英語通訳案内士試験合格マニュアル 田中 春子 評価 

December 11 [Fri], 2009, 21:27
詳しく見る

もし、語学で唯一の国家資格“通訳案内士”に最短ルートで一発合格したいと願うなら…ただし、通訳案内士試験への挑戦はすでに始まっています。
私の立場上、少々言いにくいのですが・・・
もしあなたの勉強法が過去問集や中・高の教科書、参考書でひたすら勉強している。

通訳案内士試験の予備校などから資料を集めたり、講座を受けている。
市販の通訳ガイド試験対策の書籍を買ってコツコツ勉強している。

これらの3つの項目のうち、どれかひとつでも当てはまるなら、あなたは膨大な時間とお金を無駄にしていることになります。
なぜなら、通訳案内士試験に一発で合格するためには、リーディングやリスニングも重要なのですが、それよりももっと重要なことは・・・この手紙には、その「勉強のやりかた」についての全てが書かれています。

「英語通訳案内士」に合格するための最適な勉強法がここにあるのです…。
その勉強法をあなたにお伝えしたくて、今私はこの手紙を書いております。

あなたは
「英語通訳案内士に合格したい」
「1年後にまた試験を受けるのは何としても避けたい!」
英語通訳案内士に合格するために必要な「とても大事なこと」を今からあなたにお話します…
まずは、当教材に届いた推薦のメッセージをご紹介します。
詳しく見る
関西学院大学/大阪府立大学 英語非常勤講師 喜多尊史先生 石井先生とは既に25年のお付き合いがあります。

今度のマニュアルを拝見して石井先生のこれまでの蓄積された知識とエネルギーが溢れ出るのを感じました。
□Voluminous Content
これほどの膨大な情報量を誇る講座は他にはないでしょう。

ガイド通訳者に必要な専門用語 (Technical Terms) が実に興味深く説明されています。

□Organized Lecture
石井先生の講義の特徴は準備の行き届いた内容が順序良く展開される点にあります。

この講座は雑学や思い付きの寄せ集めではありません。文法、単語、読解力、作文力、さらにはガイドとして必須の事項が体系的に展開された講座 (Organized lecture) です。

これまでの英語の頭文字をあわせると、VICTOR (勝利者)になりますね。この講座を活用して貴方もガイド通訳試験の勝利者になってください。

観光大国である日本もこのグローバリズムの中で多くの外国人を観光客として受け入れ、日本文化を世界に発信せざるを得ない現状となっています。
こうした現状を踏まえ、益々多くの通訳案内士、とりわけ英語による通訳案内士の需要が高まってきており、国家試験としての「通訳案内士試験」が注目されています。
通訳ガイドのプロである石井隆之氏による「通訳案内士試験合格必勝完全マニュアル」は、下記の理由から「通訳案内士試験」合格の必読のマニュアルになることは、間違いありません。
1.通訳案内士試験(英語)の全ての試験(1次の2種と2次)に、きめ細かく対応している。
4.日本文化についての解説のすばらしさが突出している。
5.通訳案内士試験についての情報が満載である。
詳しく見る
P R
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tuuyakumnl
読者になる
2009年12月
« 前の月  |  次の月 »
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
最新コメント
Yapme!一覧
読者になる