chikilog*2nd 

2008年01月19日(土) 0時50分
実は、こちらに移動していました♬



chikilog*2nd

 

2007年03月10日(土) 16時42分
ふきあれし あらしもいつかおさまりて
のきばにきなく うぐいすのこえ






○運勢
身の煩いも散り失せ 禍い事もなくなり
旧の道を守りて 辛抱おこたりなくば
幸福身にあまりて 家の内も口舌なく
楽しく暮さるべきなり

“信心すべし”


私を見守ってくれてる神様は、そういいました。
いつも遠い山の上で、見守ってくれてる神様のことばを、
私はずっと信じて、信じて信じてしんじて。

家族も友達も大切な人もみんな、
わたしと一緒に信じてくれました。


麻酔が解けて、意識と感覚が少しずつ戻っていく中で、
お父さんとお母さんはこぼれおちるような笑顔で、
私のからだに触れて、「ばっちりよかったって!」

お兄ちゃんが遅れて登場して、
子供の時以来見たことがないくらいのくしゃくしゃ笑顔で、
「よかったなぁ!」って。
そして久しぶりにおにいちゃんと手をつないだ。


お母さんの携帯に届く、大切な人からのあたたかいメール。
動けないわたしの代わりに、お母さんがよんでくれた。

お父さんが、
「みんなお前を応援してくれてるんだねぇ」って。
泣いている私に、
「ちーちゃんは、みんなのことが大好きなんだね」って。

そうだよ。
大好きだよ。


病院には、いろんな人がいて、みんな自分のからだを治すために
お医者さんや看護婦さんや大切なひとたちと一緒に、そして
何よりも自分自身と、がんばっているんだと思った。

人と比べるものじゃないのは、わかってる。
でも、自分がどんどん元気になる目の前で、これからずっと続く
長い闘病生活に挑んでる患者さんがいる。

誰が悪いわけでもない。からだが正直なだけだ。

私には、医療技術なんてないから、直接的に痛みや苦しみを
とってあげることはできない。
でも、目の前にいる人への優しさを意識することはできる。
自分の生命力で、人を励ますことは、できるかもしれない。

看護婦さんを見てたら、そう思った。

そして、幸せは、人とかかわりあう中で、いつも自分の中から
生まれてくるものだと思うから、人それぞれの幸せがあって、
それを評価することなんて誰もできない。
だから、私はただ自分の幸せを自分で見つけて、しっかり守って、
行動に移していけばいい。



与えられた運命を、ただしっかり受け止めて、
からだにやさしく、心はたくましく。

そして何よりも、人への感謝や思いやりを忘れず、
これからもしっかり生きていこうと思う。


春はもうすぐそこまで来ている。

わたしのあかり 

2007年02月24日(土) 15時14分
引越しが終わって、実家でのんびりしている日々。

またしばらくパソコンが見れなくなるから、今日は初めて
一人で実家の近くのマンキツに訪れた。

「不自由」という言葉が、以前よりもずっと鮮明に感じるよう
になった近頃では、とってもシンプルなことに、気がつくことが多い。


もし仮に、私から、
私の周りにいてくれる、愛する人々をとったら、
私は消えてなくなっちゃうんだろうな、と思う。

好奇心も、向上心も、すべて愛する人々の支えや
その人たちへの感謝の気持ちや、
ともに感動したい、という気持ちから生まれるものだと思うから。


でも、反対に、愛する人々がいる限り、心のつながり
を維持しようと伝え・伝えられることをやめない限り、
私は何度だって、好奇心や向上心を沸かせることができて、
行動する動機が生まれるんだと思う。


3月の中旬まで、連絡がとりにくくなると思うけど、
メールとかくれたら、タイムラグつきだけどちゃんと返すし

卒業が近くなっちゃうけど、退院したら、みんな、遊んでね



わたしのおうち 

2007年02月15日(木) 1時47分
4年間、私が暮らしてきた家やまちとも、明日でお別れ。

明日、私は都内の親戚のおうちに引っ越します。
その後、荷物だけ置かせてもらったまま私は実家の群馬に帰って、
卒業式の頃、また絶対東京に戻ってきます。

配属先・勤務地は4月2日の入社式で発表の為、
研修合宿の後、それ次第で5月に再度引っ越す予定。


このおうちは、私の原点。私の4年間がつまっている。
いつだって、ここから出て、ここに帰ってきた。
あふれ出る感情は、いつだってこのおうちでぶちまけて、
そこから生まれた思い出や教訓は、すべてこのおうちで
引き出しにしまわれた。

