介護福祉士の現状

介護福祉士の現状では、日本政府は現在タイとの自由貿易協定の終結を迎えるということでタイの介護福祉士免許を持った人たちを受け入れるかどうかということを検討している。日本では規制緩和の影響もありフィリピン共和国の介護福祉士の国家資格を持った者が日本の介護施設での受け入れについても合意になり2年間で1000人の人数枠が設定されている。また、インドネシアとの間では、日本国の国家資格を取得するために知識や技術などを習得することを前提にした人たちの受け入れと介護福祉士資格を習得した場合には就労が可能になっている。現在の日本における介護福祉士の置かれている状況は、先にも書いたように非常に社会的地位が低い状態になっており、さらに給与水準が低いということまた、平成23年の国家資格取得のハードルが高くなるということを考えると、このような外国人の受け入れというのは、安い賃金で介護福祉士を賄うのではという懸念がでていることである。本来であれば介護福祉士と医者や看護士との連携を深めるためにも社会的地位を上げることや給料体系など社会システムを考えるべきなのだが、高齢化の社会を迎えるなかで外国からの人材を安い賃金で補おうとする安易な発想が見え隠れしている。国際社会的に見ても問題があるのではと思う。

介護福祉士資格の取得方法と問題点

介護福祉士の資格を取るためには現在の段階では2種類の方法があるのですが、この資格の取得方法も平成23年を境に変更になることが決まっています。介護福祉士の資格を取るためには現在は、厚生労働大臣の指定している養成施設を修了して登録する方法が一つともう一つは介護実務経験3年以上で国家資格に合格するという方法の2つです。介護福祉士養成施設は、4年生の大学など最近は介護福祉学会などあり学部ができているのでこのような施設や介護福祉の専門学校などがある。介護福祉士の資格についての問題点というのは、平成23年からの変更で介護福祉士養成施設を修了した者で国家試験の合格者のみになるということである。つまりホームヘルパーなどの実務経験3年でも勤務しながらの介護福祉士養成施設に通うことがほぼ現実的に無理な状況になるために、現場の経験者からの介護福祉士の資格を取るということは不可能になるということである。たの国家資格も大学などの修了課程を経て国家資格を取るというケースのものはあるのですが、これからの高齢化社会に対応するためには、かなりハードルが高くなり人材の不足ということも考えられ将来の不安要因の一つとも言える状況です。

介護福祉士の概要

介護福祉士は英語名ではケアワーカーなどと呼ばれています。よく聞きなれた名前としては、ホームヘルパーという言葉が一般的に使われていますが、これは訪問介護人のことを指しているのですが、ホームヘルパーをする人たちも国家資格である介護福祉士の資格が必要ではありません。また似たような資格では社会福祉士があり英語名ではソーシャルワーカと呼ばれていたりします。介護福祉士が仕事をする主な場所としては、やはり特別用語老人ホームであったりデイケアセンターなどがすぐ思いつきますがほかにも社会福祉の施設のあるところで活動の場があります。当然ホームヘルパーとして介護福祉士は、在宅の要介護者に対しての訪問介護も行っています。介護福祉士の仕事と連動しているものは何かというとそのほかの国家資格である医師免許を持った医者や看護師そしてリハビリテーションなどの分野と非常に密接なつながりがあるのです。介護福祉士は現場で要介護者とのお付き合いですが、多くの要介護者は何らかの持病を持っているケースが多いので、医者や看護士との連携ということがこれから求められ発展しないといけない点です。介護福祉士は社会的な地位の高い医者や看護師に比べて現在はまだまだ社会t機地位が低いということが盛んに叫ばれています。これからの課題としては、介護福祉士の社会的地位の向上と給与体系の制度化が求められていくところです。
P R