浮気調査を実行する前に確認せねばならな

May 25 [Wed], 2016, 18:54
浮気調査を実行する前に確認せねばならない事があります。
それは、浮気が実際に行なわれているか否かを明確にする事です。

確かな異性との遊びの痕跡を入手出来ない場合には改めて、調査を続行するか否か決めなければなりません。
もしも浮気が確かなこととなれば、次に、浮気相手の素性を入手する必要があります。
尾行によって勤務先のパートナーの行動を確かめたり、こちらの存在を悟られぬよう注意をしながら、浮気相手の素性を証拠として押さえるのです。興信所や探偵を利用する事由の大半は、異性との遊びの行動調査ではないでしょうか。奥様の第六感的にあやしいから、浮気の有無をとりあえず調べてほしいとか、離婚裁判の証拠として採用されるような報告書が欲しいといったケースなど依頼者のニーズに合わせた調査をしてくれます。


とくに異性との遊び対象に慰謝料の支払いを要求する際は、はっきりとした裏付けをとるためにもその道のプロを利用するのが良いでしょう。浮気調査に対して探偵に払う費用は一般的に「実費」と「時間給」になるでしょう。実費に含まれるのは、電車やバスなどの交通費、写真現像代やフィルム代といった費用になりますが、調査の際の食費が上乗せされることもあるようです。

時間給は、人数×時間で算出した費用です。短い期間で異性との遊び調査を終えると費用も安くすむりゆうです。

探偵社による異性との遊びの追跡調査には、成功報酬タイプもあることを覚えておくと良いでしょう。



こう聴くと、男女の関係の裏付けがとれなければタダで済んで結構トクな感じがします。でも、ターげっと〜の浮気の有無が曖昧(ややシロ)だったり、普通より調査に時間がかかりそうな場合はお断りというパターンもあるようです。さらに、これが一番多いケースなのですが、首尾よく証拠を入手できた際は「うわっ」と思うような請求書をつきつけられることもあるので注意してちょーだい。


浮気調査の依頼をするときには、調査員を何人でみておけば良いのかというと、調査の方法や時間などによって幅がありますが、調査は大体2人程度で行っているようです。

しかし、まだ異性との遊びが確定でない場合には、調査員が1人で浮気をしているかの確認を行う事が多いです。異性との遊びが明るみに出てきたのなら、再度考えて調査員の数などの詳細を決めていきます。このごろは技術が進み、GPS機能を使えば、浮気が懸念される人の位置情報を発見することが容易になりました。

GPS機能つきのスマホをもたせることができれば、誰でも簡単に、ほぼリアルタイムで位置情報がわかるのです。法律に触れることはないので、自力でパートナーの異性との遊びを見つけようと思ったら、便利です。ただ、位置情報だけでは証拠にはならないのでご注意ちょーだい。


どういうりゆうか異性との遊びというのは、何度も繰り返す例も少なくないようです。

交際相手とのやりとりが見つかって、反省の態度は見せるのですが、こっそり連絡をとって、ほとぼりが冷めるのを待っているおそれは充分あります。



不審な行動に気づいたら、興信所などを使って調査してもらい、きっちり不倫の裏付けをとり、決着をつけてもらいましょう。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ショウタ
読者になる
2016年05月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/twhpeaswanmecp/index1_0.rdf