどのようなポイントを重視しているのかを探っていただいていたそうです。

転職の比較は転職比較.netで有利な就活をしたいですし、
プチ活で有利な婚活もしたいですね。
就活も婚活も頑張りましょう。

春といえば、就職や転職、異動など環境の変化が多い季節。まだ新生活に慣れない中で、毎朝の身支度もバタバタ……という人も多いのではないでしょうか。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ty
読者になる
2013年04月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/ty456a/index1_0.rdf