びっくりするほど聞きたい!融資・借入れ選び方情報館

December 20 [Tue], 2016, 16:50

カードローンの返済はリボルビング払いが主流ですが、具体的に如何なる返済企画なのか今一思い付かという方もいるのではないでしょうか?
なので今回はリボルビング払いはどういう返済企画なのか、恩恵や足もと、ポイントに対して説明していきたいと思います。

リボルビング払いの主な姿は2つあります。
月間一定額を払う、他に借り入れを通しても1つの借入残金として考えることが出来るだ。
一時払いは1回、融資は3回、6回といったように支払回数を決めて返済しますが、リボ支払いの場合は1回程の返済プライスを〇〇円といった司る返済企画だ。
たとえば30万円の借り入れを通してリボ支払いで月間3万円を返済やる契約をすると返済回数は10回に、月間5万円の返済をする入会なら返済回数は6床となります。
リボ支払いによる返済は月間一定額を返済するため月々の返済プライスは変わりません。
借入残金が減ったとしても返済プライスははじめに決めたプライスから減ることがないのです。

リボ支払いで返済やる途中で加算の借り入れをした場合、既存の借入残金に借りた価格は上昇されます。
たとえば30万円の借り入れを通して月間3万円の返済を通してあり、5ヶ月瞳でお金が必要になり追加で20万円の借入をしたという行う。
さすが借入残金は目立ち35万円となりますが、でも毎月の返済プライスはこれまでと変わらず3万円を支払っていくことになります。

リボルビング払いにもバリエーションがあり、主に使われているのが「残高スライドリボルビング方式」「残高スライド元利定額リボルビング方式」「定率リボルビング方式」の3つだ。
残高スライドリボルビング方式は返済プライスが残金を通じて繋がる返済仕法だ。
借入残金が小さくなればそれに従い返済プライスも小さくなり、逆に借入残金が多くなると返済プライスも高くなります。
リボ支払いには問題点があり、それは返済プライスが一定であることです。
返済途中で加算の借り入れを通して借入残金が変わっても返済プライスはいっこうに貫く通りだ。
借入残金が増えても返済プライスが変わらなければ強敵皆済させることが出来ず、このまま返済と借入を続けていては借入プライスだけが増えていってしまう。
こういう不調を解消すべく生まれたのが残高スライドリボルビング方式なのです。
借入残金が多くなったときはそれに従い返済プライスを手広くして皆済できるようにしています。
たとえば借入残金50万円で毎月の返済プライスは5万円、借入残金が100万円で毎月の返済は10万円、借入残金が150万円のときは毎月の返済プライスは12万円といったようにだ。

次に残高スライド元利定額リボルビング方式だ。
こういう返済仕法は、残高スライドリボルビング方式に組織均等という仕法を追加した返済仕法だ。
残金に関する支払プライス+利息=月々の支払プライス、これが元利均等の哲学で、たとえば月間5万円の支払をするとしたら利息取り分もそこに含まれます。

たとえば金利15パーセントで30万円の借り入れを通して月間5万円の返済をすると行う。
こういう5万円の返済額には利息が塞がり、利息を引いたプライスが元金返済取り分として充てられます。
ちなみに月額瞳の利息は、50万円(元金)×15パーセント÷常時×30日=約3698円となります。
50000円−3698円=46302円、つまり最初の元金返済プライスは46302円だ。
2ヶ月瞳の利息プライスは(30万円−46302円)×15パーセント÷常時×30日=約3127円として、50000円−3127円=46873円、46873円が元金返済取り分として充てられます。
元利均等返済は借入残金が減っていくに連れ利息も少なくなっていきますので、その分元金返済に置きられる配分が上がるという特徴があります。

そうして最後に定率リボルビング方式だ。
こういう返済仕法はリボルビング仕法に定率仕法を組み合わせた支払仕法だ。
定率リボルビング方式は借入残金によって付きパーセント払いますというものです。
たとえば30万円の借り入れを定率リボルビング方式で月間5パーセント返済そうすると行う。
この場合の返済プライスは、初月が15000円、2ヶ月瞳は14250円、3ヶ月瞳は13537円といったように借入残金が減っていくに連れ返済プライスも少なくなっていきます。

リボ支払いには恩恵もあれば足もともあります。
一旦恩恵しては毎月の支払プライスが規定な結果投資しやすく計画的に返済見込める時。
どんどん繰り上げ返済が可能なことです。
案外知られていないのですが、リボ支払いは何時でも繰り上げ返済をすることが出来ます。
余裕がある月に繰り上げ返済すればその分元金を燃やすことが適い無駄な利息を統べることが出来るお得な返済企画なのです。
逆に足もととしては手間賃が高いことが挙げられます。
小分け貸し出しと比較するとリボ支払いの金利手間賃は15パーセント〜18パーセント時分といったとても高いです。
またリボ支払いは借入残金が増えても毎月の返済プライスが貫く結果知らない間に応用プライスが膨れ上がってしまう可能性があります。
その結果、自分の給料では返せないほどの借金を背負うことになり、自己破産や債務整理といった企画を売る方も少なくないだ。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Ryuusei
読者になる
2016年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる