1午前の憂鬱な時間

September 27 [Fri], 2013, 20:38
本屋はひっそりしていて、時〜初春、人もだるいものぐさが怠惰です。私は《郁達夫の文集》を取って見ていて、1つの短編小説が読み終わっても入って来る1人の顧客がなくて、1種の言い表せないのが憂鬱でひっそりしている心にとめる間であふれ始めて、許可するのは郁達夫の文字の感染の免じることを受けるのです。たばこを引き出して、漂っている煙霧の中復はまた彼の文章を読み始めて、憂鬱でだんだん濃いです。隣家ホテルの送風機は明け方から一刻も止めていないで、ずっとブンブンぶん言っています。太い社長と彼の妻は顧客の音に対処して少しも同じく止まっていないで、とても親切で、音調は多少伝統的な演劇を歌うようで、同じくとても婉曲です。あちらのがにぎやかでこちら(側)の寂しい際立たせることもとで更に現してにぎやかになって、こちら(側)のひっそりしているのはも愈顕はひっそりしています。学んで文武芸を得て、商品と帝王家。帝王はなくなって、腹の中の1時(点)の文筆の息は更に方向が探し出せないで、まだ大きな字は1かご知っていないで外出するほうがいいです腕前を学ぶ人。その上、すこし咳をして、自分であの犬の大便のする鞭、(文)をかいで踊ってはならなくなってはならなくて(武)、誰が自分にこのように無能にならせるか?本が読むのは長くなって、自然なことの頭はもうろうとしていて、すぐ書物をおろして、更に思うのがふさぎ込んでいて、つまりません。テレビを開けて、中央テレビ局の第1チャンネルが大量の京城人を放送して1大広間の中で京城の不動産のがそうではないことを責めて、料金徴収の高い管理が悪いと言います。私、1つのプロレタリア、うっとうしく別のブルジョアジーが家の広さを議論することを見て、中庭の大きさ、どんな車、紙幣がまだあって、更にうっとうしく良い家に居住して資本に尊大ぶって大きいことが開いていてに向って度量が小さく駆け引きをします。そこでニュースプラグを奪い取って、1匹のミカンを持って皮をむいて、1かけらが書き入れて口の中でこれこそ1種のとても良い感銘なことを取り出して、味が確かに大変結構なため、ひとつ食べてまた離れることに忍びないで、またひとつ食べて、いっぱいな手の口腔全体の桔香の4はあふれます。日光はいつすでに書棚の上で発射したことが分からないで、光線の青白くすごみのある銀のようなのはまぶしくて、許可するのは近い昼ごろになったか?1つの午前の時間はこのように速さは抜け出して、私の憂鬱な中にあります。日記帳とペンを取って私のつまらなさと迷うことを覚えて、気持ちは少し少し良いです。外の明るい日光は私に向って手を振って、そこに楽しい海洋、そこで私は書き始めていって出て行くことをなくして、春日の日光の下で入浴します。なぜかというと、私も1つの追求の楽しい人です!なぜかというと、私はとても変態が憂鬱にならないことが好きです。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tuxbztvm
読者になる
2013年09月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
ヤプミー!一覧
読者になる