2o掘った。 

July 26 [Tue], 2005, 14:47
長いですが続き。


秋になり、彼は「逢いたい」と口にするようになりました。
もちろん私は逢う気はありません。

「冬には逢おうね」

なんて出任せの嘘をついて彼をかわすようになってきました。
私が約束を破り、関係が終わっても仕方ない…と思うようにもなってきました。

その話題になると、泣いて回避するようにもなってきました。


それでも会話は毎日してました。
その話題の事以外は楽しかったから。

そうして何ヶ月もそんな生活をしていました。
「逢う」事を頭の隅で考えながらも、自分の体を見て首を振る日々。

こうしている間にも彼は私にとってかけがえのない人へとなっていきました。




いつの間にか冬も終わりそうな2月中旬。


「逢わないと別れる。こんな事言いたくないけど、もう我慢出来ない」

ついにこの日が来てしまいました。


数ヶ月前の私なら
「逢わない。別れる」
と言っていたかも知れない。

でも今、私にとって彼は失いたくない人へとなってしまった。


「分かった、逢おう。ただ…」

正直に話しました。
自分のコンプレックスの事、別れるのが嫌で逢えなかった事。

「そんな理由で逢わなかったの?」


…そんな事て


「そんな事で嫌いになったりしない」との彼の言葉を信じ、逢うことになりました。
約束の日は3月6日。



約束の日、新幹線で愛知へ向かいました。
凄く、凄く緊張して……た割には新幹線の中で職場にTELして

「月曜休ませてください」

なんで2泊計画練ってるんだろう私…


新幹線が豊橋駅に付き、電話しながら彼と初対面。

…それからはお分かりですよね。
もうすぐ付き合って2年になります



長かったですが、以上がこれまでの経緯になります。
惚気、愚痴、独り言、色々あると思いますがよろしくお願いいたします


出来るならば、同じ境遇の方の助けとなれたら。そう思っています。

1o掘った。 

July 26 [Tue], 2005, 14:31
続きです。


付き合った、と言っても最初のやりとりは携帯メール・メッセ上だけでした。
付き合って2週間経ったある日、「電話しようか」となり次の日彼が電話をかけてくれる事になりました。

次の日、夕方に電話がかかってきたのですが、
緊張して出られませんでした…
すぐにかけ直して、初電話&会話は成功。
でも彼は未だに「出なかった時ヘコんだなー」と言っておられます。

ちなみに彼には「部屋にいなかったので出られなかった」と言ってあります


電話を始めてからは、ほぼ毎日電話。
それではお金が持たないって事でメッセの機能「音声チャット」を導入しました。
それから、現在に至るまで毎日音声チャットで会話をしています


話を戻して…
付き合い始めて1ヶ月位経った頃から「逢いたいオーラ」を出してくるようになりました。
ハッキリとは言わないけど、それとなく。

でも私は逢う気など全くありませんでした。


理由はひとつ。


自分に自信がないから。

私は自分の顔・体にコンプレックスを持っています。
詳しく言うと…太っているんです

彼は私の人間性を好きになって付き合おうと言ってくれた。
もし、それ以外の要素である私自身を見たら…きっとそこで終わるだろうと本気で思ってました。


もちろん、彼にも言えるはずもなく毎日「逢いたいオーラ」をかわし、季節は秋へ。

トンネルを掘る。 

July 26 [Tue], 2005, 14:01
始めまして。彼方と言います。
今日からお付き合いしている彼との日常を日記にしてみようと思いました。

出逢ったきっかけはネット。

今では普通の事(?)なのかも分かりませんが、色々困難はある…と思います。
ネットを介してならではの悩み、遠距離ならではの悩み。

色々伝えていこうと思っています
2005年07月
« 前の月  |  次の月 »
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
          自己紹介

彼方…千葉在住。
彼…愛知在住。

遠距離恋愛もうすぐ2年。
プロフィール
  • プロフィール画像
  • アイコン画像 ニックネーム:tunneluv
読者になる
Yapme!一覧
読者になる