外国為替取引とはいかに? 

May 23 [Sun], 2010, 11:17
外国為替取引とは、外国為替取引とは、簡単にいえば「異国の通貨を売買する取引」という事です。

例えば、円を売ってドルを買い、ドルを売って円を買った時の為替差益を得ることが目的です。

それではどこで取引をしているでのでしょうか?

よく、テレビやニュースなどで「東京外国為替市場の本日の・・・」というような言葉を聞きますが、実際に「東京外国為替市場」という建物はありません。

市場は概念上のマーケットでインターバンクで取引が行われています。

インターバンクとは日本銀行や、世界の中央銀行などが市場介入などを通じて、為替の動きを調整している銀行同士の取引市場です。

外国為替市場では、銀行や企業などの1回あたり500万米ドルから1000万米ドルもの巨額の取引が行われています。