西垣とボンゴ

April 08 [Sat], 2017, 17:12
どのような転職理由が好印象かというと、第一に、本当に転職しようと決めた理由を心に思い起こして下さい。その通りの言葉を伝えるワケではないので、素直にノートに書き出してみましょう。そして、それを悪い印象にならないように表現を変えてみて下さい。

長い転職理由は自己弁護のように聴こえるので、簡潔にまとめるよう注意しましょう。転職を考えているなら在職中でも出来ますしっかり新しい職場を見つけてから現職を辞めましょう辞めてからゆっくりシゴトをさがすという選択権もありますしいつでも働けるという意気込みもあるでしょうだけどこの就職難でそんなどうするんですか半年間無職の期間があると何となくシゴトが見つかりにくくなるはずですですから一時の感情でシゴトをだから長い目をもって簡単に辞めたりしないで下さい転職の理由が年収アップだという方も多くおられることでしょう。
確かに、転職をすれば年収の増加を期待できる可能性があります。


ただし、お給料が少なくなってしまう恐れも考えられることをしっかりと理解し、準備しておく必要があります。年収のアップを成功指せるためには、いかに落ち着いて高報酬のシゴトを探せるかがキーポイントとなります。転職時にあった方がよい資格というのは、専門職を除くとそれほど多くないようですが、持っていると有利にはたらく資格という点では、やはり、国家資格が一番のようです。なかでも、建築・土木系では建築士などがよい例ですが、「業務独占資格」と言われるその資格がない状態では実際に業務をすることができないというシゴトがたくさんあるので、狙ってみるのもいいかも知れません。


一般的に、転職する際、有利だと思われている資格に中小企業診断士があげられます。中小企業診断士の資格をとることで、経営に関するノウハウを持っている事が証明できるため、自分のことを会社にとって貴重な戦力であると扱って貰うことができるでしょう。

法律に詳しい行政書士やお金に関する知識が豊富なファイナンシャルプランナーも、転職する際には有利でしょう。



書類選考や面接のうえで転職理由は大変重要です。



相手が了解する事情でないと評価が落ちます。けれども、転職した事情を聴かれても上手に説明できない人も多いと思います。

多くの人が履歴書を書く時や面接の時に苦労するのはこの転職理由です。


転職しようとする場合により有利になれる資格として、社会保険労務士や公認会計士があげられるでしょう。これまで築いてきた経験を使った転職活動を考えている人にもおすすめできる資格なのです。

社会保険労務士という資格を得ていると、総務や人事関係のシゴトで採用されやすくなりますし、公認会計士の資格を持っていれば財務、経理関係のシゴトに就きやすくなります。転職活動は今しているシゴトをこなしながらおこない、転職する先が決まってから辞めるのが理想です。

シゴトを辞めてからの方が自由な時間が増えますし、すぐにはたらき始められますが、転職する先がナカナカ決定しないと言うことありえます。無職の期間が半年を超えてくると就職する先が探し出しにくくなりますから勢いで現在のシゴトを退職することのないようにしましょう。
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:リナ
読者になる
2017年04月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる