近日、メディアの報道の多くの例の児童

May 11 [Sat], 2013, 16:52
近日、メディアの報道の多くの例の児童、青少年が血書を書いて、自殺する事件はなどすべての人を目にしてはらはらさせます――貴重な生命、煌びやかで美しい青春、何が死亡の影に簡単にか弱い心を丸飲みにするように放任するので、これらの子供を軽率に類の生命を使うようです自分に対応させますか?

関連しているデータは明らかに示して、我が国の未成年者の自殺する割合は上昇の勢いが現れて、明らかな低年齢化の傾向があります!15歳-35歳の人の群れの死亡の第1位の原因は自殺します。更に人に驚かせさせたのは、中国の毎年自殺する児童は2580人、40.1%の小学生は“融通がきかなくなったすきなことに及ばない”を言ったことがあります。“情緒の問題と鬱憤がたまる心理は悩ませる青少年甚だしきに至っては児童の心理の健康な最大の障害になって、‘心理が風邪を引く’の子供はだんだん多くなります。”心理学専門家は、自己の調節の能力に不足するため、未成年者はいったん心理の悩みに遭遇してよく出て行きにくかったら、この時にもし社会、家庭、学校は直ちに十分な案内と配慮を与えませんならば、適切な時子供に“心のワクチンを打つ”をあげることができなくて、それではこのような“風邪”は繁殖して広がって“重症”になることを加速して、未成年者の自殺する悲劇は恐らく再度上映しますと表しています。

8歳の男の子:私を連れて死にます


“あなたは私を連れて死ぬようにしましょう。”この話は1人の8歳の小さい男の子の口に出て、人を驚かせます。現実は非情で、小さい男の子がよくこのような話が噴き出して家族を焦らせて、お母さんは彼を心療内科医に連れて(持って)きて問い合わせにつきあいます。小さい男の子はちょうど小学校二学年に行きますが、全身の“良い武芸”があって、ピアノがすでに8級の、の英語の口語を試験したことがあるのがとてもすばらしくて、まだオーストリア数興味クラスのトップの学生です。
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/tx126/index1_0.rdf