久しぶりに、引越しのためにこのおうちに帰ってきたら、
昔のわたしがゆらゆら、していた。

朝起きて、顔を洗って、レジュメみながらしたくして、
今日も大きな荷物持って大学にいこうとしているわたし、

朝まで企画書や論文の赤入れをしているわたし、

泣きながら電話をしているわたし、

キャンドルを灯して、想いを綴っているわたし、

鏡の前で鼻歌歌いながらファッションショーしているわたし、

たいせつなひとたちと楽しいひとときを過ごすわたし。



ここにいたら、私が今まで過ごしてきた毎日毎日の一時間が、
着実に今のわたしが歩く道を作ってきたことに気がつく。

私がおもっているより、ずーっと、
私はたくさんの人にたくさんの愛をもらって、今ここに立っている
事に気がつく。

私は、間違いなく、大きな大きなものに守られてここにいる。


たくさんたくさん、無条件に与えられてきた私が持つ、
生きる責任てやつは、相当おもい。
それは幸福という名前の、おもさ。


信心すべし。心強く、信心すべし。


つよく、やさしく、たくましく(笑)。

神様 

2007年01月28日(日) 0時03分

「お母さんは、神様になることができるんだよ。」



お母さんは、命を授かることができる。
命をこの世に生み出すことができる、神様なんだよ。



かなちゃんが、そう教えてくれた。

あたたかくて、おおきな、おおきなものと、それのもとで
今を生き抜く自分自身を、信じる気持ちが何よりも大切なことだと、
かなちゃんから、教わった。
彼女の声はとても力強かったし、
私は「勇気」の意味を改めて考えさせられた。


自分が女性として、この世に生み落ちたのには、
きっと、何か与えられた意味があるのだと思う。
色んな人たちと様々な経験をとおして、
私はずっと母親になるということに、ある種の憧れと
使命感を感じるようになった。

私は私の幸せのために、一心に人を愛してみたい、信じてみたい、
自分の命で、誰かの命を育みたい、そう心底思うようになった。


そのためには、自分で自分を愛してあげないと、信じてあげないと
だめなんだって、思った。
自分という人間、こころとからだ、それをまるごと愛して
あげないといけないんだって思った。


私のからだは、お母さんっていう神様からの預かり物
だから、いつもその預かり物に感謝して、無理したり、
自分の好き勝手で傷つけちゃいけないんだって思った。

自分で自分を愛したり、信じたりできなかったら、
きっと神様はずっと私に試練を与え続けないといけないから。


自分へのLOVEで、他の人のLOVEを引き出せるよう、
今こそ前を向いていかなくちゃな、と心から思う。

ぜみとわたし 

2007年01月20日(土) 0時12分
卒論、提出しました。
構想段階から数えれば、8ヶ月目の正直。

中間発表は、通算5回くらい?
結局書き始めたのは12月からだったけど。

自分が本当に興味があって、問題意識も私のものそのものだし、
それにしても思うのは、3年生の時に書いたグループ論文の質には、
どうやったってかなわない。

あの時書いた論文は、ぎりぎりまで妥協を拒んで、
自分たちの価値を幾度となく再考して、理想ってやつを追い求めて、
仲間と何度もぶつかって、自分とも何度もぶつかって、
それでも最後まで走りぬけた。

ことばの力と、ことばのもろさに、何度ため息をついたことだろう。


周りもめっちゃ頑張ってて、こんなに頑張ってる人達、ほんと、
めったにいないよ、って周りにいえるくらいほんとにみんな頑張ってて、
諦めたり、自分軽視したりする人たちいなくて、孤独なんて感じたこと
なかった。


あの時の勢いやこだわりには、どうやったってかなうわけない。
あの時の自分を叩き起こしていたのは、自分自身じゃなくて、
私の周りで運命共同体になって、同じ苦しみと希望抱いて
隣りで走っていてくれたひとたちだから。


すべてがストーリーとなってつながっていて、
すべての出会いがいまや私の一部になっている。


本当にこのゼミにいれて、よかった。
このひとたちに出会えて、ほんとうによかった。






来年からの道はみんな違うけど、私の血はみんなから
できています★
4月からは、月1で会おうね★笑

りぼんちゃん 

2007年01月12日(金) 22時35分
卒論をやっていて、提出3日前だというのに、思ったように進まず、
しかも自分の主張の裏には、こんな現実があって、達成までには
こんなに遠いのか、なんて思っていたら、


なんだか、ああ、ふがいないやー


http://www.youtube.com/watch?v=4l6GOLNUTQs&mode=related&search=


今、あたしの気分は、ピンクのリボンちゃん。

ふがいなすぎて、こんなふうにおどっちゃうぞー
へいへーい

ラブ マイ・・・ 

2007年01月01日(月) 18時42分
                                  
                                  2006年。
               去年もいっぱい泣いたけど、
                   2007年。
           今年も、やっぱり、いっぱい泣きたいなぁ。
          たくさんの涙が出るほど、失いたくないものや
                  
                          諦めたくない、大切な想いがあったり、
                           美しい瞬間に出会えることって、
                           




                          きっと当たり前のことじゃあないから。                  
                         

  

                  涙のたびに、自分の立ち位置確かめて、沢山伝えあって、

                   そこから自分が学ぶべきことと、進むべき道を探り出す。



 
                      ラブ マイ ステキピーポー、ラブ マイ ソウル。


                             

近いものと遠いもの 

2006年12月10日(日) 0時50分
人間は、自分の利益を最大化するために動くっていうのが、
経済学の前提条件。


私の利益の最大化?



