まぼろしの皮膚炎完治マニュアル

September 21 [Sat], 2013, 19:01
小さい靴を無理をして履くのもよくないですが、大きすぎる靴を履いても、つま先だけに圧力がかかってしまいます。
足の裏などの一部の皮膚が硬くなってしまう症状に悩んでいる方もたくさんいるようです。
足に合わない靴を履いたり、ハイヒールを長時間履いていると、足の特定の部分に圧力がかかりつづけて、角質が厚くなってしまうことがあります。
ただ皮膚が厚くなっているだけならで痛みがなければ放置しておいても大丈夫ですが、中に芯ができている場合は、うおの目で痛みもあるので治療をした方がよいでしょう。
市販薬のスピール膏やうおの目コロリなどが簡単に入手できるので使用している人も多いようですが、完全に取ることが大切です。
原因の多くは足に合わない靴を履いていることで、大人の場合には扁平足や外反母趾の人がなりやすいです。
ファッション性を重視するあまりに足に合わない靴を履いていると、特定の場所にいつも圧力がかかることになり、その部分の皮膚は厚くなり角質化していき、やがて中心に芯ができて痛みを生じるようになります。
スピール膏の場合には、シールは大小の2つのサイズがあり、穴の大きさも3mmから9mmの6種類があり、それぞれの患部に合わせて選べるようになっています。
硬くなっている部分は細胞が死んでいるので、削り取っても問題はありませんが、清潔な道具を使わないと最近感染することがあるので注意が必要です。
絆創膏型で患部に貼って使うものがスピール膏CXで、ドラッグストアで入手することができます。
皮膚炎の気になるギモン
皮膚炎のWhat?
皮膚炎のヒミツ☆
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tvfabwgx
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tvfabwgx/index1_0.rdf