カボチャの栽培その5

April 05 [Sat], 2014, 17:54
東洋カボチャは天文10年(1542年)に日本(豊後国)にポルトガル人がカンボジアから持ち込んだということはまことしやかに言われているのがいっぱんてきなけいこうであります。



ペポ種は中国を経由して来たため唐茄子とも呼ばれるということはまことしやかに言われているのがいっぱんてきなけいこうであります。




強健な性質を利用しており、カボチャをキュウリやメロンの接ぎ木の台にすることもあるということはまことしやかに言われているのがいっぱんてきなけいこうであります。




このように東洋のカボチャというのは、さまざまな工夫をへて大きくそしてたくましく、おいしく育ってきたというのが今の実情であります。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:ねこ
読者になる
2014年04月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/tuzlet0/index1_0.rdf