インプラント治療ではよい歯科医を見つけることが大切

July 07 [Thu], 2016, 1:52
インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているので大きく違ってくると言うべきです。
インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法なのは明らかで、良く検討した上で、歯科医を選ぶことがインプラントを快適に使えるかを決めるのです。
これはインプラント治療が最適、とされるのは他の歯に影響を及ぼしたくないといったケースです。
例えば、ブリッジで義歯を入れようとすると両隣の歯を支えにするため、一回り削る必要がありますが、インプラント治療では、歯根部から人工的に再生するので失った歯のみに働きかける治療と言えます。
他の歯に影響を与えずに、失った歯を再生したいと考えている患者さんには、やはりインプラント適用が一番でしょう。
様々な条件によって、インプラント適用になるとは限らず、レントゲンやCT検査の結果、その先へ進めないこともあります。
けれども、その理由が「あごの骨に強度や厚みが足りない」とか、「あごの骨の幅が足りない」ということならばまだあきらめなくて良いかもしれません。
歯科医の腕と設備次第で、かなり困難なケースでも治療可能になっています。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、十分調べてください。
インプラントは他の歯に影響ないといわれますが、手術直後、周囲の歯に違和感が出てくることがあるでしょう。
考えられるのは、人工歯根を埋め込んだり、周辺が腫れたりして周りの歯も、神経を刺激されて反応したので時間の経過ともに落ち着くのが自然な流れです。
実は他の問題が隠れていたということもありますから、インプラントがなじむまでの間は特に、間を置かず歯科医の診療を受けることで早めの対応をしていきましょう。
歯科治療は全て同じですが、インプラント治療は治療後も快適な状態を維持するために日々のケアが欠かせません。
食後の丁寧な歯みがきによるプラークコントロールを継続した上で異常がなくても、定期的に歯科医院で診察してもらうことが欠かせません。
人工物のインプラントでも、日頃のケア次第で歯茎に異常が起こり、歯周病などにかかることはよくあります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ユウマ
読者になる
2016年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/txeae1horsecma/index1_0.rdf