2種類の脱水症状とOS-1

August 06 [Thu], 2015, 16:32
単に脱水症状と言っても、2種類あるんだということを最近になって知りました^^;

1つは、この時期に流行りの熱中症だとか、食事は摂っていたものの水分を取らなかったなど、水分を失っていくタイプのもの。
もう1つは下痢・嘔吐・発熱などによって、塩分とともに急激に水分も失うものだそうです。

熱中症によるものなら、身体を冷やしながら水分を少しずつ(これも急に水を飲み過ぎるといけないそうですね)取ることで症状は収まっていきます。
それに加えて最近は、経口補水液として有名になっているOS-1をとにかく飲むという方が多くなっているみたいですね。
中には日頃から、『熱中症を予防する』という目的でOS-1を常備水のようにしている方も・・・。

しかし、これについては医療関係者から警告がなされていて、OS-1とは元々どちらかというと下痢などによる、塩分も共に失うタイプの脱水症状に対して用いるものだとされています。
むしろ医師からは、「熱中症による脱水症状が起こっても安易にOS-1を飲まないでくれ」とさえ言われているほどです。

現に、
水分を多く失った脱水症状 → OS-1を摂取し続ける → カリウム過多によって嘔吐などが発生 → 塩分不足を伴う脱水症状
というような悪循環まで生まれることがあると各所で警告されています。

あたかも「とりあえず水分が足りなくなって気持ち悪くなったら飲もうね」くらいに認知されかねないCMを放映していますが、あくまで汗を多くかくなど、水分だけでなく塩分も多く失った脱水症状にのみ使用するようにしましょう^^;

また、薬との飲み合わせが非常に悪いばかりか、他のジュースなどと組み合わせて飲むだけでも問題があるほどです。
OS-1には塩分が多量に含まれていることから、高血圧などの方が飲むのも危険ですね。

一見して便利な飲料にも思えるOS-1ですが、その利用法には十分に注意すべきだといえます。


ちなみに、関係ない話ですが私はあの味・・・というか風味がどうも苦手です(笑)





【ブログ紹介】
いつかはダンクシュート!
ゴルフで同僚に負けたくない!
テニス初心者日記
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:jikn
読者になる
2015年08月
« 前の月  |  次の月 »
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
ヤプミー!一覧
読者になる
P R
カテゴリアーカイブ
月別アーカイブ
http://yaplog.jp/ture7dure5/index1_0.rdf