<神宮野球大会>駒大13年ぶり優勝 明大降す

November 20 [Thu], 2014, 12:50




優勝を決め、胴上げされる駒大の西村監督(中央)=神宮球場で2014年11月19日、藤井達也撮影






 第45回明治神宮野球大会は最終日の19日、神宮球場で大学の部の決勝を行い、駒大(東都)が明大(東京六)を3?0で破り、13年ぶり5回目の優勝を果たした。5回の優勝は明大と並び最多,クロエ財布スーパーコピー



 東都代表と東京六大学代表による決勝は2年連続,クロエ財布スーパーコピー。昨年の亜大に続き、東都代表が大会を制した。明大は2年連続準優勝だった。



 駒大は六回に敵失で1点を先取。八回には江越(4年・長崎海星)の適時二塁打で2点を加えた。先発左腕の東野(1年・履正社)が五回までを無安打に封じ、六回から救援した今永(3年・北筑)も無失点でリードを守りきった,クロエ財布スーパーコピー



 明大はオリックス1位指名の山崎(4年・日大三)が好投したが打線が援護できず、3年ぶり6回目の優勝を逃した。



 ○…大学の部…○



 ▽決勝



明大(東京六)



000000000◆0



00000102×◆3



駒大(東 都)



(駒大は13年ぶり5回目の優勝)