椎間板ヘルニア 

2004年12月09日(木) 14時41分
12月1日の検査で、ココ3カ月痛かった腰は椎間板ヘルニアだとわかった。
MRIで撮影したらしっかりとはみ出ていた・・・。

でも、足の痺れはないので、とっても軽いらしい。
ネットで色々調べたら、入院するととても大変らしい・・・。
なんとしてでも、このまま温存療法で症状が出ないようにしなきゃっ!
って、MRIをやった病院の整形外科医の態度がメチャメチャ悪かったから
通う気ないし。
接骨院だけで治るかなぁ〜まいったなぁ〜。

ついでに、まだ30になったばっかりなのに、
右肩が40肩になった・・・。

ついてないなぁ〜。

読書感想? 

2004年12月03日(金) 2時18分
夏に読んだ遠藤周作・・・。
あれ一冊しか読まなかったけど、あとがきだっけか?主人公のモデルになった人の文が載っていたんだけど、最後にそこを読んで「これだけで良いじゃん・・・」と思った。

本は個人の好き嫌いが出るからなんとも言えないけれど、
あたしは最後まで読んで「バカヤローっ」と思った本の1冊だね・・・。

ちなみに今は「アダムの呪い」(ブライアン・サイクス著)を読んでいます。
オックスフォードの遺伝学の教授が書いている本で、なかなか面白い。
この本の前に「イブの七人の娘」を読んだんだけど、そっちもなかなか面白い。

あ、面白い小説って言えば「ダヴィンチコード」これは面白かった
かなりマニアックに色々な複線が張り巡らしてあって飽きずに読めた。

発覚2 

2004年12月03日(金) 2時08分

結局今までどおり、接骨院で治療をする事にした。
接骨院の先生にMRIの結果を伝えると「あぁ。やっぱりヘルニアだったかぁ・・・。痺れが出ていないからまだ軽い方だけど、完全に治すには手術しかないから、あとは痛みがあまりで無いように治療していくだけだねぇ〜」と言われた・・・。

あぁ、一生ヘルニアを抱えて生きていくんだわ・・・

四十肩の方も接骨院の先生に診てもらうと、「あぁ、これ腰が痛くなかったら(接骨院に)こなかったでしょう?」と聞かれ「はい。」と言うと「もし、これでウチに来なかったら1ヵ月後には腕が上がらなくなってたよ。」と言われた・・・
四十肩、五十肩はその年代で発症しやすいからそういう通称がついているらしい。
正式名称を接骨院の先生が言っていたが忘れた・・・

ま、とにかく、危なかった・・・正月から腕の上がらない生活なんて・・・
しっかり出来る限り接骨院に通おうと決心した。

船越英一郎と同じクシャミ一発ヘルニアなんて・・・切ないなぁ〜

発覚1 

2004年12月03日(金) 1時33分
12月1日。腰のMRIを撮った。
MRI・・・えらく天井が低く、身動きが取れない上に工事現場のようなけたたましい音・・・。
『20分程度掛かります。』と検査技師に言われ閉じ込められた。
『閉所恐怖症とかありますか?』と聞かれた時にキッパリ『ありません。』と言ったけど、MRIは我慢の限界だったかもしれない・・・。

棺桶のようでとても気分が悪くなった。

もう限界だって思ったところで、『それでは検査は終了致しましたので。』と寝ていた台が動き出した。あと数分長かったら半狂乱になっていたかもしれない。

MRIの天井に人の引っかいた爪痕があった・・・。
もう少しでアタシも機械の中で大暴れだったかもしれない・・・。
もう2度とあれはやりたくない・・・。

結果、この約4ヶ月つ続いていた腰痛は『椎間板ヘルニア』だと確定。
見事に腰の骨と骨の間のクッション部分が潰れた饅頭のようになっていた

診察中にやたら腕時計を見て、仕事のやる気が全然感じられない
流れ作業にように診察をする医者がMRIの写真を見て
『軽い方だから手術の必要は無い。』と言った。
『右肩が2,3日前から痛くなっていて、なんなのか?』と聞いてみたら、
腕を動かしてポーズを取らされ『痛い!』と言った瞬間
『四十肩』といわれた。
今年30になったばっかだっつーのっっっ

治療法を聴いてみたら、腰の骨の牽引とシップだとか塗り薬しかすること無いみたいな事言われ、感じの悪いやる気のない医者に通う気にはなれないので、どれも断って5千ちょっとお金を払って病院を後にした。

夏ばてだ・・・ 

2004年07月15日(木) 1時33分
喉いたい・・・喉の左側にぷっくり腫れたものがあるようにみえるんだけど・・・
そして、それが、痛いんだけど・・・。
これってポリープかなぁ・・・。

夏ばても酷くって全然食欲が無いってことはないんだけど、
食べたいなって思うものが病人食だよ・・・。
まいったなぁ・・・。

遠藤周作 

2004年07月02日(金) 1時31分
ネットサーフィンをしていて紹介されていた遠藤周作の「彼の生きかた」を買って見た。
名前は国語の時間覚えた気がする・・・くらいのもんで、実際読んでみるのは初めて。

サルとそれにかかわる人のお話。

読みやすい

体調悪い・・・。 

2004年07月01日(木) 1時36分
なんか体調が悪い。
この間医者に行って風邪薬もらってきたんだけど、良くなっていないのかもしれない。

そーいえば、午前中スゴイ雷がなって雨が沢山降っていた。
午後にはうそみたいに晴れ渡って、ちょっとムシムシした感じだった。
ご飯を食べて、暫くしたら腹痛に襲われ・・・久しぶりにゲリピー・・・。

でも1回で収まったから大した事無かったんだって思ったんだけど、
その後もちょっとお腹がシクシクと痛んだ。

彼氏の家に行って、帰ってくる時、急に腹痛にまた襲われ・・・家まで持たないかと思ったけど、何とか間に合った。
危なかった・・・。なんでこんなに家が遠いんだろうなんてちょっと思った。

風邪がお腹にきたのか、ストレスか・・・。
参ったもんだ

6月18日 

2004年06月18日(金) 1時51分
家で11年飼っていた文鳥の文ちゃんがとうとうお星様になってしまった。
まだ暖かい状態で死んでしまったフミちゃんを発見。
ドンドン冷たくなっていく体をずっと撫で続けた。

半年の闘病生活。
ご苦労様。

様子はどうかな?大丈夫かな?って籠を覗く習慣が付いてしまっているのに
文ちゃんが居なくなってから気が付いた。

悲しみが波のように襲ってきていた。
ずーっと居た文ちゃんが居ないのが不思議でたまらない。
変な感じ。

なんだかよく分からないけど 

2004年06月16日(水) 14時52分
登録してみた。
2004年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
最新コメント
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tuyufumi
読者になる
Yapme!一覧
読者になる