岸上の表

December 25 [Fri], 2015, 17:02

海外で医療に携わる者として何かできる事がないのかという思いを抱える看護師の人も少なくないでしょう。海外でも看護師の需要は大きくなる一方で、笑顔で患者を支えることの出来る看護師は、多くの国で求められている職業です。当たり前の事ですが、海外では患者とやりとりをするうえで英語が必要になります。海外で看護師として活躍したいのであれば、積極的に英語を学ぶようにしましょう。


新卒や既卒で看護師としての就職先が見つからずに失敗が続くという場合、年齢が壁になっているかもしれません。実際の求人には年齢制限の記載がない場合がほとんどですが、場合によっては、病院が内実に採用の年齢を決められていることも、珍しくないのです。中でも、30歳以上で未経験の場合、かなり大変ですので、相当な努力をしなくてはいません。看護の学校を出て、初めて看護師として働き始めた新人だったり、他の病院から転職してきた看護師の場合、病院によりますが、残業代が出ないという職場があるといいます。残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、新人だということは何の言い訳にもならずはっきりと労基法に違反しているのです。



就業時間の内にできなかった仕事を時間外にしているだけ、などと考えず、こなした分はしっかり、給金という形で手に入るのが当然なのです。



看護師というものは特別な仕事だと思われることも少なくありませんが、他職種と同じように、労働組合がないと雇用条件において不利になることも生じて、患者さんに悪い影響が波及することもあるかもしれないのです。ストライキを起こそうにも看護師という仕事では難しいため、雇用する側の人達が適切に配慮することが大事だというのは当然の事実です。看護師が外科に勤務する時の考えられる良い側面と良くない側面を知っておいた方が無難です。


手術を受ける前の患者や手術を受けた後の患者の看護を行うことによって、とても勉強になります。良くない面を挙げると、一人の患者の看護を出来る期間が短いため、長い間落ち着いて同じ患者の看護を続けることが不可能であるという点です。





一般的に、看護部長の下について病棟を取りまとめる看護師長の仕事と言えば、看護部長をサポートしたり、看護師の指導教育といったもので、企業では課長と呼ばれるクラスのものです。


課長職につく人物の収入が勤める企業の規模で全く違ってくるように、勤めている病院の大きさが、看護婦の収入に違いを生んでいます。そのほかの影響として、公立病院と民間病院、地域の格差等が影響しています。


例えば、公立病院の場合、およそ750万円程度だと見られています。



交代制で夜勤もこなさないといけない看護師の仕事は、時間が不規則になります。




規定通りの休みをとることはもちろんできるのですが、大変であることは間違いなく、結婚や出産を機に退職を決意するケースが大勢いる、というのが現実です。




結婚はともかく、出産を経て子育てスタート、となった時、それこそ24時間保育可能な預け先を見つけ出せないと夜中に家を空けなければならない夜勤など、ほぼできなくなるのが普通です。



しかしながら近年、子供が充分に育ったことにより再び看護師として働きだすようになる人もいて、そんな例が増えてきており、大きな戦力となっています。実は、看護師でも公務員の立場に立てることがあります。


その方法は、公立機関や国公立病院で働く以外ありません。



実際、看護師の職業は専門的な知識や経験が求められ、安定した仕事だということで高い人気がありますが、公務員のメリットを生かす事も出来ればこれ以上の安定性はないですよね。



安定した収入と、解雇の心配が少なく、福利厚生が手厚いという点は何よりも魅力的だと思います。


最近では、看護師は足りていないと言えます。看護師資格を持っているけれども、看護師をやっていないというケースは少なくありません。





このように看護師が足りなくなっているのはどうしてでしょうか。



それは結局のところ、看護師の離職率の高さにあると言えるでしょう。


離職率がどのくらいかというと、常勤看護師で11%以上です。職場の大半を女性が占めており、出産または育児のために退職せざるを得ないという場合もあるのですが、その他にも、過酷な労働環境も、離職の割合を高める一つの要因になっているのではないでしょうか。働く看護師の休日に関してですが、クリニックや病院の勤務形態によって異なっていますから、一概には言えません。




中でも3交代勤務の職場においては、先にシフトが組まれていますので、休日や出勤日が変則的なこともよくあります。大変そうに思われるかもしれませんが、逆に言うと環境が許せばご自分の予定に合わせたシフトを組むことが出来るので、その点をうまく利用して充実した休日にする人もいます。


昔の看護師といえば、大多数が女性でした。ですが、近年は一般的に「看護師」という名称が使われているように男性が働くことも多くなってきました。看護師に求められる能力を考えてみると、こうした変化はごく自然な流れだと言えるでしょう。女性的な優しさも大切ですが、現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、看護師に求められる要素だといえるでしょう。パートや派遣といった形で、夜勤を避けたりなどの働き方もできる看護師業ですけれど、ほとんどの看護師が病院で勤務します。けれど、看護師だからといって病院で働く必要はなく、病院の外でも、看護師の仕事は色々あります。





職場となるのは、企業内の医務室だとか、保育園や託児所、介護施設などですが、こういうところで働く看護師は多いですし、人気が高くてなかなか採用されないようなこともあります。どうしても病院でなければ働けない、ということは全くなく仕事をすることが可能であり、ライフステージに合わせて転職し、仕事をしやすいようにすることも可能なのです。皆さんは看護師の帽子を見たことがあるでしょうか?あれは、看護師を志す学生たちが、病院の実習に臨む前の式でかぶせられると聞いたことがあります。


料理人も帽子を被っていますが、それよりも特別な意味を持つものといっても過言ではありません。そうはいっても、昨今では、看護師の制服の形というのも次第に変化していますから、近いうちに特に帽子が意味をなさなくなるという事態に陥る時が来るかもしれません。



過去の意味が忘れ去られてしまい、髪が落ちないようにするためだけのものになってしまうのは残念だと思いますが、それも移ろいゆく世の中、仕方がないことなのでしょう。看護師というと病院に勤めているイメージがありますが、看護師の求人がある勤務先に保育園がある事をご存知ですか?職場が保育園となると、小さな子供が好きな方や育児の経験がある看護師であれば、ぴったりの職場でしょう。


病院とは違って、保育園での看護師の仕事は医療従事者として園児の体調管理や怪我の応急処置をしつつ、園内で楽しく元気な時間を過ごせるようサポートする大切なものです。


看護師が病院で働く際、病棟勤務か外来勤務、片方を選択することになるわけですが、子育て中なら外来勤務がおすすめです。日勤のみ、という大きな利点があるので、子供を預けて働きやすくなります。それから病棟勤務と違って、外来勤務では、土日や祝日がカレンダー通りに休みになります。夜勤もありません。


忙しいかどうかは、病院や、診療科によっても違ってきますが、人気のある診療科や医師のいるところでは多くの患者が押し寄せるように待合室に集まり、看護師は対応に追われることになるでしょうし、待たされる患者からはクレームも入るでしょう。



外来勤務で働く上で、必要となるスキルがどういったものかはどの診療科で働いているか、どういう病院かによって大きく違ってくるはずです。

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:涼太
読者になる
2015年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/txndoklidlbpgi/index1_0.rdf