薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法の新事実と浜田ブリトニー ダイエット方法

November 06 [Wed], 2013, 2:51


おはようさんです


現在薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法レビュー特集中です(^^)
薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法は、本当に効果があるのか?興味深々ですよね?
↓↓

薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法体験評価はこちら


メインサイトでは、渡邉 耕さん作の情報教材薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法を体験した上で、
特典付きでお届けしています。


購入前は眉唾ですけど、実際のところは・・・
詳細はこのページのリンクからご確認下さい。
↓↓

薬・厳しい食事制限の要らない痛風・高尿酸血症改善法体験評価はこちら


ちなみに、あとはテキトー日記です。
スルーして下さい(笑)


きょうのブレックファーストは赤飯と、かますと赤味噌のおみそしる

日本人で良かった〜(^^)



ゆっくり15分掛けて完食、9時24分にアパートを飛び出しました



駐車場に入り易いセブンに乗り込み、ペプシコーラをGET(^^)v



日本人で良かった〜(^^)。



勤務先に着いたら、ルーチンワークであるnewsを確認すると

目立つのがこれかな

↓↓

[ロンドン/ウィーン 5日 ロイター] -欧州中央銀行(ECB)が域内銀行の健全性を把握するための前段階として行うリスク査定について、ECBは一部銀行に対し、データ提出の期限延期を認めた。データをそろえる時間が十分でないとの声に対応した形たが、健全性審査の工程全体に変更はないとしている。

欧州の銀行関係筋3人によると、当初の期日は11月中旬までとなっていたが、ECBは、当該行のデータ提出の期日は11月29日までと明らかにした。

ECBの報道官は「収集データの質がなるべく担保されるよう」一部の国家監督当局は初回のデータ収集期限を「多少延期」することが認められているとした上で、「今回の措置が適用されるのはデータ収集に際し当局が困難や問題に遭遇している場合に限る」とし、すべての銀行に適用されるわけではないと述べた。

猶予期限が認められた銀行名は明らかになっていない。

関係筋によると、銀行に提出が求められているのは流動性や資金調達などに関するデータで、ある銀行幹部は、ECBから膨大な量のデータ提出を求められている上に、銀行側で収集していないデータの提出も依頼されていることから「困難を極める」と漏らした。
(この記事はロイターから引用させて頂きました)



へえ〜。。。

本当かな〜



次!本題!きょう、やるべき事と言えば

T君の話では何も売らないアフィリエイトに8時間と、ドロップシッピングの作業に2時間。



大した内容では無いのでかんたんに済むでしょう(^^ゞ



稼ぐぞ〜



稼ぐと言えばこれ?

↓↓





あらら(~_~;)殆ど被って無い?

こりゃ失礼^^;



それはそうとばんごはんは何しよ?

カレーか北京ダックが食べたいな〜



これも良いか?

↓↓





たぶんNEXT記事はこの後数時間後になると思います。

カミングsoon!


プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:Beth
読者になる
2013年11月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
http://yaplog.jp/tuuhuukaizen91/index1_0.rdf