相手が喜ぶことは何なのか、考えて行動することこそが、両思いへの道
2010.09.06 [Mon] 03:43

     
最終的な一線を越えるためのプロセスとなります。



十二分に罠をしかけたら、最後は、

狙った女の子からのレスポイント・反応を見逃さないことがポイントです!




「片思い」がそのまま成就せずに終わってしまったという

結果になるかもしれない、という不安によるものが大きいと思います。





誰しも両思いになって、自分からだけの

「片思い」ではなく、相手からも好かれたいと願うのは当然のことです。





本当に「片思い」してしまうほど好きな相手なら、

相手が喜ぶことは何なのか、考えて行動することこそが、

両思いへの道かもしれません。





誰だって

自分が一番かわいいわけですから、傷つかないほうを選んでしまいがちです。




「ごめんね。実はあの子、彼氏いるんだ。女の子集まらなかったからさ・。」



合コンで知り合った女の子を、狙おうと相談した時に言われた辛い一言でした。




今は、

「ゴメンなさい。付き合ってる彼氏がいるんだ!」

と言われると、本当に嬉しくなります。


 詳細はこちらをクリック