通信制高校での学習内容を資料請求

May 25 [Sun], 2014, 5:30
通信制高校での学習は
(1)レポートの提出(年間50〜60本で、50本より少ない学校もあり)
(2)スクーリングに出席する(年間20〜25日)
(3)テスト(単位認定試験)を受ける

−の3つの方法によって進められることになっています。

レポートやテストの回数や日数は各教科によって決められています。

基本的には、単位制(無学年制)をとっているため、「留年」がありません。

自宅で教科書を読んでレポートを書いて
提出して合格+学校で単位認定テストを受験して
合格するという学習が中心です。

レポートと単位認定テストによる授業が通信授業で
こちらはレポートとテストに合格して単位がとれます。

その他に、学校に通学して直接授業を受けてテストを受ける
スクーリング(面接授業)があります。

こちらは、出席して授業を受けて最後にテストがあり
それに合格して単位になります。

☆通信制高校の在り方


通信制高校の在り方は
タイミングを失ったり
今学んでおこうとする人たちにとっての
いい勉強の場を与えてくれていると思います。


スクーリングの形態も学校によっていろいろです。
◎週に何日か通う高校もあります
◎1年に1回程度の集中スクーリング をにより学ぶ高校もあります
◎さらに、全日制高校とかわらない週5日間(月〜金)
 まるごと通って授業を受けるコースを持つ高校もあります。

なので、自分が生きたい学校や資料をきちんと把握しより良い学び、
と環境を事前に確認してしっかり自分で理解してほしいと思います。

詳しい資料を早めにとって
しっかり自分の考えと照らし合わせてみてくださいね。


ちゃんと卒業すれば 大学にも行けます。

詳しい資料はこちらで
気軽にお取り寄せください。