もしかして妊娠?

May 01 [Thu], 2003, 11:00
子供が欲しいなぁと漠然と思ってから半年がたったころ・・・


そろそろ月のものが来るはずなのに、そういえばまだ…
と気付いて、ふと頭によぎった「妊娠」の文字。


買い置きしてあった妊娠検査薬があったので検査してみた。



おっーっ?はじめて見る「陽性」反応。




間違いじゃないよね?


えっつ?妊娠したの?信じられない・・・



興奮しながら、ダンナに報告。

「うそ?」と半信半疑な反応。


もっと喜んでよねぇ・・・


とりあえず、病院へ行ってみよう。

えっ!?双子???

May 02 [Fri], 2003, 11:07
「間違いじゃない?」と

ダンナと、もう一度「妊娠検査薬」を買い検査してみる。


結果は「陽性」


間違いじゃないんだぁ・・・ちょっと感動。

早速病院へ行ってみる。




先生「妊娠してますね〜双子ちゃんですよ」


私「双子???ほんとですかー?」


先生「ほら、袋が二つみえるでしょ」


私「 … 」



妊娠したことは嬉しい。

でも双子って…なんで双子?

嬉しいやら心配やら複雑な気持ち。




とりあえず、ダンナに電話。



私「妊娠してたよ。双子だってさ」


主人「はぁ?双子って?どうすんの???(泣)」


私「どうすんのって、産むしかないでしょ!!!(怒)」




双子かぁ…想像もしてなかったなぁ。

つわりの始まり?

May 03 [Sat], 2003, 12:21
ゴールデンウィークでお休み。

ダンナの実家に車で帰省。



遠距離なので、お腹が冷えないように毛布を持参する。

すっかり気分はにんぷさん。



会社までは私が運転して

ダンナを迎えにいかなければならない。

いつもより気をつけて運転する。



あぁ〜妊娠したのに遠距離ドライブしてる場合じゃないよなぁ・・・

なんかあったら、どうするんのよ・・・もう。

渋滞してるし。イライラ。



車酔いかなぁ…なんだか気持ち悪い。

こんなに早く「つわり」になるわけないよね?

あまり乗り物酔いをしない私。



病は気から?


気分はにんぷだから(笑)

★5週★気持ちわる〜っ

May 04 [Sun], 2003, 10:27
食欲が全くない。

というよりも、食べるという行為自体を忘れたい。


甘いものは大好きなのに、甘いものを前にすると気持ちが悪くなる。

というか、考えるだけでも気持ち悪い。



それなのに、なぜか炭酸飲料ばかり飲みたくなる。

コーラ飲みたーい!!!

死ぬほどコーラが飲みたいのはなぜ?



義理の母が、気をつかっていろいろとご馳走を作ってくれた。

本当に申し訳ない気持ちでいっぱいになりながらも・・・


お義母さん、ごめんなさい!食べられません!



魚を見ただけで、気持ち悪い。

新鮮なのはわかりますが…



風邪気味なのかな〜疲れなのか、体はだるい。

長距離運転がよくなかったんじゃないのかな。




出かける予定をすべてキャンセルし、安静に過ごすことにした。

★5週★風邪気味?

May 05 [Mon], 2003, 12:39
気持ち悪い。頭痛い。体がだるい。

これだけで一日が終わりそう。


妊娠したというのに風邪気味なのかな?

それとも妊娠すると、こんな体調になるのかな?



何もする気がおこらない。

体がだるくて、食欲がない。



今日は、温泉に行くことになっていたので山道を走り車酔いをしてしまった。

乗り物には強いほうなのに。

とにかく気分が悪い。




義母が心配して、何度も車をとめてくれた。

う〜ん、ダメみたい。



車の臭いも気になる。

今まで気になったことないのに…

排気ガスもだめ。芳香剤もだめ。

なんの臭いだろう・・・おぇーーーー吐きそう。




もう、温泉どころじゃないってば。

だいたい妊婦が温泉入っていいわけ?

もう帰りたい。東京に帰りたい。


誰か助けて。

★5週★胎嚢確認

May 06 [Tue], 2003, 12:43
朝から気分が悪い。

起きた瞬間から気持ちが悪いなんて経験ははじめて。

これが「つわり」なの?


午後、病院へ行ってみる。




妊娠反応も出ていて、エコーでも胎嚢(たいのう)が確認できた。


中に胎児が入っているのかは、まだ確認できないが妊娠は確実。

袋の中に赤ちゃんが二人とも入っているかどうか確認できるまで、もう少し時間がかかるとのことだった。



私「先生、とにかく気持ちが悪くて、何もできないんです…」


先生「妊娠が順調な証拠ですよ」


私「どうしたらいいんですか…」


先生「つわりですからね〜」




やっぱり、つわりなんだぁ。

そうだよね、この気分の悪さって普通じゃないよ。

やっていけるの?こんな状態で大丈夫なの?



