本日のセッション 

June 05 [Thu], 2008, 2:13
沖縄旅行日記も書き終わらないのですが、、、

本日のセッションの事を自分の記録も兼ねて書いてみようと思います。

今日のセッションは山梨県の某地域の健康高齢者を対象とした音楽療法でした。

今、介護を予防しようという取り組みが活発になってきているので、
そういう目的での講座との依頼。

皆さんお元気な高齢者の方たちばかりでした。
(高齢者って言ってしまうのも、ちょっと違うか??という程にお元気!)

知人のピアニストでケアマネージャーもしている方からの依頼だったのですが、
一時間ほどのセッションであっという間に終わってしまいました。

活動開始前にも「この歌が歌いたいわ」と積極的に話しかけていただき、
その場で『荒城の月』の歌詞を書いて、
荒城の月から活動がスタートしました。

普段あまりピアノの伴奏で歌を歌うという事は無いので、いざ始まると声が出ないということも
よくあるのですが、今回の参加者の方たちは皆さん最初から大きな声で歌唱をして下さって
とってもいい雰囲気でした。

つづけて、2曲目に我は海の子を歌唱。
丁度沖縄旅行で海人さんに頂いた浮きを持っていっていたので、それを基にして会話を楽しみました。

そして続けて南国土佐を後にして。
一応海つながりだったのですが、よさこい節にまつわるエピソード(お話は実話なんですよね)で
簡単なクイズをして、楽器を使用して歌唱活動。

よさこい節といえば鳴子なので鳴子を使用しました。

そして指体操。
グーチョキパーを曲に合わせて早くしたり遅くしたり、パターンを変えたりなど、
ちょっと複雑して出来ないという事を楽しめるようにと考えたのですが、
皆さんクリアな方たちなので、すぐに理解して、「もっと早くやってみる」と
難しいことをチャレンジするというのを良い感じに楽しんでいただけた様子。

後半は、参加者の方のリクエストで、
・故郷
・武田節
・瀬戸の花嫁
の3曲を歌唱。

いわゆる今の若い子が知らないような「昔の歌」を一緒に歌っていることが妙に楽しかったようで
喜んでいただけたようです(^^

活動全体の反省としては、あまり枠を決めないでセッションをしていたのですが、
もっと沢山の歌詞を書いた大判を持っていけばリクエストに答えられたのにな〜・・・という点。

質問をした際にもう少し明確に質問をすべきであったこと。

難易度の段階をもう少し幅を持たせて考えて提供をすべきであったという点。

この3点が、今日のセッションの反省でしょうか。。。


楽しく、一緒に歌を歌えて、
「今日は本当に楽しかった」「歌を歌ってすっきりしたよ」「昔の歌を歌って懐かしかった」など
音楽療法を実践している私にとってすごい嬉しい感想もいただけて、
良い時間を提供できたのかな?と思いました。


音楽療法・・・・難しいなあ。。。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chibori(ちぼり)
読者になる
音楽療法士のちぼりです。

某障害者更正施設と高齢者施設で
常勤音楽療法士をしています。

日々音楽療法三昧。

ここでは、日々の愚痴を書きたいと思います。。^^;
2008年06月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる