必要なクーラーの数は四つ、なかなかの支出です

April 29 [Fri], 2016, 17:05

引越しをしたなら、必ずご近所の家々、それから、大家さんに挨拶をして回るように心がけています。







その時に持参する品物は、食べるものにしています。







タオルがもっとも無難だろうと思いつつも、なんだか、残念な気がしてしまうからです。







気の使わなくて良いような手頃な和菓子を買って、配っていますが、案外喜ばれています。







私たち家族は最近、三回目になる引越しをしました。







引越しの作業はいつも大変ですが、慣れたものです。







荷造り、荷ほどき、ほとんど私の役割です。







夫は毎回家電、家具など大きいものを掃除したり、片付けを行ってくれます。







ただ、今回は洗濯機の水を抜くということを忘れてしまったようで、新居の洗面所が水びたしになりました。







友達が紹介してくれたので、引越しのサカイに見積もりを出してもらいました。







非常に愛想の良い営業の人が来てくれて、ちゃんと相談に応じてくれたのです。







想像以上に安価に見積もってくれたので、その日じゅうに即断しました。







引越しそのものもものすごく丁寧な作業で、大満足の結果でした。







引越しを行うとなると、たくさんの荷物を詰めた段ボールを邪魔にならないように移動させたり、業者さんと一緒になって家財道具を移動させたりと大忙しです。







しばらくの間そういったことを行っていると、手のひらは真っ赤になります。







業者さんの手に目をやってみると、しっかりと軍手をはめています。







引越し業者にお願いをしても、自分用の軍手が必要だなと思います。







引っ越し行うのですが、その出費がいくらくらいになるのか非常に不安なのです。







友人が先に、単身での転出をした時には驚愕するくらいの費用がかかっていました。







その一言を聞いていたので、私は一体いどれほどかかるものなのか心配になっています。







まずは何社かの引越し業者に見積もりを貰い受けようと思います。







転居に伴う荷物まとめの際に皿やグラスなどの割れ物はタオルや洋服等でしっかり梱包しますいらない雑誌や新聞紙でも大丈夫ですが、意外と量が多くなり、処理することが困難です。







転居が完了すると、多くの空ダンボールが発生しますし、その上、紙くずも発生すると意外とスペースを取ってしまいます。







引越しにつきものなのが粗大ゴミの整理です。







引越しする時に、捨てるのは大変なものですから、あらかじめ大きな粗大ゴミは捨てていくことをすすめます。







荷物をまとめ始めるのと、同じくらいに粗大ゴミを捨てておけば、後々、楽になります。







処分する日時を前から、チェックしておくことも大切です。







積年の夢だった一戸建ての家を購入しました。







転出の前にそれぞれの部屋にクーラーを取り付けなければなりません。







必要なクーラーの数は四つ、なかなかの支出です。







それでも、大きな家電量販店で一気に四つ買うからと頼み込むと、大幅に値引きをしてくれました。







予定していた金額よりも、はるかに安くすみました。







引っ越しの際に大切な点は、もろい物を丁重に梱包するという点です。







家電製品で箱があるなら、問題ないです。







しかし、箱を処分してしまったとしても多いと推測します。







そんな状態の時は、引っ越し業者の人に梱包してもらうと問題ないです。







引越しを行ううえでの注意点は何点かありますが、特に注意すべきなのはごみ収集日を念頭に入れておくことなのではないでしょうか。







引越しを行う前の掃除では、その日に合わせてゴミをまとめるようにしましょう。







資源ゴミや紙類については月に二度しか収集されない地域などもあるので、一旦出し忘れると面倒なこととなります。







引っ越しをする際、洋服が衣装ケースに収納されていると持ち運びが楽にできます。







僕のお勧めは中身が透けて見えるプラスチックの衣装ケースです。







これは、中身が見えるので本当に便利なのです。







引っ越すと、しばらく荷物が、何がどこに入っているのか分からない状態にもなりますが、衣装ケースを使用すると、そんな心配がなくせます。







引っ越しする際の手続きは、やっかいなことばっかりだなと考えていたら、水道開栓の手続きは電話でも可能なようです。







大それたことではないかもしれませんが、なんか、とても嬉しいです。







喜びついでに、電話するタイミングも調査したら、3〜4日前までにと、書いてあるのを見ました。







すぐに、電話をします。







本当なら、引越しの日は晴れてほしいです。







万が一、雨が降ったら、大変だと思うのです。







そのままだと、あれもこれも濡れてしまします。







テーブルも椅子も、冷蔵庫も何もかもです。







晴れていれば、そのまま運搬できるのに、雨が降ったら、シートをかけないといけません。







それは、かなりの労力が必要になるでしょうし、家具や家電がベタベタになるのも嫌です。







引越しの時にする手続きの一つに、転出届を届けるということがあります。







ただ、これは今の住所と新住所が違う市長村である場合です。







同一市町村の場合には、転居届になります。







申請を行うタイミングは、引っ越しの2週間前とか引っ越し先が決定次第すぐなど、市町村によっても同じではないので、事前に確認しておきましょう。







引越しといえば、粗大ゴミの整理です。







引越しの時に処分するのは大変なことですから、あらかじめ大きな粗大ゴミは捨てていくのがよいと思います。







荷物をまとめ始めるのとほぼ同時に粗大ゴミを処分してしまえば、後々、楽になります。







処分日を前もってチェックしておくと無難です。







引越しの当日にやることは2点です。







まずは退去する部屋では荷物を運び出した後に管理会社の立会いで部屋のありさまを確かめることです。







ここでひどい汚れや傷の点検をしますが、この点検が敷金の相殺や別途クリーニング費用の請求に左右します。







新しい家ではガスの元栓を開けることが大切です。







これは業者の立ち合いが絶対です。







引っ越しが完了したら、色々と手続きしなければなりません。







市町村役場でなさるべき事は、住民票や健康保険、印鑑登録とかです。







もし、ペットの犬がいるのであれば、それについての登録変更も必要になります。







原動機付自転車の登録変更もまた市町村ですることとなります。







全部いっぺんにやってしまいますと、幾度も行く必要がないでしょう。







住み替えをする際、トラックを停止したり、荷物を通路に仮置きしたりするため、事前に隣の家に挨拶に行くのが当たり前のことです。







車の出し入れや通行の障害となりますので、あらかじめ同意を得ておくと引越しが終わった後に問題が発生することも防げます。







引越し業者に任せた時は、そのような事も代行してくれます。







引越し業者がたくさんあるものですから迷ってしまいました。







周りの人や口コミなどを参考に見聞きするものの、その時に来られた営業さんやバイト君の対応しだいで、評価は良かったり悪かったりと色々で、最後となってはアリさんとパンダさんの対決となりました。







団地から新築への引越しでしたが、結構、スムーズに引越し作業をしていただけて、アリさんに感謝しているわけです。







引越しには、荷物をダンボールに詰めていく作業は面倒に思えても、必ず行わないといけないことです。







ひとつその作業のコツをして、重くて壊れやすいと思うものは、小さなダンボールに、軽くてかさばるものは大きなダンボールに入れるというポイントです。







また、荷物を入れた箱には品名だけでなく、運んでもらいたい部屋も表記しておいたほうが引越しの際の荷物の運び出し、運び入れにとても助かります。








http://blog.seesaa.jp/
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:twwmu9l
読者になる
2016年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/twwmu9l/index1_0.rdf