バブル(泡)経済

January 26 [Sun], 2014, 19:52
つまり金融機関の信用格付けとは→信用格付機関によって金融機関など含む国債を発行している政府や、社債を発行している企業などに関する、支払能力などの信用力を一定の基準に基づいて評価しているのである。

郵政民営化に伴い誕生したゆうちょ銀行

この「銀行の経営の行く末は銀行自身に信頼があって繁栄するか、融資するほどの値打ちがない銀行であると認識されたことで失敗するかのどちらかである」(米モルガン・スタンレー、ローレンス・マットキン氏)
確認しておきたい。外貨両替の内容⇒海外を旅行するときだとか外貨を手元に置かなければならない場合に活用されるものである。近頃は日本円に不安を感じているためか、外貨を現金で保有する場合も増えている。為替手数料はFX会社と銀行で大きく異なるので気をつけよう。
今はタンス預金なのか?インフレの局面では、物価が上がれば上がるほど現金はお金としての価値が目減りするという現実。当面の生活に必要とは言えない資金は、タンス預金よりも安全で金利が付く商品に変えた方がよいだろう。
そのとおりロイズって何のこと?イギリスにある世界有数の保険市場を指すと同時にイギリス議会による制定法の規定によって法人化されている、ブローカー(保険契約仲介業者)そしてそのシンジケート(団体や組合)が会員の保険組合を指す場合もあります。
小渕首相が逝去、森内閣が発足した西暦2000年7月、旧大蔵省から金融制度の企画立案に関する事務を移管させてこれまでの金融監督庁という組織を金融再生委員会の指揮監督する金融庁に再組織した。翌平成13年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、内閣府(旧総理府)直属の外局となった。
このため我が国の金融・資本市場における競争力を高めることを目的とした規制緩和だけではなく、金融に関する制度のますますの質的向上の実現のための取組や業務を実行する等、市場環境と規制環境の整備が常に進められているのです。
昭和46年に設立された預金保険機構が支払う預金保護のための保険金のペイオフ解禁後の補償限度額は"預金者1人当たり(名寄せ、融資の相殺がされた上で)1000万円以内(但し当座預金など決済用預金は全額)"ということになっています。この機構は日本政府、さらに日本銀行合わせて民間金融機関全体の三者ががだいたい同じ割合で
Y2Kともいわれた2000年7月、当時の大蔵省よりさらに金融制度の企画立案事務も統合しこれまでの金融監督庁という組織を金融庁(現金融庁の前身ともいえる)に組織を変更。翌2001年1月、98年設置の金融再生委員会を廃止し、金融庁は内閣府直属の外局となったのです。
簡単に知りたい。バブル経済(日本では91年まで)って何?不動産、株式などの時価資産の取引金額が過度の投機により経済成長(実際の)を超過したにもかかわらずそのまま高騰し続け、とうとう投機による下支えができなくなるまでの経済状態のことである。
北海道拓殖銀行が破綻した翌年の1998年12月、旧総理府の外局として大臣を長とした新しい組織、金融再生委員会を設置し、金融監督庁(民間金融機関等の検査・監督)は平成13年1月に内閣府の外局となるまで金融再生委員会の管轄下に2年余り配されたことが多い。
我々の言う「失われた10年」という言葉は、ある国そのものや地域の経済活動が約10年超の長きに及ぶ不況や停滞にぼろぼろにされた10年を意味する言い回しである。
昭和14年制定、平成7年改正の保険業法により、保険会社と呼ばれるものは生保を扱う生命保険会社または損保を扱う損害保険会社、2つのうちどちらかに分かれ、いずれの場合も内閣総理大臣から免許(監督および規制は金融庁)を受けている者以外は設立できないとされています。
難しそうだが、外貨MMFについて。現在、日本国内で売買が許されている外貨商品である。外貨建ての商品でも外貨預金と比べて利回りがよく、為替変動の利益が非課税だというメリットがある。証券会社で誰でも購入できる。
麻生総理が誕生した2008年9月15日、アメリカで格付けAAAの投資銀行であるリーマン・ブラザーズが信じられないことに破綻したのだ。この誰も予想しなかった大事件が歴史的な世界的金融危機の引き金になったことから「リーマン・ショック」と呼ばれることになったのです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:twbzisrm
読者になる
2014年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/twbzisrm/index1_0.rdf