日立、海外の鉄道事業強化=伊企業買収に名乗りも

November 20 [Thu], 2014, 12:50



 日立製作所が、海外の鉄道事業を強化している。最近になって、英国で高速鉄道車両866両の製造・保守を受注し、オランダの鉄道会社から近郊路線用車両234両を納入する優先交渉権も獲得。イタリアの複合企業フィンメカニカの鉄道事業の買収にも名乗りを上げている。世界の鉄道市場の半分を占める「主戦場」である欧州で、攻勢をかける方針だ。

 日立は、人口減少が予想される日本国内では鉄道関連の大きな伸びが見込めないため、鉄道事業の本社機能を4月に英国へ移転,グッチ靴スーパーコピー。事業の最高経営責任者に、フランスの鉄道メーカー・アルストム出身の英国人アリステア・ドーマー氏を抜てきした,グッチ靴スーパーコピー。英国では車両工場も建設しており、2015年半ばに完成する見通しだ,グッチ靴スーパーコピー。