とんび 後編 

2012年01月15日(日) 20時17分
ダイエットやエステ大好き body&skin

とんびの後編、涙がいっぱいでました。
前編同様、特別な展開があるわけではありませんでしたが
特別ではない、親が子を思う気持ち、子が親を思う気持ちが
やさしく表現されており、そのやさしさを感じて涙が溢れました。


やっぱり私がそんなお年頃なので、このドラマが持つメッセージが
ストレートに心に届いて、感動したのだと思います。


まだ自分が若かったらこんなに泣いていなかったドラマかな〜


大切に思う家族がいるお年頃の方は、是非見てほしいです。
穏やかな感動の涙が溢れると思います。


とんび 公式サイト


【便利PR情報】
ネットで50%OFF以上でショッピングできるサイト


★★★★★★公式サイトで公開している「後編」★★★★★★

高校三年になりアキラ(池松壮亮)は受験勉強に励む。
アキラと離れて暮らしたくないヤス(堤真一)は広島大学への進学を勧めるが、
アキラは内緒で早稲田大学を目指し邁進する。


本心を知ったヤスは寂しさのあまり激怒し、東京に行くなら学費も生活費も
出さないと言い放つ。


たえ子(小泉今日子)たちの計らいでアキラは照雲(古田新太)の寺
観音院へ下宿し勉強を続ける。
幸恵(谷川清美)や葛原(塚地武雅)も、ヤスが子離れして自立するための
"お試し期間"だとアキラの家出に賛成する。


一方、ヤスは寂しさに耐え切れず、毎晩飲み歩いた末に栄養失調で倒れてしまう。
結局ヤスはアキラの希望を受入れ、アキラは見事、現役合格を果たし上京する。


五年後。
一人暮らしのヤスの元に不審な無言電話がかかってくる。
それは、かつて幼いヤスを見捨てて上京した実父からの電話だった。


一方、海雲和尚(神山繁)の見舞いで帰省したアキラは、
東京での雑誌記者のアルバイト、卒業後もそこで働く決意、
そして、東京でお父さんと一緒に暮らしたい、と伝える。


後日、実父が危篤と知ったヤスは、照雲たちに説得され上京する。
それでも、まだ再会を躊躇するヤスはふと思い立ち、アキラが働く出版社を訪ねる。
ヤスはそこで編集長から、アキラが入社試験で書いた作文を渡される。
そこには、アキラが既に母の死の真相を知っていたことが書かれていた…。


六年後、アキラは広島で子連れの結婚式を挙げる。
東京で孫と一緒に暮らさないかと誘うアキラにヤスは、
自分は東京には行かない、アキラと家族がいつでも帰ることが出来る"ふるさと"として、
これからもずっと広島に居ると語るのだった…。


★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★
特価品ドットコム 半額以下は当たり前!

プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:バレッタ
読者になる
2012年01月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
アイコン画像やまちゃん
» ティーンコート ドラマ (2012年01月18日)
Yapme!一覧
読者になる