最近の転職事情

July 11 [Thu], 2013, 15:33
一般的に、履歴書や職務経歴書を見ればその人がどういう仕事をどのようにこなしてきたかが分かると言われますが、短期間で仕事を辞めていることは採用する企業側からすると決して良い印象は受けません。

忍耐力が無い人間だと認識されてしまうからです。
しかし、第二新卒者に対してはそういった風当たりが年々弱まってきています。

企業によっては、積極的に第二新卒者を受け入れようと考えているところもあり、社会の環境はどんどん変化してきているのです。

年齢は新卒者と2、3年しか変わらないので、仕事そのものに対しては大した差は期待しておらず、むしろこれから育てようという姿勢で採用してくれる会社が多いようです。

また、第二新卒者は一度就職で失敗してからの就職活動になるので、本当にその仕事がやりたくて希望してきたのだという風に前向きに捉えられます。

新卒者ではなく第二新卒者だから期待されるということも多いですが、就職してからは仕事にもやりがいが生まれやすくなります。

新卒者に比べて人材育成費などの経費が低く抑えられて育成もしやすい第二新卒者は、企業にとっては都合が良いために率先して第二新卒者を受け入れようという風潮になりつつあるのです。
第二新卒について詳しい情報はこちら
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:フラワー
読者になる
2013年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tw32nzs4/index1_0.rdf