【 更新情報 】

tw200の燃費について

TW200はストリートバイクの1つです。とても人気があってヤマハがつくっています。「TWといえばここ」というところはやはり極端についている太いタイヤの「バルーンタイヤ」で、とても特徴的です。
カタログではTWの燃費は50km/Lと書いてあります。ですが、普通に走行しても50kmで走ることはまず無理でしょう。長距離走行するのであればリッターあたり約30kmほどです。しかし、街などの都会で走行することが多い場合はリッターあたり20kmぐらいに落ちてしまいます。さらにオフロードで走行している人はリッターあたり10kmにまで下がってしまいます。リッターあたり30kmの時は理想値に近い状態で、その30kmのバイクは何も障害がなく、ほとんどトップギアで走行しています。止まったり、走ったりしなくていいのでギアを変えることが少ないからです。
理想の値は50kmなのですが、現実は30km走れればいいほうです。しかし、30kmあっても十分と思いますので大丈夫です。街の方を走るのであれば25km走れればとてもいいと思ってもらっても大丈夫です。
燃費はいいとも悪いともとれますが、自分がだいたいいつもどこを走っているのか、そして走っているところがわかったら燃費の値を比べてみるといいと思います。

tw200のチューニング

TW200はYAMAHAが作っているとても人気のあるストリートバイクの1つです。一番特徴的なところは先のほうに太目のリヤタイヤをつけているところです。このタイヤがあってこそのTW200とまで言われるほどです。これを「バルーンタイヤ」といいます。また、200cc空冷SOHC2バルブ単気筒エンジンもついていて、これは中低速を考えて作られたようです。このエンジンとタイヤがオフロードでとても役に立つようでストリートにはもってこいのようです。
「モトショップ五郎」というお店を知っていますか?東京都杉並区にあるお店です。名前の由来は漫画からとっているそうで、TW200の「スカチェーン」という言葉をつくり、ストリートバイクにカスタムをするという新しい発想を生み出した店です。この店が雑誌に載ったことがきっかけで若い人たちがTW200を注目し、人気が一気にあがりました。当時、あまり人気がなかった車種のため価格もそんなに高くなくて買う人が増えました。またドラマ「ビューティフルライフ」でSMAPの木村拓哉さんがTW200に乗っていたことがさらに人気を呼び、スカスカのチューニングを施したTW200がとても増えました。
みなさんもこの機会に一度バイクショップに訪れてみてみるといいと思います。特にストリートバイクを買う人にはとてもおすすめです。

tw200のおすすめカスタムパーツ

TW200なヤマハが生産しているバイクの1つで、ストリートバイクとしての人気はとても高いです。以前はTW200だけだったのですが、2002年からTW225も発売されています。“ティーダブ”というものを聞いたことはありませんか?これはTWの愛称です。
TWの「T」はトレール、「W」はウェイという意味です。TWは道でないとこも走行できるアドベンチャーオフロードモデルです。また、先端部分に「バルーンタイヤ」という太いリヤタイヤが付いています。「TWといえばこのバイク」といわれるほど特徴的です。もともとオフロードを走るバイクとして作られあまり人気があるほうではなかったのですが、特に必要の無いパーツを可能な限りはずしてスカスカにし、軽量化したTWが大流行して今ではすっかりストリートバイクのトップです。このような軽量化のことをスカチューンといい、スカスカチューニングの略です。例えば、大きい部品をはずして小さい部品に付け替える、配線をまとめる、カバーなどを取り外すなどがあげられます。
こういったカスタムはTWが最初に行ったようで、次に発売されたTW225は最初から軽量化をはかってシンプルなつくりになっています。
改造するとこはいっぱいあると思いますが、マフラー、フェンダー、ライトなどをいじるのがいいと思います。
P R