同友会代表幹事に三菱ケミカル社長の小林氏

November 20 [Thu], 2014, 12:40




,シャネル時計スーパーコピー


 経済同友会は19日、来年4月に任期満了を迎える長谷川閑史(はせがわ・やすちか)代表幹事(68)=武田薬品工業会長=の後任に、副代表幹事を務める三菱ケミカルホールディングスの小林喜光社長(68)が就く人事を固めた。来年4月の通常総会と理事会で正式に就任する。



 小林氏は研究開発畑を歩み、平成19年に三菱ケミカル社長に就任した。23年4月から同友会の副代表幹事を務めた。環境や健康を重視した独自の経営哲学を掲げる論客として知られる。



 25年に再始動した政府の経済財政諮問会議の民間議員にも起用され、今年9月に産業競争力会議のメンバーに転じ、政策判断にも深く関与してきた,シャネル時計スーパーコピー



 民間の立場から、政府の経済政策などに積極的な提案を行っており、こうした実績から、経済同友会のトップに適任と判断されたとみられる。



 小林喜光氏(こばやし・よしみつ) 東大大学院修了。昭和49年三菱化成工業(現三菱化学)。三菱ケミカルホールディングス取締役などを経て平成19年4月から社長。山梨県出身,シャネル時計スーパーコピー