<独外相>ウクライナ危機打開へ キエフとモスクワ歴

November 20 [Thu], 2014, 12:40





 【モスクワ田中洋之】ドイツのシュタインマイヤー外相は18日、キエフ、モスクワを歴訪し、ウクライナ危機の打開に向けたシャトル外交を展開した。外相は、ウクライナ東部で戦闘を続ける政府軍と親ロシア派武装勢力が9月の停戦合意に基づき境界線画定や重火器撤去を早急に実施するよう求めたが、具体的な進展はなかった模様だ,グッチバッグスーパーコピー



 はじめにキエフに入ったシュタインマイヤー外相は、ウクライナのポロシェンコ大統領、クリムキン外相と個別に会談し、会見で「ウクライナ東部情勢は残念ながら複雑化しているが、大規模な軍事衝突を再開させてはならない」と述べた。



 続いてモスクワでロシアのプーチン大統領、ラブロフ外相とそれぞれ会談。シュタインマイヤー氏は会見で「停戦合意は履行されていないが、放棄するのは大きな損失だ」と指摘し、紛争解決には「新たな刺激」が必要と述べた,グッチバッグスーパーコピー。一方、ラブロフ外相は「ウクライナは4月に合意した憲法改革のプロセスをいまだに始めていない」とウクライナ側を批判した,グッチバッグスーパーコピー