なんだか心配だよ。


★6週★悪阻入院

May 15 [Thu], 2003, 13:03
とにかく何も食べれない、何も飲めない。

そして動けない。


一日中死んだようにベッドに横になり、

時々吐き気に襲われて、はうようにしてトイレに行くだけ。


もう水も喉をとおらない。

そしてトイレからベッドにももどれない。

だた涙がでてきて、誰もいないので助けてももらえない。



このまま死んじゃうかも・・・



と思うほどの孤独と不安に襲われる。



吐き気がおさまらず、吐血した。

なぜか出血もしている。赤ちゃん大丈夫なのかな・・・



何度も電話がなっているが出られない。

電話にでない私を心配して両親がみにきてくれた。

助かった・・・




双子なので小児科がついているところがいいと思い、近くの産婦人科小児科病院に電話。

もうどこでもいいから、病院へいきたい。そんな気持ち。




病院は、とても混んでいた。その人に酔う。


待ち時間中も気持ちが悪くて座っていられないほど。

看護婦さんがそんな私に気付き、別室へ。

ベッドに横になりながら問診を受けた。


私はそのまま横になり、診察の順番が来たら呼んでもらうことになった。

その間にも吐きまくり。



赤ちゃんに異常はなかった。



出血も流産とは関係なく、エコーでは元気に動く心臓を見ることが出来た。

よかった〜心配だったんだよね。



検査の結果、私は脱水症状がひどく、血はドロドロになり危険な状態。

尿中にケトン体という物質が出ていて即入院となった。



先生に言われて気がついたが、一日のうちで吐くこと以外、トイレに行くことはなかった。

水分も栄養も入ってこないので、私の体は危機的状況。

腎臓と肝臓の機能も低下。


入院中は、点滴のみで水分と栄養分をとることになった。(一日に500mlの点滴を4本)

最低一週間は絶食、そしてトイレ・洗面以外はベッドで寝ていることになった。



どうせ食べられないし水も飲めないので、寝ているだけでいいと思うと気持ちが楽になった。



まさか入院するとは思わなかったなぁ。何も用意してないよ。

後で必要なものは誰かに持ってきてもらうことになった。

★6週★病院のにおい

May 16 [Fri], 2003, 13:13
点滴のみの生活が始まった。


部屋は3人部屋を2人で使用。


午前7時・昼12時・午後6時の計3回、

他の人には食事が配られる。このニオイが耐えられない。



その度に吐きそうになる。

病院内の空気も悪く、乾燥しているので喉が乾く。

でも水分はとれない。


点滴のせいでトイレには行きたくなり、起き上がる。

そしてトイレに行くと、そのニオイでまた吐きそうになり、やっとの思いで戻ってくる。



病院内の全てのニオイが気になる。

シーツ、毛布、カーテンのニオイまで敏感に感じてしまう。

本当に最悪。


妊娠するまで、こんな生活が待っているとは想像もできなかった。

妊娠って病気以上に辛い。


★6週★点滴生活

May 17 [Sat], 2003, 13:16
何も食べなくて良いので気持ちは楽になる。


食べなくても赤ちゃんには栄養が届いているはずと思うだけで、ホッとする。


気持ちが悪いということ以外、妊娠しているという自覚がないので「赤ちゃん大丈夫かな」と不安になる。


わずかだけれど、時々出血もある。


病院の設備は古く最悪だけれど、スタッフの方々は皆とても親切で感じが良い。


もう少し、設備が良ければ、ここで出産してもいいのになぁ…


と、余裕がないので箇条書きのような日記で今日は終了。

★6週★寝てばかり…

May 18 [Sun], 2003, 13:24
私の両親が、ほぼ毎日来てくれる。


でも来てもらっても、具合が悪くて相手も出来ず、洗濯物を渡すばかりで申し訳ないと思う。

結婚してまで洗濯してもらうなんて情けない限り。



相変わらず絶食で、一日に何時間も寝てばかりいる…というか寝ること以外やることがない。

15時間で1000円のテレビが頭上についているが、具合が悪いとテレビを見る気にもならない 。

とにかく気持ちが悪くて、何もできない。



看護師さんが「本を同じ姿勢で読んでいるとお腹が張ってきますからね。ほどほどに…」と私に言った。

「本を読む余裕があると思いますか?」と言ってやりたかった。テレビも見れないのに。

今までの私の人生において、こんなに何もしないで寝ていることがあっただろうか。


妙に攻撃的な発想になるのはストレスのせいかしら。