あの子の笑顔がみたいから
あの子と一緒に成長したいから
あの子とわかりあえたら、きっと嬉しいから

あの山が元気になったらうれしいから
あの川で子供と一緒に遊びたいから

結果的かもしれないけど、あの子・あの山・あの川
にとってgoodやhappyになっていること、
つまり他にとっての利益が自分の利益だと思うから。


じゃあ、いまだ出会ったことのない人は?
素敵な思い出をまだ持っていない山や川は?
歩いたことのない国は?


自分の及ぼす影響の範囲が、
二人称から三人称になると感じるとき、
「公共性」という概念がそこに入ってくるとき、

私の利益の最大化はどうやって行うんだろう。


目には見えないものを相手に自分が行動したり、
そのものにとってのgoodやhappyを考えたりできるのは、
それがダイレクトに、もしくは間接的にめぐりめぐって、
自分の利益になると、きっと感じるから。


仕事で言えば、自分の利益=お金を得る、という
モチベーションは確かに大事。

それと、
どちらかというとプライドに近い責任感や、義務感を全うすることで
自分の利益になることもある。
てか、せっぱ詰まったときや正直つらいときに自分を動かすのは
この動機かもしれない。


でも、それだけじゃない自分の利益。

愛情もわきにくい“遠い”ものと、自分にとって“近い”と感じる
身近な人、もの。

そのつながりを、リアリティーをもっていつも想像できたら、
いいのになぁ。
テレパシーみたいに、痛みや愛情が伝わってきたら、いいのになぁ。


そのためにも、今は自分にとって“近い”と感じる社会と
ちゃんと向き合って、「大切だ」と思う気持ちを強くしたい。
自分にとって“近い”と感じる社会を、少しずつ、少しずつ
広げていきたいな、と思う。




インタラクティブ 

2006年12月08日(金) 0時39分
「interactive:(形)相互に作用する」


今日、ゼミで最後の卒業論文の発表があった。
ここからは、最終締め切りの1月15日まで、
自分のペースで進めていかなくちゃいけない。

今日のゼミで、ちょうえいの論文発表で、
出てきた「インタラクティブ」。

この言葉、いいね〜♪
今の私にとっても響く言葉です。


私は、インタラクティブな友人が大好きです。

インタラクティブな恋愛をしていきたいです。

誰とでも、インタラクティブな関係を築いていけたら、
本当にハッピーです。


けれど、何にしても、やっぱり自分から相手に作用
していかないと、伝えていかないと。
私っていうスパイスを、効かせるだけの自分の味を、
自分でつけていかないと、舌を敏感にしていないと。
伝えたいことを作っていかないと。

待ってるだけじゃあ、だめなんす。


夏の分科会で、
「ちっきーさんは、なぜ働くんですか?」
という質問をもらって、
とっさに出てきた言葉。

「素直でいるために、働きたいです。
素直になるために、働きたいです。」

素直になるために、心の声を聞いて、
それを誰かに伝えていかないと、
行動に変えていかないと、
私の分の作用は相手に伝わらなくて、
結局相手からも何も受け取れない。


理想の姿と、現時点の自分とのギャップを、
素直に認めたいと思う。

自分を自分で受け入れられなきゃ、
ほかの誰も受け入れることなんて、できないものね。
P R
2008年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:chicky
  • アイコン画像 血液型:A型
  • アイコン画像 現住所:東京都
読者になる
時に私のもとに舞い降りる、素敵な想いや時間たち。ハッピーバースデー♪ 日々感動を求めて、現在22年目!
最新コメント
アイコン画像あすか
»  (2007年03月17日)
アイコン画像ちっきー
»  (2007年03月17日)
アイコン画像ますみ
»  (2007年03月15日)
アイコン画像32goo
»  (2007年03月13日)
アイコン画像ちっきー
» わたしのあかり (2007年03月10日)
アイコン画像トモ
» わたしのあかり (2007年02月28日)
アイコン画像キムタロ
» わたしのおうち (2007年02月26日)
アイコン画像ちっきー
» わたしのおうち (2007年02月24日)
アイコン画像ずきん いや今日は「なきむしん」
» わたしのおうち (2007年02月15日)
アイコン画像キムタロ
» わたしのおうち (2007年02月15日)
Yapme!一覧
読者になる